--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.06.28

アカシアの道、再び

20080628121055
昨夜はラカーニャで宮武希さんワンマンライブ、素敵でした。松永さん、ロケットマツさん、今井忍さん。出しゃばらず、壷を心得た演奏陣に支えられ、宮武希さんの強いコトタマ(言魂、あるいは言霊)が胸をうつ。お客さんは満杯、いやあ、まいりましたねえ。

終演後、ロケットマツさん、ワントリのミューさん等と店で呑む。ラカーニャで目の前で聴くマツさんのピアノはパスカルズとはまた違い、生音が優しく時には鋭く切り込んできて凄かったな。マツさんは宮武さんが唄いはじめた頃から知ってるとのことで、ライブは毎回どのように臨むか朝から悩むんですよ、と言ってたのが印象的。それにしても宮武さんの普段とライブのギャップはもしかしたら私と正反対かもしれない。

本日、その宮武さんをゲストで迎え真黒毛ぼっくすライブです。予約まだ間に合います。 -------
6月28日(土) 青山月見ル君想フ "第4回いなかやろうプレゼンツ 『月を食べる怪獣』"

18:00/18:30
前売り¥2300  当日¥2800(ドリンク別) w/いなかやろう/shiba in car(京都)/マーガレットズロース /真黒毛ぼっくす/op act 寺尾ブッタ

★ 予約特典として、出演者全員収録したコンピCDRを差し上げます。

【真黒毛演奏予定者】
井上天晴(ds)、中谷和樹(b)、橋本史生(g)、高野裕(g)、マスダユキ(key)、大槻智美(key)、長谷川淑生(tp)、鈴木大介(sax)、遠藤里美(sax)、香苗(cho)、大槻ヒロノリ(vo) ゲスト:宮武希(vo)

http://www.inakayaro.com/
スポンサーサイト

Posted at 12:10 | 未分類 |
2008.06.25

れっといっとびー

20080625104225
最近、ビートルズの「レットイットビー」をアンソロジー、シングル、アルバム、ネイキッドの4テイクeMacに取り込んでリピートで聴いてる。悪名高きフィルスペクターバージョンも並べて聴くと味わい深く、まさしくネイキッド効果と言えるだろう。

珍しく一ヶ月空いた真黒毛ぼっくすライブ。ライブが無いと上京回数が著しく減るので散財しなくて助かる。ライブが無いなら懸案のレコーディング準備すればいいのに、これができないんだなあ。あっという間に三週間。久々に練習をするため二回上京。

真黒毛リズム隊は決まるまで毎回難航するのだが、今回もいろんな方に声をかけたが、なかなか決まらなかった。最終的にはドラムス井上君、ベース中谷君となる。二人とも久しぶりの参加、何度か声をかけたこともあったがなかなか一緒にやれない状況でもあった。まあしかし、真黒毛寄せ集め方式は脆弱ではあるが、一度離れてもまた時期がくればご一緒することも容易なので、それは利点かな。久しぶり合わせるといろいろ発見もある。一時期は常に井上君が叩いてた時期もあったが、一年以上も合わせてないとお互い変化してるので、最初の練習ではなかなかのりが合わなくてやきもき。でも昨日の二回目の練習ではかなり良いかんじで燃えましたねえ。二人のノリはやはりブリティッシュロックですよ、ザフー単独初来日も決まったようでめでたしめでたし。

あとまったくの偶然ではありますが久々のマーガレットズロース対バンの時に、上海兄弟の中谷君とニッカーボッカー一派の井上君がリズム隊であることはなかなか感慨深いです。はい

今週サタデナイト
ポール中谷&リンゴ井上が決めます。
れりっびー、れりっびー!

Posted at 10:42 | 未分類 |
2008.06.18

ハナミヅキ

20080618231334
我が家のiMacが先週、何の予兆もなく突然電源が入らなくなった。いや、ここ2年くらい、調子が悪くなっては再インストールを繰り返して使っていたのだから、予兆は充分あったと言えなくもないが。。。終わりはあっけなく、データーは一瞬で迷宮へと。

3月頃、川端君からeMACを譲ってもらい、移行しよう、移行しようと思いつつも面倒で先伸ばしにしてたのが仇となった。思えば国分寺の頃から使ってたiMacだから6年以上かなあ、三度くらい修理に出して、保証期限も切れ、買い替える予算もなく騙し騙し使ってた。おそらく旧達磨さん型iMacの最終版だったと思う。首長iMacが登場して価格暴落した時に買ったものだ。

