--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.09.29

ベイビーブルー

一昨日の日記、昨夜にはアップしようと思ったが酔いどれて寝てしまった。

27日は母親の命日、もう2年かあ。昼休み、多田さんより携帯にHONZIさんの訃報。患っていたのは知ってたが、クアトロの早川さんステージで見たばかりだったのでただ驚くばかり。あの時がもしかしたらラストスタンドだったのだろうか。早川さんとだったからかもしれないが、いつもの野生味は控えめで、バイオリンの音色がとても澄みきっていて深く心に響いた。早川さんは「HONZIに捧げる唄」なんて唄ってたりでちょっとドギマギ。

昔、フィッシュマンズを好きになった頃、もうキーボードのハカセはいなくて、HONZIがサポートというよりは準メンバーの感じ。夏の野音でフィッシュマンズを見た時、その前にHONZIソロステージがあったが、残念ながら遅れて行って最後曲しか聴けなかった、確か蘇州夜曲だったと思う

次に演奏を見たのが角森君率いるニーノトリンカのマンダラ2だから、野音からはだいぶ時間がたっていたかも。HONZIさんはだいぶ大人になった印象。角森君曰わく、HONZIとは昔からの同級生、仲間だったらしい。

さらにさらに時は流れ、去年の酔いどれ東京企画に初めて中川五郎さんをメインゲストで誘った時。ライブ数日前に挨拶がわりに行った高円寺稲生座。五郎さんの横には、何とHONZIさんがいるではないか。いや白状するとこの時、初めてバイオリンに震撼した。弦がこすれてボディが震え、さらにからだ全体が弓となり共鳴、ハコの空気を、いや見る者の魂までも震わせていた。唄以上に自由かつ繊細に奔放、バイオリンってこんな音がするんだあ、もう完全に圧倒された。終演後、思わず五郎さんに「酔いどれ東京企画のときも、是非HONZIさんも連れてきてください」と無理なお願いしたりして。

しかし五郎さんは本当にHONZIさんを連れて月ミルにきてくれたのだ。去年10月の酔いどれ東京企画。五郎&HONZI&真黒毛の夢の共演が実現。五郎さんを挟んで多田さんとHONZIさんの熱きバトル。腰まで泥まみれのイントロ橋本カッティングギターにのっかってHONZIピアニカが響いた時、ああ、フィッシュマンズだよ、とステージ上で勝手に感激した私。いや、腰泥のピアニカは当日ぶっつけだったにもかかわらずあまりにも秀逸だった、後にサトミ殿がHONZIフレーズを基にして、腰まで泥まみれレコーディングにてピアニカを吹いた。なので腰泥のCD音源にはHONZIさんの痕跡がある、些細ながらも嬉しい。

月ミルの共演4曲が終わってアンコールの拍手。ステージ袖で五郎さんが「HONZI、ボージャングルいこうか?」で二人で演奏したミスターボージャングル。それはもうあまりにも素晴らしい演奏で至福の時だった。

思えば私のフィッシュマンズ狂は空中キャンプに始まり佐藤氏の急逝で終わった。HONZIさんを初めて見たのは確かNHKのポップジャム、フィッシュマンズは「ベイビーブルー」を演奏。佐藤氏がフニャフニャ踊りながら唄い、HONZIさんは宇宙人のようにぶっ飛んでた映像印象だけが記憶に残ってる。探せば録画ビデオあるかもしれないけど今は探したくないな、いやビデオはまったく整理されてないので物理的にも探せないけど。ある日たまたまた再生したビデオで偶然会いたいものです。あれからどのくらいたったんだろう、、、いやあ、何だかあっという間だねえ。

HONZIさん、謝々&再見!
2006年9月11日

スポンサーサイト

Posted at 10:33 | 未分類 |
2007.09.25

三人娘

200709250127222
20070925012722
10/13酔いどれ東京のチラシが完成したので、昨日、折り込みのお願いに各所を回る。代官山の晴れたら空に豆をまくに夕方、5時過ぎ到着。な、なんと、雪村いずみさんがライブをやっていた。幸運にも拝見することができた。

もはや若い世代は知らないかもしれない。美空ひばり、江利チエミとの三人娘。いや、私の世代は花の中三トリオ、森晶子、桜田淳子、山口百恵だから、おそらく母親世代のアイドル。すべての世代を、いや時代さえも呑み込んだ歌謡曲の黄金時代。まさか生の歌声を聴くことができるとは、しかも晴れ豆だからすぐ目の前。何たる幸運、さすがウナセラディ東京。

