--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.01.25

生誕会1

20080125174242
いつもライブが終わると気が抜けてしまい、日記を書きかけたままアップしないで終わってしまうことが多い。でも今回のことは書き留めておかねば、高田渡さんの生誕会。

下北沢のラカーニャに渡辺勝さんを見に言ったのは去年の9月だっただろうか。その時、福岡風太さんから「五郎から何か聞いてるか?」と言われたので、「え、、特には」と答えると、「じゃ、俺からは言わん、五郎から聞け」と。じつは私は風太さんの事を何となく恐がっていた。五郎さんの曲を女子部なんかで演奏して、「お前は、唄をなめとんのか」とどつかれるのではないかと内心ヒヤヒヤ。そう、風太さんと言えばあの「春一番」の主催者、私にとっては伝説の人だったし強面のイメージ。ただその時、風太さんに「こないだ五郎とツアーに行ったら、真黒毛とのCD腰まで泥まみれ、ぎょうさん売れたでえ」と言われ、初めて誉められたようで嬉しかったな。

生誕会の出演を中川五郎さんに告げられれたのは、10月の女子部ライブに向けての上野で練習の後の居酒屋。HONZIさんが急逝されてまだ日も浅い頃だった。生誕会は渡さんゆかりのシンガー達が集う特別の宴なので、紅白出場を夢見る私も、まさか生誕会なんて思いもよらなかったので、嬉しかった。

11月の真黒毛ライブに風太さんが生誕会のポスターとチラシを持って来てくれた。そこに書かれているそうそうたる出演者の中に真黒毛の名前を見つけ、ひゃーと思いながらも、今回のプロデューサーの五郎さんのコメントを読む。渡さんの朋友である五郎さんの想いと意志が、さりげない言葉で明確に記されていて、身がひきしまる。

五郎さんの文章ですべて語り尽くされている気がするので、下記に転載させて頂きます。

 渡がぼくらの前からいなくなってから、ちょうど二年半。いまだに日本中どこに歌いに行っても、みんなが渡の話をしてくるし、仲間と会って飲んだりすれば、必ず誰かの口から「渡がいたら」という言葉が飛び出してくる。

 渡と同じ時代を生き、同じ場所で歌い、同じ店でよく飲んだ仲間が集まって、一月一日の渡の誕生日の前後に、毎年トリビュート・コンサートをしようということで始まったのが生誕会だ。これまでの出演者は渡と直接繋がりのあったミュージシャンが中心だったが、三回目の今回、ぼくがプロデュースをさせてもらうことになり、渡と親しかった人だけにかぎらず、直接渡と会ったことがなくても、彼の歌が好きだったり、その歌や生き方に何らかの影響を受けている人なら、誰でもが出て歌ったり話したりできるコンサートにしたいと思った。同時代の仲間だけで集うのではなく、もっと若い世代も迎え入れ、彼の歌や生き方を次の世代、次の次の世代に伝えて行けるようなコンサートにしたいと思ったのだ。

 渡はみんなのもの。今度の生誕会は来る者は拒まずという基本精神で行きたい。そして願わくば、数十年後、渡と同世代の者たちがみんないなくなっても、生誕会が続いていますように……。

中川 五郎


ちなみに昨日は私の生誕日でした。ずいぶん歳をとってしまった気がするが、先日のステージで五郎さんに「若手の真黒毛ぼっくすです」と紹介されて、嗚呼、この中ではまだまだ若手なんだあ、と嬉し恥ずかしい思い。還暦を迎える世代の力強い唄を目の当たりにして、自分も自分の唄を唄わねばの想い新たに。

それにしても朝まで飲み続けた皆様のあのパワーは凄かったなあ。例によって私は途中で沈みました。


スポンサーサイト

Posted at 17:42 | 未分類 |
2008.01.17

マラッカ

20080117080633
19日の生誕会ではパンタさんと一曲共演する予定である。頭脳警察ファンのチンドン土屋氏が狂喜しているのは言うまでもないが、それ以外のメンバーはあまりパンタさんをご存知ではないようで、残念ながら真黒毛的にはそれほど盛り上がってないのかも。