まあ最近は携帯でメールもWebも見られるので、昔ほどの喪失感はないがパソコン依存症は何ともしがたい。お江戸の頃はインターネットはおろか飛脚だったのだから、便利になったような不自由になったような。

思えばここ最近の真黒毛は大人数なのでメールの一斉連絡、音源、コード譜のデータ配信とネットがなければ成り立たない体制になっている。昔は一人一人に何度も電話して空き日を確認して練習日を調整して、電話がつながらなければその人の家まで行き、不在なら待ち伏せ、ようやく決めた練習日に自分の予定を忘れたりしていて、あちゃーとか。新曲はカセットに録音して郵送、もしくは留守電に吹き込む荒業も、まあ四人編成くらいだから何とかなったのかもしれない。ライブのお知らせも毎回せっせと一枚づつハガキ書いてたねえ、それが当たり前だったし。今ではライブ告知メールを一斉送信、あのクリックした瞬間の後ろめたさ。

そういえば、初代iMACが初めて故障でデーターがすべて飛んだときはかなりショックだったなあ。当時パソコンは永遠だと思ってたから。しかしそれから故障は頻繁でだいぶ慣れてしきた。しかもバックアップはやらねばと思いつつもなかなかできないものである。職場で使ってるWindowsの安定感に比べるとやはりリスクは大きいのかも。MACは失うものは何もないことさえも教えてくれるのだ。

その昔、パソコンアレルギーだった私が、初代iMacを見た瞬間、嗚呼、このオモチャ箱なら欲しいと思ったあのワクワクした気持ちは永遠なのだろう。いまだにWindowsに乗り換える気がしない。形あるもの崩れても、ハナミヅキは百年続くのです。

Posted at 23:13 | 未分類 |
2008.06.17

父の日

20080617192215
仙台の実家で一人暮らしの父親が腰痛のため検査入院。正月以来まったく顔を出してなかった親不孝もあり、土曜日に様子を見に行こうと思っていたら地震。東北新幹線止まる。だが午後には仙台までは遅れながらも走り、実家に着いたのは夜8時過ぎ。

病院から土日は外泊で戻ってた父親は少し痩せていたが比較的元気。病名は脊髄狭窄症、調子が悪い時は少し歩くと腰が痛くなるらしい。テレビから流れる地震の被害に驚きながらも親子二人で酒を呑む。確か真黒毛最初のみちのくツアーの時、大地震があり新幹線が止まった。そのすぐあとに母親は逝ってしまったから、もう三年かあ。

一泊して日曜日、台所、風呂場、洗面所、トイレ、廊下の掃除に取り組む。掃除は苦手であるが、かなり荒んでいたので始まると止まらない。恥ずかしながら我が家をこんなに一生懸命掃除をしたことは生まれて初めてである。そう、今までは当たり前のように母親が毎日掃除をしていたのだろう。

そして朝食と昼食は父親が用意してくれた、役立たずの息子でスイマセン。思えば母親には先立たれ、一生懸命育てた息子は寄りつきもせず、80才で一人暮らしの父親は淋しい日々だろう。しかし父は特に悲観も絶望もせずに淡々と暮らしている。緑ヶ丘四丁目に家を建ててから30年、二階から見えるテレビ塔は中学の時のままである。

Posted at 19:22 | 未分類 |
2008.06.12

マジックアワー

20080612004219
4月19日に行われた柏企画ライブのお疲れ様会を先の土曜日、取手の居酒屋で行う。すずきさんちのお父さんお母さん、ワントリックボニーの二人、そして真黒毛取手組が集う。柏企画から一ヶ月半、もうずいぶん遠いことにも思える柏ライブ。予想を遥かに越える大入り満員だったこと、お店のこと、五郎さんのこと、打ち上げのこと、いろいろと話しは尽きない。可能であれば年内にもう一度、柏方面でやりたい気もするが、諸々のことを考えると同じ店では難しいかもしれない。もっと気楽な条件でやれる場所があるとよいのだけど。

翌日の日曜日、二日酔い。午後、ふと娘と映画でも見ようかと思い立ち、調べたらちょうど柏で三谷幸喜の「マジックアワー」をやっていた。映画を見るなんて何年ぶりだろう、いつのまにか娘も一般の映画を見られる年になっていた。マジックアワーはもう無条件に面白く、娘も二時間、飽きもせず熱心にスクリーンを見つめていた。映画へのこだわりとオマージュ、ユーモアーとまるで舞台のような軽やかな展開。