ピアノ、ウッドベース、サックスの三人の演奏でその人は唄ってた。70歳、もちろん全盛期よりも声は衰えてたはず。しかし、その声は高音も伸びやかに力強く響いてた。そしてサービス精神満点のステージ、ブラボー!三人娘の最後の歌姫は今でも歌い続けている。凄いことだ、ありがとう。

終わってから高円寺で橋本君にチラシを渡し、明日ライブだから帰るという橋本君を無理やりコクテイルに連れてく。嶋田君が唄ってた。カカロと違って真面目路線なんだけど、やはりどことなく笑いを誘う。春に無力で見たより全然良かった。そして、ジョーと渚から急遽ソロ出演となったジョーさん。コクテイルの素晴らしい環境もあるかもしれないが、ジョーソロは伝わるものがいっぱいあった。アンコールで嶋田君と一緒に唄った「葉巻の夢」よかったなあ

私も飛び入りで酔いどれて「牛久沼ニューオリンズ」と「オンザビーチ」を橋本君のギターで唄った。きもちよかった、かなりベロベロだったけど。たまたま来てた女性客に誉められ有頂天。西広しょーた君の唄も久々に聴いた、やはり前より全然よかった。

雪村いずみさん、嶋田君、ジョーさん、しょーた君、場所は違えど、その瞬間その場所で唄うべき唄を唄ってる。夢の中央線、いつまでもコクテイルで呑み続けたかったなあ。


Posted at 01:27 | 未分類 |
2007.09.23

運動会の鼓笛隊

20070923182620
昨日は娘の運動会。晴天、夏のごとき暑さ。あれはみんなバテたろうなあ。

あまりにも非協力的な私に不機嫌な家人。いや申し訳ないと思いつつもやはり苦手な運動会。娘は楽しそうにやっているが、まあ子供の世界は大人以上にいろいろあるんのだろうな。どうやら走るのはあまり早くないらしい、私に似たのか、まあ家人もあまり早そうではないが。

昼食のあと高学年の鼓笛隊の演奏に心を奪われる。あの小さな子供がトランペットやらトロンボーン、鉄琴、太鼓鳴らしながら行進。そのあとをその他大勢のリコーダー外人部隊が続く。列をなして校庭をぐるりと回るマーチングはちょっと軍隊みたいだが、あの大人数での響きは素晴らしい。そういえば小中学生の私は鼓笛隊とはまったく無縁だった。興味のかけらも無かった。音楽の成績は悪かったし、歌も笛もハモニカも下手だった。そんな私が今頃やっと鼓笛隊にぐっときたり、何故か人前で唄ったりしてる、不思議だ。

そして運動会でかかる音楽がすごかった。入れ替えは常にカーペンターズ、そして競技ごとにクイーンのウィーウィルロックユー、ベイシティローラーズのサタデーナイト、Jガイルスバンドのセンターフォルド、ビーチボーイズのサーフィンUSAなどなど、何というか、私のド真ん中な音楽ばかり。おそらく学校の先生の主任とか、教頭あたりの実権のある方々がすでに私と同じ世代なんだろうなあ、と思うと複雑な気持ち

でも原則洋楽なんだよね、閉会宣言のあとの青空にユーミンの「ひこうき雲」でもかければぐっとくるのになあ、と閉会式で勝手なことを思う私でした


Posted at 18:26 | 未分類 |
2007.09.21

センチメンタル通り

20070921181606
先日の秋葉原ライブ音源をやっと聴く。ステージではあんなに達成感があったはずなのに、記録として確認するといろいろと反省もありで、まあそんなものなのです。ただ後半に行くにつれてのバンドの一体化していく感じはやはり心躍るねえ。

そして真黒毛としてはかなり異例とも言えるカバー曲をやった。はちみつぱいの「センチメンタル通り」。8月の終わ頃、ふと思い立ち、横浜で初めて演奏して、かなりボロボロだったが、秋葉原は音源を聴くと意外に良い出来だぞ。メンバーは曲を知らなかったので、個々の距離感が面白かったかな。音源にもともとバイオリンが入ってるので、宮城島さんは喜んでくれると思ったら「やりにくい、苦手な曲だ」と言ってた。確かにつかみどころのない不思議な曲、実際に演奏してみると改めて。はちみつぱい唯一のアルバムのタイトル曲。代表曲だけど他の曲とは全然違う変わった曲。

