--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.02.29

下北ぐ、コクテイル、そして浅草

200802291759004
200802291759002
20080229175900
本日は2月の最終日、今月のライブは3本だった。アコースティック編成、生歌いフォーク編成、チンドン大編成。成果もあれば反省もありつつ鬼門月も終わる。

2/10下北沢ぐ。大野君のチューバ、岸田君パーカッションにギター高野さん、サックス遠藤、鍵盤サトミに香苗と人数こそ7名もいたが、やはりアコースティックな編成。じつは真黒毛は年に数回、アコースティック編成なるものを試みるの機会があるが、なかなか上手く行かない。しかし今回は何だかとても良い感じで達成感あったなあ。

2曲ほど渡辺勝さんに参加してもらった。レフトフライの鍵盤リコーダー、アンデスの勝さんの音は凄かった。普通はこう探りながら入ったりするのだが、勝さんはもういきなり全力でプホ~と吹く、もう迷いがない。初めてカバーした高田渡さんの「夕暮れ」の勝さんのピアノは絶品でした。歌詞を一カ所間違ったのが悔やまれる。結局、終電を逃し朝までラカーニャで呑む、いや私は寝てたのですが。

2/15高円寺の古本酒場コクテイル。カウンターのある酒場で生声で唄うのである。ずっと自分の声がお客さんに届いてないような気がして、大きな声を出そうと目一杯力が入る。あとから知人に「そんなに力まなくてもいいのに」と言われ落ち込む、確かに。

しかも酔った勢いで中川五郎さん本人の前でミー&ボビーマギーを唄ったのだが、歌詞もギターもボロボロ。翌日、シラフになってあちゃーと後悔する。ギターを弾きながら唄うのは難しいねえ、そしていつも拡声器に頼りすぎてるのことを思い知る。最近、ライブが終わって落ち込むことは少なくなったのだが、久々にへこんだコクテイル。

そして2/23浅草大編成。じつは一週間前の練習が何だかとても素晴らしくて、ああ、やはりバンドは素晴らしいなあと強く思った次第。本番は強風のため電車足止めでトランペット長谷川さんがたどり着けなかった。4管が3管になるのでそれほど影響は無いと思いつつも、不思議なものでやはり何か足りない感がつきまとう。演奏はタイトで強力だったが、自身のボーカルは何だか空回り感があり、大編成の楽しさと難しさを痛感。

久々にやった♯9BLUEが良かった。湯治君が面白くも不思議なベースフレーズを考えてくれたし、おそらくハマると思った橋本ギターは予想以上に秀逸だったなあ、何であんなギター弾けるのだろう、やはりギタリストだからか

スポンサーサイト

Posted at 17:59 | 未分類 |
2008.02.22

若者たち

20080222234043
先日、前々から見たいと思ってた、俺はこんなもんじゃないと三輪二郎と今から山のぼりを下北沢のクラブのような場所で目撃。いやあ、予想以上に素晴らしかったな。俺こんはあだち君のスター性が眩しい。華のある方だねえ、そして顔は友部正人さんによく似ている、と私は思ってるのだが。マスダさんは脇目もふらずキーボード演奏。プログレの難解なフレーズ連発は集中が必要なのだろう、私が目の前で見てたのに気がつかなかったみたい。そして三輪二郎君、いやまいった。一人で完全に世界が確立していた、枯れた唄とギター、風貌も相まってジミヘンに見えたよ。

昨夜は、スタパにて森川君を見に行く。そこで西広ショータを久々に見る。いつのまにやら女性ファンがいっぱい。何よりも唄が急変していてビックリ、いつからこんな良い曲を書き、枯れた声で唄うようになったんだろう。まさか唄の神様に魂を売ったのでは、、、

そんな若者達の活躍とは何の関係もなく、明日は真黒毛ぼっくす浅草ライブです。久々にチンドン大編成。浅草見物がてらおよりください。春はもうすぐ。


Posted at 23:40 | 未分類 |
2008.02.20

回想どんとソングスデイ

200802201802052
20080220180205
20080220180204
今年も1月27日どんとの命日、どんとソングスデイが横浜サムズアップ行われた。出演者が1組1曲づつどんとの曲を唄うイベントで、今年で5回目。去年は出張のため不参加で2年ぶり。今までの参加曲は、坊さんごっこ、トンネルぬけて、泥んこ道を二人で、そして今年はカーニバルだ。

今年はついに黒毛和牛も出演。ナマズでポルカ、女性陣のチャイナドレスが圧倒的。常連の牧野氏は女性メンバー二人を従えて、ゲスト玉城氏の目の前で橋の下。その他、18組くらいが、休憩の岡地さん玉城氏セッションを挟んで熱演。時折、どんとの訃報を聞いた寒い日のことや、どんとのソロを最後に見た京都の磔磔のこどやらが頭の中をよぎっては消えていく。