その夜、テレビの堂本兄弟にたまたま三谷幸喜氏がゲスト出演していて、「ロマンスの神様」を音程の概念もなくソウルフルに絶叫していてぶっ飛んだ。そして同世代と知る、おそるべし三谷幸喜氏。

私のマジックアワーもこれからだと思いたい。

Posted at 00:42 | 未分類 |
2008.06.10

アカシアの道

20080610124223
昨日の日記の続きです。

宮武さん松永さんとの一度だけの練習が終わったにも関わらず、宮武さん用の新曲を作りたい願望は諦め切れず、いやこの機を逃せば二度とチャンスは無いとの思いもあり、何とか曲の形にしたのがライブ一週間前。タイトルは「アカシアの道」。

曲に花の名前をつけたかったのだけど、あまり花は詳しくなくて、何となくアカシアが思いついた。じつはどんな花かも知らなくて、ただただ「アカシアの雨が止んだら」の唄のイメージのみ。何となくハイビスカスのように赤くて大きな花を想像していたのだけど、今回WEBで調べてみたら全然イメージとは違うさりげない印象の花でした。あらら。でも不思議なもので、一度「アカーシアーのー道をー」とあてはめたメロディは、なかなか他の言葉は寄せつけなくて、結局そのまま「アカシアの道」となったのです。曲を作る時はいつも自分で歌うことしか想定してないので、今回は何だかとても不思議な作業だった。頭の中で唄を何度も反芻する時、宮武さんの声でプレイバックしてるうちに、いつのまにか大貫妙子さんの声になってたり、ユーミンが唄ってたりで。

そしてさらなる課題としては、果たして宮武さんがこの曲を唄ってくれるのだろうかということ。新曲を作った時って、作者はかなり不安で自信がなかったりするのですが、まあ自分が唄うなら無理矢理ライブで披露できるけど、他の方に、さらに唄姫に唄って頂くというハードルの高さ。しかも宮武さんから新曲の依頼があったわけではなく、ただただ自分の勝手な思い込みで曲を作っただけなのだ。とりあえずボソボソと自宅で弾き語りした音源を宮武さんに送り、さらに智美殿の仮唄で有志練習した音源を送った。そして本番当日、有り難いことに宮武さんは「アカシアの道」を練習して来てくれたのだ。いやあ、優しい方ですねえ。リハーサルで初めて唄合わせ。宮武さんが唄い始めたその瞬間、脳天に電気が走りました。春一番から一ヵ月間、悶々と妄想してた事が宮武さんの声で現実になった事に震えましたねえ。この瞬間が今回の私の酔いどれ東京の個人的な肝でした、極論すればですが。かなり自己満足的な達成感とは思いつつも泣けたのです。

思えばかなり地味な曲だけど、今回の酔いどれ企画が無ければできなかったわけで、また機会があれば演奏したいものです。松本隆が松田聖子に詞を書くときはこんな気持ちなのだろうか、などと陳腐なことを思いつつも、通勤途上にくちづさんだりしております。

君は君の唄が好きでありますように
僕は僕の唄が好きでありますように。
....加川良さんの詞から「こと」を「唄」に置き換えての引用です

Posted at 12:42 | 未分類 |
2008.06.09

唄姫

20080609175239
梅雨入りしたようで、ビール指数も若干停滞気味、、、でもないか。

今回の酔いどれ東京、ゲストに宮武さん松永さんゲストが決まったのが3月後半くらいだろうか。宮武さん本人より音源をわざわざ送って頂いたのだが、なかなかステージのイメージが湧かなかった。そんなこんなで4月は過ぎ5月突入、春一番へ中川五郎さんに大阪までついて行き、宮武さんとも久々に再会。春一最終日、バーボンストリートバンドをバックに宮武さんが二曲唄うのを見た。その時、今にも雨が降りそうな曇り空だったが閃光のようにイメージが湧いてきた。いやあ、見られてよかったなあ。佐久間順平さんはじめ、勝さん以外のアーリーの面々、そうそうたる人達をバックに宮武さんはすがやかに唄っていた。

酔いどれ東京では、毎回ゲストの曲を真黒毛でどのようにアレンジしようかと、贅沢な悩みと格闘するのだが、春一番の宮武さんステージを見てから、何故か私は宮武さんに唄ってもらう新しい曲を作りたいという妄想で頭がいっぱいになってしまったのだ。毎日の通勤途中、曲を作ることばかり考える。3パターンくらい曲の原型を思いついたが、毎回そこから曲が完成に至るさまでは難しい道のり。あれこれ推考したがスケッチ程度、本番ニ週間前の宮武さん松永さんと唯一の高円寺リハーサルには残念ながら新曲は間に合わなかった。