最近、酔いどれ東京企画で初めて真黒毛のステージを見た方から、「若い頃に見たはちみつぱいみたいだったよ」と感想を言われてすごく嬉しかったな。なぜなら昔から、はちみつぱいが大好きで、ムーンライダースは何故かちょっと苦手だったから。家人がライダースファンなので今でこそライダースも好きな曲が増えたけど、、感想を言ってくれた方も圧倒的はちみつぱい派だと言っていた。まあ別のバンドなので比べなくてもよいのだけどね。「酔いどれ東京ダンスミュジック」の企画名は言わずと知れた、はちみつぱい曲「酔いどれダンスミュージック」からである。

「センチメンタル通り」は、いつもアルバムを聴く度、この曲ばかりをリピートしてしまう。特にあの印象的なイントロのギターエコーと唄の導入部分がしびれる

海岸通りは
おおつぶの雨
濡れてゆくよ
センチメンタル通り


Posted at 18:16 | 未分類 |
2007.09.18

オンザビーチ

200709182130274
200709182130272
20070918213027
土曜日の秋葉原ライブは勝手にサマーツアーラスト命名してたが、結果的には相応しいステージとなった。何でそうなったのかは分からないが、もう練習時点からリズム隊やらサウンドが抜群で、こういう時って本番くずれるんだよなあって思ってたら何とまあ、本番はさらに上り調子でそのまま突き進んでしまった。いやあ、久々の圧倒的な達成感。ボーカル冥利に尽きるなあ。

今年前半、中国出張で作った新曲、「牛久沼ニューオリンズ」と「オンザビーチ」はサマーツアー中に試行錯誤して、ついにラストの秋葉原である程度の完成を見た気がする。どちらの曲も地味ながら気にいってる。牛久沼は特に難産だったなあ。そしてオンザビーチは今年のサマーツアーを象徴してた、ライブのラストで自分の下手な唄に酔う愚かな私。

お客さんはそれほど多くなかったが拍手は久々に熱かった、先週の横浜とは雲泥の差。いやいや最近はどんな状況でもあまりめげないけど、やはりリアクションが良いとついつい張り切ってしまう。終演後、お客さんやら共演者のいなかやろうの方々やらに誉められる。いやあもう社交辞令とは思わず、素直に嬉しい。ありがとう

とりあえず7月から続いたライブ週間は終わった。千秋楽は奇跡のアキバと日記には書いておこう、興ざめしないようにライブ音源を聴くのは今回やめとこうかな。関係者の皆様、お疲れ様でした。来月は今年最大の青空企画がまってる。まさに正念場、でも暫し虚脱感。

ちなみに「オンザビーチ」はニールヤングの隠れた名盤タイトルから拝借しました。


Posted at 21:30 | 未分類 |
2007.09.15

あれがあなたの

20070915000302
好きな場所、港が見下ろせる、小高い公園、、ときたもんだあ、ふひゃひゃひゃひゃ、酔っ払っいました。

本日、職場での呑み会。新しい勤務地でがんばりましょうという感じ、新人歓迎会も含めて。思えばこの部署で自分が最年長かも、しかも役職的には一番下だけど。

酔いもまわった頃、誰か一曲唄えと言うことになり、まずは私に指名が来る。CDを出してるからと言われる、ホームページで世界公開してるので否定するわけにもいかない。恥ずかしい、CDなんて今や誰でも作れる、でも唄う。酒の肴とはいえリクエストはリクエスト、カラオケでも断る理由はなにひとつないのだ。喜納晶吉の「はな」。こんな名曲を一生に一度書いてみたいものだ。新入社員の方は知らない曲と言う。そうかそうだよ

酔った勢いで「明日は秋葉原でライブです」と言う。もちろん貴重な土曜日にわざわざ来る人はいない。皆、という感じ。そんなことは百も承知だ。呑み会では話題も無い私に
「大槻さんってバンドやってるんですか?」との問いに
「じつは真黒毛ぼっくす、というバンドやってて
いや、これが、楽しいから一度おいでよ」
とは言えずお茶を濁す
いつになったらそんなことが言えるのだろうか
すずきさんち、にはいつまでも追いつけない
時々思う
紅白に出たら胸を張って皆に言えるのに
いやじつは、紅白出場は私の唯一の野望である