じつは私の中でも知名度は抜群に高いパンタだが、音はそれほど多くは聴いてない。学生時代、友人がパンタ&ハルが大好きで、よくマラッカを聴かされた。レゲエやらを取り込み骨太の音が印象的。そのあとポップ路線で「悲しみよ、ようこそ」なんて曲がテレビのコマーシャルでよく流れてた。今思えば甘い声も似合ってたが、当時はまだ頭脳警察の印象が圧倒的だったので戸惑ったりもしたかな。それから時はどーどどどどーと流れ、一昨年のムーンライダース野音。ゲストのパンタが唄った「くれない埠頭」は素晴らしかったなあ、圧倒的な存在感と天性のパフォーマー。過激なイメージが強いが本質はポップな方ではなかろうか。

パンタ&真黒毛で高田渡を唄う。昨夜、真黒毛メンバーのみで練習、ふむふむ、いやあ、どうなってしまうやら予測は難しいが、果たしてパンクフォークになるだろうか。選曲だけはバッチリだと思います。ちなみに真黒毛は3時半スタートのトップですので、チケット買った方は遅れないでおこしくださいませ。


Posted at 08:06 | 未分類 |
2008.01.15

火吹竹

200801151733322
20080115173332
64才の叔父が先日急逝、本日、お通夜に水戸へ。前の晩もいつもどおり呑み、朝起きていつもどおり出社して、昼に倒れてそのままだったらしい。何の予感も無く、家族ともお別れできなかったのはさぞ無念だったろう。

渡さんが逝ったのも3年前の今頃だったろうか。何だかいまだに実感が湧かないのだが、高田渡さんの生誕会ライブが今週の金土に迫ってる。そして2日目の土曜日に真黒毛が出演するのだ。いつも夢見がちな私だが、さすがに生誕会出演は夢にも思わなかったな、いや嬉しいです。私が学生時代に聴いていた憧れのシンガーが一同に集まる、もうそれだけで震える。

真黒毛なんか出演していいんですか、、などとは言うまい。気負わずいつもどおり唄うだけだ、いやたぶん力が入ってしまうだろうけど。武蔵野公会堂350名ソールドアウト、下世話ではあるが動員を気にしなくて良いのは久しぶり、発想が小さいぞ、私。ただ、お客様が多いと燃えるんだよねえ、しかもライブハウスじゃなくて公会堂だ。いやあ、楽しみ。

渡さんの「火吹竹」を聴く。静かにしみる。それが唄なんだ。


Posted at 17:33 | 未分類 |
2008.01.08

あなたの船

20080108080659
書きそびれた日記、12/29忘年会ライブです。今さらながらご来場の皆様ありがとうございました。

会費千円という試みは大動員に繋がるほど甘くはなかったのですが、良い忘年会でした。早起きしたぶん、終演後に居酒屋座敷で打ち上げ忘年会できたのは久しぶり。昔、吉祥寺マンダラ昼にやって、今はなき「いせや」で打ち上げして以来。ああ、いせやは良かっかったなあ。やはり忘年会は貸し切りの座敷でやりたいなあ。

今年、関わってくれた真黒毛関係者はほとんど来てくれて、特に何かを話すわけではないけど嬉しかった。そしてシバさん、勝さんの唄はあまりにも素敵すぎた。

真黒毛共演のシバさんはじつはもう5回目だけど、今までの中ではダントツに良かった。前日、コーミン柿沼高野でやった練習が実を結びました。

そして10月のリベンジで2回目の渡辺勝さん。まさに酔いどれ東京に相応しい方です。まだまだやれる気はするのですが、今回はだいぶ咀嚼できたかな。勝さんはおろか、はちみつぱいも知らなかった演奏陣が勝さんに入れこんでくれたのは嬉しかった。特に女性陣の気持ちを掴むオーラがあるのかな、謎だ。

さらに、「すずきさんち」。取手在住がこれほど誇らしいと思ったことはない。すべてのおいしいところを持っていってしまった。またしてもやられた。

すいません、その他は長くなるので割愛します。打ち上げは二次会の後、自由が丘に移動三次回は沈没、さらに土屋邸でも沈没、他の方々は朝5時過ぎまで起きてたらしい、元気だね

忘年会の密かな個人的メインイベントは「あなたの船」。厚かましい私もさすがにギリギリまで迷ったのだが、作者の渡辺勝さんのピアノ伴奏で私が唄わせて頂きました。主催の特権、しかもクラリネットは多田葉子さん。震撼の時、練習もせずに臨んだ。私の歌唱は高校時代から聴いている斎藤哲夫バージョンと本家の勝さんとの折衷になってしまう。勝さん曰わく「哲っちゃんのはもう別の唄だよね」とのこと。いやあ、いずれにしても名曲です。

自転車に乗って坂を登れば


Posted at 08:06 | 未分類 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。