余談ではあるが、1月の高田渡生誕会で忘れられないシーンがあった。リハーサルの時、ロビーに座っていたら、たまたま宮武さんが隣でその日カバーする渡さんの「鉱夫の祈り」を一人で練習していたのだ。そのアカペラの唄声があまりにも素晴らしくて、聴き入ってしまった。何とも幸せな瞬間。その日のステージで、今井忍さん、ロケットマツさん、松永さんの演奏で唄われた宮武さんの「鉱夫の祈り」は私個人的には生誕会のハイライトであった。

唄姫と確信したのはおそらくこの時です。いや、偉そうに私が言わなくても衆知のことではあるのですが、、、
(つづくかも)

追伸
前回の日記で写真貼り間違いました。永井チョコ坊氏との写真はこちらです。失礼しました。

Posted at 17:52 | 未分類 |
2008.06.02

宴のあと

20080602210259
酔いどれ東京、終わりました。雨で危惧された客足も、盛況でほっとしてます。来てくれた皆様、ありがとう。

今回の酔いどれ東京は12回目にして初めて真黒毛がメインという感じになりました。と言うのは、今までは憧れのゲストを呼び、ゲストと一曲でも多く共演しようと私が欲張るあまり、真黒毛演奏陣はゲストの曲を習得するのに多大な負荷がかかり、真黒毛本体のほうが手薄になる傾向だったのです。しかもゲストの曲を増やす代わりに真黒毛の曲数まで減らしてしまうこともあり、お客様にお叱りを受けたこともある。「真黒毛の企画を見に来たのにどういうこと?」と

しかし今回は、私が松永さんベースで唄いたい真黒毛曲を挙げていったら、あれもこれもやりたくなってしまい、曲数が増えてしまい、その結果、かなり真黒毛中心の構成となったのです。もう少し宮武さんの唄をやるべきだったかもしれません。おそらく松永さん自身、ゲスト出演なのにこんなに真黒毛曲をやらされるとは思ってなかったかも。いつもとは逆に松永さんと宮武さん側が覚える曲が多くなってしまい御苦労をかけました、あいすいません

思えば今年の1月の高田渡さん生誕会打ち上げで松永さんと話す機会があり、酔った勢いで「初めて見た真黒毛はどうでした?」と尋ねたら、「いやあ、面白かったよ」と笑ってくれたのだ。もちろん社交辞令かもしれないのに、松永さんの笑顔など見たことがなかった私は、おめでたくも真黒毛With松永さんをこの時、妄想してしまったのです。いやあ、でも妄想こそが実現の一歩なのかもしれない。もちろん宮武さんの仲介無くして松永さん参加はあり得なかったので、出会いに感謝

ただ、ベースに松永さんが入れば単純に真黒毛が飛躍的に素晴らしくなると思う程は、私もおめでたくはなかったので、実際に音を出すまでは不安だった。特にリズムは生もの、一朝一夕ではうまく行かない場合もよくあること。ドラムは直感的に岸田君お願いした、多忙な岸田君の日程が空いてたのはラッキーだったかも。岸田君はいつもの真黒毛と思って引き受けたらベースが松永さんと知って驚いたとのこと。そして1度だけの高円寺リハーサルがかなり良い感じだったので、それからは俄然、ステージが楽しみになった。本番は何だか大きく包まれて唄うような感じだったかなあ。立ち位置的にもベース松永さん、ドラム岸田君、パーカッション松島さん、ギター橋本君のフォーリズムの手のひらの上で自由に唄えたような気がする。

打ち上げで、共演の「泰山に遊ぶ」のまだ二十代のメンバーが松永さんのソロアルバムを持ってたり、チケット争奪戦だった再結成ミュートビートを見に行った人がいたりで驚く。私はDUBとかレゲエにはまったく疎いが、あるシーンでは松永さんはシンボリックな方の1人なんですねえ。。。と言う訳で、酔いどれ東京のことを語ろうと思ったら、松永さんで終わってしまいました。とりあえず今日はこれにてお開きで。写真は雨の中、わざわざ仕事帰りに寄ってくれたギタリスト永井充男さんと

この日の帰り際に松永さんより「せっかく曲も覚えたし、1年に1回くらいまたやろうよ」と言われ、恐縮しつつも「ぜひともお願いします」と答える私。「1年とは言わず、半年後でも数カ月後でもやりますよー」と心の中で呟きながら

Posted at 21:02 | 未分類 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。