明日は秋葉原で唄うのだ。
職場の方々には、やはり正直見られなくない
誰が見にこようとも唄う覚悟はあるはずだが

ああ、こういう日記は酔ってるうちにアップしなければ
ちょえー


Posted at 00:03 | 未分類 |
2007.09.14

夏の終わり

200709140115084
200709140115082
20070914011508
この日記でも毎週のようにライブ告知。いやはや、皆に告知メールを一斉送信したあとの後ろめたさときたら。。。嗚呼

7月から毎週のように続いた怒涛の真黒毛サマーツアーライブもいよいよ明後日で終わる。仙台とマンダラ2のくじら酔いどれ企画以外は誘われるままにブッキングした今年の夏。たまたまライブが続いたのである、たまたま。やはり誘われるうちが花でである。思えば今年前半の海外出張の鬱屈の反動もあると思うのだが、言い訳だろうか。う~ん、それにしても毎回ライブは濃かったなあ。

ライブごとにメンバー召集の形態で真黒毛ぼっくすは活動してる。いやあ、リズム隊がなかなか決まらず四苦八苦したなあ。困った挙げ句、今年の夏はギタリストの湯治君に無理やりベースをお願いして何とかしのいだ。受けてくれた湯治君には感謝。湯治君自身、まさかベースを弾くなんて思ってなかっただろう。しかし意外と言っては失礼なのだが、素敵だったのです湯治ベースが。これがまあ真黒毛の醍醐味かも。

というわけでライブ告知です。サマーツアーラストは総力戦でのぞみます

9/15(土)秋葉原クラブグッドマン
開場18:00/開演18:30 前¥2000/当¥2500
出演 いなかやろう、タラチネ、真黒毛ぼっくす、THE SHITMS(福岡)
*4番目、21:00頃の登場
【クラブグッドマン:03-3862-9010】
http://clubgoodman.com/


Posted at 01:15 | 未分類 |
2007.09.10

ヨコハマ

200709101600494
200709101600492
20070910160049
久々の関内セブンスアベニューでライブ。前回やったのがヒカシューのベース坂出さんが参加してくれたライブだった。そして橋本君の初参加ライブでもあったらしいから、橋本君が参加してもう一年半近くもたつのかあ、よくぞ飽きずにギター弾いてくれてるなあ、と感謝。

真黒毛の曲に「観覧車」という曲があり、いちおう横浜の事を唄ってる曲なので毎回セブンスでは演奏してる。井上君が、真黒毛も暫くやらないうちに雰囲気が変わったと言うが、井上君のドラムも少し変わった気がした。上手くなったいう印象だろうか、ただ叩き始めると加速して止まらないのはやはり井上ドラムですな。「観覧車」は横浜オンリーのつもりだったが次回の秋葉原でもやろうかな。

恒例の中華街前打ち上げ。以前、梅村氏に紹介されて以来、よく行ってた店は内装が変わってて断念。そこで他の店を探して中華街の無数にある店群を放浪。誰かから「丸テーブルじゃなきゃ駄目なんですか?」と尋ねられたので「せっかく横浜に来たから」と曖昧に答える。何となくねえ、丸テーブルのほうが料理もビールも格別に旨い気がするんだよね。少し探したあと、もうどこも大差はないだろう、と何となくうらぶれたお店に決める。お客さんが誰もいなくて貸し切り状態。丸テーブルで乾杯!湯治君は十年ぶりくらいの中華街とのこと。

横浜でのライブは独特の高揚感と終わったあとの虚しさ。またやりたいけど、ヨコハマで動員できる日が来るのだろうか。大学時代の同期が近所ということで、当日の連絡にも関わらず奥さんを連れて見に来てくれた。嬉しかった、彼もロックギタリストだった。いや今でも

ヨコハマたそがれ
街の灯りがとてもキレイね

これは「観覧車」の歌詞の一節で、もちろん「ブルーライトヨコハマ」と「横浜たそがれ」の引用だけど、もう、いしだあゆみや五木ひろしの大ヒット曲を知らない世代が多いのかもしれない、と愕然しつつも、くじらの「ヨコハマ」は名曲だと改めて思う今日このごろです。



Posted at 16:00 | 未分類 |
2007.09.08

同じ月を見ている

200709080037334
200709080037332
20070908003733
今朝、強い風で100円傘が壊れる。台風と分かっているのだから始業時間を遅くしてくれてもよいのに、会社はそんな粋なはからいはまったくない。江戸川はかなりの水位。