今年、強く印象に残ったことが2つ。まずは玉城氏の総評で「どんとは、ローザ後期からボガンボス初期の絶頂期を除けば、唄は下手だったから、どんとの曲を上手く唄おうとすることはあまり意味がない」のようなことを言ってたこと。なるほどねえ、玉城氏にしか言えない何とも説得力ある言葉。

そしてもう一点、ゲスト友部正人さんが唄ったどんと曲。もうコードは間違うし、メロディーもあやふやだったのだけど、圧倒的な吸引力。素晴らしかった。嗚呼、これでいいんだよなあ、改めて唄うことについて少し考えさせられる。

お客さんの投票により真黒毛は2位に選ばれた、いやあ、これはもう素直に嬉しいですよ。遠い昔の国から~

アンコールで友部さんが玉城さんと一緒にどんとの大好きだった「僕は君をさがしにきたんだ」を少し枯れた声で唄う。もちろん私も大好きな曲です。


Posted at 18:02 | 未分類 |
2008.02.15

高円寺、再来

20080215181914
本日はライブなので仕事を休んだ。いや、仕事が終わってからでも間に合わなくはないのだが、ギターは職場に持ち込めないし、おそらく怠惰な私は直前まで練習しないだろうから、当日集中的に練習しようと思った次第。

本日、珍しく午前中から部屋でひとり練習。あ、こんな曲もあったなあ、あんな曲もあったなあ、と調子にのって唄ってたら、声が枯れてきた。いかんいかん、朝から唄ったら夜には声が出なくなってしまう、と休憩。しかしこの休憩がまずかった、ダラダラとネットで時間が過ぎる。昼予約してたに歯医者へ行き、そのうちに娘が小学校から帰宅。で、娘が宿題してるうちに、でかける準備しなきゃ、と思ってあれやこれや。いつのまにやら夕暮れが近い。が~ん、本当は早めに高円寺へ行って高野さんとカラオケで練習しようと思ってたのに、、、

と言うわけで現在、常磐線で上京中。思えば周りは通勤帰りのサラリマン、嗚呼、何やってるんだろうねえ。いや、私の一日はこれからだ、と思いたい。そう、これからライブたよ、大丈夫かな。

缶ビールを呑み、何だかもうすべてOKになる。常磐線から山手線に乗り換え、さらに中央線へ。遠いなあ、高円寺は。


Posted at 18:19 | 未分類 |
2008.02.15

古本酒場コクテイル

20080215003720
去年の11月末頃に中川五郎さんコクテイルライブと真黒毛の無力無善寺ライブが同じ日にあった。高円寺にて打ち上げを抜け出しコクテイルに行き、酔った勢いで五郎さんのギターを強引に借りて一曲ほど飛び入りで唄ってしまった。そしたらマスターが「だったらちゃんと出演してくださいよ、来年のバレンタインの次の日がちょうどよいね」と言われてライブが決まった。まだまだ先と思ってたがもう明日だ。

高円寺の古本酒場コクテイルは音声拡声等のエレクトリック装置が無く、完全なる生声、生ギターである。お客様はカウンター等で聴く。こういう状況だと誤魔化しがまったくきかない。まずい、しかもここ最近、真黒毛ではギターを弾かない傾向が強いので、不安である。だったら練習すれば良いのだが、弾き語りだといつでも練習出来るとの油断から、直前の直前まで練習しない。う~む、どうなることやら、明日考えよう。

明日の共演は中川五郎さんです。投げ銭なので、週末、仕事帰り等にぶらりと呑みに来てください。7時オープン、7時半くらいからぼちぼちスタートだと思いますす。

写真は先日偶然ラカーニヤでお会いしたシナロケ鮎川夫妻。


Posted at 00:37 | 未分類 |
2008.02.13

神様の国

20080213085638
真黒毛ぼっくす永久欠番ギター柳平さんよりメールあり。島根県に行ってるとは知らなかった、、、日本地図上の島根がどこか正確に把握できてない私で申し訳ない。

携帯ではパソコンに送ってもらった出雲写真が添付できなくて、パソコン画面に表示させたものを携帯で撮影しました。
----------
社長、ご無沙汰してます、柳平です。

島根県に来て2週間になった。毎日追われて正直つらいぞ。最初は『1週間』がいきなり『1ヶ月くらいで』に変わり、さらに『3月半ばから下旬』てな話でたまらん!

宿舎は出雲市内の元肛門クリニックで、最初と次の日はその病院跡の建物に一人で泊まったんだけど、いや~正直こわかったっす。

出雲といえば因幡の白兎や民話のふるさとで、現場はヤマタノオロチの里がまた近い。神様が住んでいる国ときたもんだ。で、出雲大社に行って神楽伝を一枚撮影してきたので送ります。

自分が写ったほうがいかったんだろうけど、心が寒くてそのようなしゃれっ気はおきませんでしたとさ。


Posted at 08:56 | 未分類 |
2008.02.10

天王台まで73分

20080210155058
本日、上京のため取手駅から電車に乗り込んだところ、一駅先の天王台で人身事故のため足止め。中央線の国分寺在住の頃は人身事故による遅れが多くてうんざりだったが、常磐線は無縁かと思ってた。

車内で缶ハイボールを呑みながら待つ、待つ、ロケット待つ。電車は70分遅れでようやく発進。一路、下北沢を目指す。入り予定は大幅に遅刻である。

写真は昨日の練習スタジオにて刀をふりまわす遠藤の図です。

2月10日(日)下北沢 ぐ 
「ウタウモノコトタチ Vol.4」
開場17時半、開演18時半 料金:2,500円+1ドリンク
出演:平井正也とガイコツ樂團(渡辺勝)、中川五郎、
ゲスト:真黒毛ぼっくす、末森樹


Posted at 15:50 | 未分類 |
2008.02.07

夕暮れ

20080207213650
寒さに身をちぢめながらも職場と家を往復する日々。暖かい部屋に帰り鍋と熱燗だけが楽しみ。渡さんの「夕暮れ」が頭から離れず、くちづさみながら雪の中を歩いたりする。生誕会では、大塚まさじさんが唄ってた。

夕暮れの街で
僕は見る
自分の場所からはみだしてしまった
多くの人々を

先週は五郎さんのライブに遊びに行き、飛び入りで2曲唄った。久しぶりにギターを弾きながら唄ったら難しかったな。そして、いつの間にやらライブが近づいている。生誕会の日記もまだ途中だというのに。

2月10日(日)下北沢 ぐ 
「ウタウモノコトタチ Vol.4」
開場17時半、開演18時半 料金:2,500円+1ドリンク
出演:平井正也とガイコツ樂團(渡辺勝)、中川五郎、
ゲスト:真黒毛ぼっくす、末森樹



Posted at 21:36 | 未分類 |
2008.02.03

生誕会2~初日、いせや

20080203120657
寒さが身にしみる。生誕会が終わり、気が緩んだせいか先週、風邪をひいた。喉痛く、背中に寒気。

風邪のせいか、我が家の目の前を流れている利根川が氾濫する夢を見た。暴風雨で窓などが外れ、雨漏りで部屋は水びたし、ふと窓の外を見たら何と、アパート3階の私の部屋よりも水位がぐんぐん上がりつつある、あちゃーもう駄目だあー、と思った瞬間に目が覚めた。いやあリアルだった、怖かった。そんなこんなで風邪は回復、職場は休まずむ。などと言ってる間に生誕会からもう2週間が過ぎたのだ。

生誕会の初日は出番は無かったが、チラシの折り込みのため昼過ぎに武蔵野公会堂へ向かう。会場に着くとパスカルズがリハーサル中。チラシを渡してしまえばもうやることはない。関係者は皆、忙しそう。私は仕事の無いサックス遠藤を無理やり呼び出し、至福の平日のいせやへ。早い時間なのにお客さんはそれなりにいる。渡さんが一人呑んでいてもフシギデハナイ光景。翌日のチラシをテーブルで切り切りしながら呑む、末森さん合流。酔いが心地よく回った夕方、会場に一度戻る。

そこでやめておけば良かったのだが、会場前でばったり知り合いと会い、またもいせやへ向かう。ドラム柿沼さん合流。呑む、呑む、呑む。ここで急に記憶がなくなる。そう、最近の私は普通に呑んでる途中から記憶がプツンと無くなる。そして次に気がついた時は、、な、何と武蔵野公会堂、林亭がステージで唄ってた。その間の記憶がすっかり抜け落ちてる、しまったあ、初日いろいろ見たいステージがあったのに、、、まったく覚えてない。寝てたのか、呑んでたのか、さまよってたのかも分からない。茫然とステージを眺める。小室等とゆいさんの唄を聴く。ラストはパスカルズ、そして友部さん。終演。酔いがまわりロビーでぐったり。

だがしかし、打ち上げにはフラフラと着いていく。のろに初めて入る。そこで発見、加川良さん。これが最後の機会とお話しさせて頂く、とても気さくな感じで感激。「そうか、じゃあ明日、大槻の唄を聴かせてもらおう」のお言葉。途中から金子マリさんが来て加川良さんと仲良く喋りだし、場に何となく圧倒される。久しぶりに友部さんにもご挨拶。

終電もなくなった頃、酔いどれフラフラでタクシーにて三鷹のカプセルホテルへと。3千円は有り難い。


Posted at 12:06 | 未分類 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。