いくつかの日記を少しづつ書きかけたまま週末。やらねばと思ってることが、やりかけの事がいくつもいくつも積もっままた次のライブ。

本日、娘の誕生日。家人の御馳走はグラタン、スパゲティ、ハンバーグと珍しく洋食づくし。最後にケーキが振る舞われすっかり満足なのは娘ではなく私。私はビールとワイン、おめでとう、乾杯で眠くなる。わがままな父親に寛容な娘とトランプは七並べ、娘はなかなか勝てない。もう寝よう、明日は久々の横浜だ。台風は抜けたし晴れるのかな。

先日の五郎さん企画クアトロで感銘をうけたリクオの「同じ月を見ている」。はしばしさんから音源頂き、何度も聴く。語りはやはりライブにはかなわない、あの生の息づかい。でも良い曲だ。私もまた曲を作らなきゃ。良い曲を聴くと何で自分も作らなきゃと思ってしまうのだろう。つもり重なるやらなきゃいけないことは、別にやらなくてもいいことなのだ、おやすみなさい
------
■9/8(土)関内セブンズアベニュー
開場18:00/開演18:30 前¥2000/当¥2500
出演 真黒毛ぼっくす / パパナチョ / ボランドール劇団
*2番目、19:30頃の登場
【7thアベニュー:045-641-2484】
http://www2.big.or.jp/%7E7th/contents.html



Posted at 00:37 | 未分類 |
2007.09.05

ディープサウス北千住

200709051832484
200709051832482
20070905183248
先の土曜、北千住ライブも楽しかった。結局、真黒毛ではトシさんに4曲も叩いて頂いた、確信犯だけど。本当に不思議なドラム。音楽面以上に大きなものを頂く。特に「歓びのダンス」ではトシさんがガンガンスピードを飛ばし高速で演奏。もう途中で踊り疲れた。先週のハコde録の南国カオスリズムとはあまりにも対象的で面白かったなあ。

真黒毛はギターに礼子さんが久しぶりに参加。ここのところ毎回参加の橋本君がギターメンテナンスで欠席のため、見に来ると言ってた礼子さんを誘う。どのくらい久しぶりかはもう思い出せないが、違和感もなくSGギター。

五郎さんとのセッションは、真黒毛としては新曲の「90センチ」に挑戦。先日のクアトロでの五郎さん&ウタカタの「90センチ」を見て、真黒毛ならこうするのにとばかり、飛び道具のようなアレンジにした。毎度のごとく高野さんにコードをとって頂き、当日練習でメンバーに概要説明。短時間で曲が仕上がる、最近の演奏陣の対応の早さには恐るべし。わりとハマったと自分では思っております。

ウタカタは今回ベースがいなかったので、坂本さんがチェロをかなり自由に弾きまくってた。比べる対象ではないがパスカルズの時の10倍は弾いてたのでは。花火も見られ大満足。

打ち上げで坂本さんより興味深い話しを聴く。「渋さやパスカルズくらいの人数になってくるとバンドとはまた別の磁場が生まれ、お客さんはその場を楽しみに来る」とのこと。なるほど、真黒毛はまだまだ磁場の吸引力は足りないかもしれないが、私自身は十二分にこの場を楽しんでいるようだ。


Posted at 18:32 | 未分類 |
2007.09.01

トシ&ゴロー

200709010041502
20070901004150
毎週ライブに追われるせいか、いつも以上に土壇場で悩み、土壇場でバタバタとメンバーに連絡。明日は北千住なので、のんびやろうと思ってたが、頭脳警察のトシさんがドラムでゲスト参加が決まり、いやでも気合いが入る。と言うか、対バンの謡象(UTAKATA)にトシさんが出演するのを知り、今日真黒毛ゲストのお願いをしたのだが、、、「よろこんで参加します」の返事に職場で密かに興奮。是非ともトシさんドラムで唄いたいと思ってた曲があるので、明日はその曲に集中するつもり。

それにしても先週の友田さんに続き何とも豪華なゲストドラム。本チャンのドラムを探すのは毎回、四苦八苦してるんだけどねえ。いずれにせよ明日は、中川五郎さんとのみちのくツアー総決算的なライブになりそう。

真黒毛はトップで登場。五郎さんとも一緒にやりますよ。よろしければお寄りください。
------
■9/1(土)北千住CRAWFISH
17:30/18:00 Charge¥2,500
出演/中川五郎、謡象(UTAKATA)、
   末森 樹、真黒毛ぼっくす
【CRAWFISH:03-3888-3160】
http://crawfish.jp/crawfish.htm



Posted at 00:41 | 未分類 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。