--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.11.26

ユリイカ

20081126214326
ユリイカという雑誌はちょっと高尚な文芸雑誌的なイメージを抱いてて今まで手にとることもなかった。しかし先日、取手の駅ビル本屋にてふと素晴らしい表紙が棚になんでいたので珍しく衝動買い。ユリイカの表紙には杉浦日向子さん眩しくモノクロに笑っていた。

仕事で長年通い続けた立川に新しく図書館ができたのは何年前だったか。その地下駐輪場を利用していたこともあり覗いてみると、つげ義春、杉浦日向子、手塚治虫作品集があった。手塚作品は人気があって借りることができなかったが、つげ、杉浦作品は容易に借りることができたので毎週借りては熟読した。私は特に就職してからは好んで漫画を見ることはなかったが、このお二方には興味があった。それにしても立川図書館は手塚作品はともかく何故、つげ杉浦作品を揃えたのだろうか。おかげでお二人のほぼ全作品を読むことができたのだが、そういえば先日の中川五郎さんが持ってきた新曲に図書館をテーマにした曲があったな。

杉浦さんの作品は江戸の人情劇がさらりと粋にしかも味わい深く描かれている。何故あれほど江戸が日常として描けるのか不思議だがどの作品も楽しく読めた。物語はの具体的な内容はもうあまり覚えてないが、その作風というか佇まいは強く柔く印象に残っている。

あと杉浦さんと言えばNHKテレビのコメディ「お江戸でござる」だ。幼い香苗が好きな番組だったのでよく見てた。番組最後に着物姿で出演して解説してた杉浦さんはやはり作品同様に粋であった。やがて別の方と交代したが、番組の都合と思っていた。なので、突然の訃報には驚いた。ユリイカの特集を見て、杉浦さんが病気を抱えていたことや、生い立ち、交遊関係、仕事ぶり遊びぶりについて知る。

いつか余裕ができたら杉浦作品を買い揃えて休日など一杯呑みながら趣くままに読んでみたいなどと夢想する。しかし目先のことばかりに追われ振り回され狼狽えてばかりの小心な私に、そんな粋な日々は訪れそうもない。お江戸は遠くになりにけりか。
スポンサーサイト

Posted at 21:43 | 未分類 |
2008.11.24

へんな夢

20081124123836
金曜日の酔いどれ東京ダンスミュジック14回目はタイトルとはうらはらに酔いどれることができず、そのぶんコーミン氏が酔いどれてくれたけど。最近、一緒に酔いどれてくれるメンバーがいないのでコーミンがいると嬉しいのです。本人よりベース演奏は断片的にしか覚えてないとのことで反省メールを頂きました。智美殿曰く実際かなりベースは荒かったとのことですが、いっぱいいっぱいだった私にはまったく違和感ありませんでした。井上コーミン橋本の三人だとどのような状況でも奮い立たせてくれます。

主宰業務が真黒毛の演奏にも影響してしまったことはやはり反省しなくては。橋本君が不完全燃焼だったという感想はまさに正しいです。三輪君、五郎さん女子部、ペンタ、リッカ皆素晴らしかった。ただ毎度詰め込み過ぎてしまい自分で自分を追いこんでしまったかも

ラストセッションに中川五郎さんの新曲?「へんな夢」をやりました。前日初めて聞いてとても良い曲だったので女子部で唄ってさらにラストでもお願いしました。原曲は50年代のものでPPMも唄ってたとか。歌詞は反戦歌ですが、この日の酔いどれ東京にふさわしいエンディングでした。歌詞カードが今ないので、覚えてるコーラスリフレインのみ記します。間違ってたらごめんなさい

昨夜へんな夢を見た
とってもへんな夢
世界中の人々が
もう戦争はやめようと

Posted at 12:38 | 未分類 |
2008.11.21

五郎さん女子部

20081121145629
20081121145626
20081121145624
昨夜、新宿にて中川五郎さんと真黒毛女子部のリハーサル。五郎さんは新曲を四曲持ってくるということで三時間スタジオを予約したのだが二時間足らずで曲は曲となる。「やりすぎるとよくないから」と軽やかに唄う五郎さんは粋ですなあ。

本日です、仕事帰りに気軽に呑みにおよりください
11/21(金)青山月見ル君想フ
「酔いどれ東京ダンスミュジック14」
【出演】中川五郎/「ricca」/三輪二郎/The Pentatonics(盛岡)/真黒毛ぼっくす

Posted at 14:56 | 未分類 |
2008.11.21

ザフー

20081121021023
20081121021021
17日、武道館にたどり着くまでまったく現実感が無かったのだけど、目撃してしまったよザフー。感無量。唯一無二のリズム隊二人が亡くなってもいまだに第一級のライヴパフォーマンス。人生まあいろいろあるけど今宵はロックンロールでぶっ飛ばそうよ、なんて気持ちにさせられた。

奇才ドラマー、キースムーンが死んだのは高校の頃、その後フェイセズのケニージョーンズが入ってそれなりではあったがやはり物足りない、まあキースムーンの代わりなどあり得ないことのだけど。その後ザフーは解散ワールドツアーみたいなことやって、すっかり終わったと思ってた

それからだいぶ時は流れ、スポーツ新聞にザフー活動再開の記事、ドラムスはリンゴスターの息子とのこと。んん?しかしこのザックスターキーの登場は救世主だった。今回の来日公演でも素晴らしく、スネアの感じが父親似と見えたのは先入観からかな。

しかし復活後、あのブイブイベースのジョンウェイストゥル?(いまだに名前が覚えられない)が亡くなる。それでも数年前ついにあるイベントザフーはついに初来日。夏の横浜で二日酔いで見に行ってかなり感激したが、やはりベースはちょっと違和感あったな。でも今回はかなり馴染んで見えたよ。

ボーカルのロジャーは一時、喉の不調があったらしくてちょっと不安だったが、多少は枯れ声がかっているが声量は十二分。そしてピート先生はジャンプもギタークラッシュも無くなったが、ブンブン腕をまわしギターを掻き鳴らしていた。

じつは学生時代はトミーとか四重人格などアルバムでも聴いてみたが、やはりロックエッセンスが凝縮されたあの映像「キッズアオーライト」があまりにも衝撃だった。おそらく今後あれ以上の衝撃はないだろうな。就職してからは音盤はもっぱらベストばかり聴いていた。なので今回の公演、知らない曲もあったりしたが代表曲は網羅されてたような。できればキッズアオーライトと恋のピンチヒッターも聞きたかったけど。しかし改めてピートの曲は英国気質の乾いた旋律で日本情緒は皆無だと実感。私が中学高校の頃はともかくザフーは売れてなくて「日本では知られていないけど海外ではビートルズと並ぶ人気バンド」とか紹介されてた。しかし今回は超満員、追加公園も決まってたようだ。

今回のチケットは名古屋在住、20年前の真黒毛ベース武部氏より譲り受けた。武部氏とはかなり久しぶりだったが呑めば音楽の話しばかりで、一瞬にしてまるで学生時代みたいな会話で楽しい夜だった。

ステージ中盤、「ババオライリィ」のシンセイントロが始まり戦慄が走る。曲前半、ピートタウンジェントが「ドーント、クラーイ、、」と唄った瞬間、一気に涙腺がゆるんでしょうがなかった。いまだに斬新な名曲。ピート先生は当時なぜこのようなループシンセをロックバンドに重ねることを思いついたのだろうか。

Posted at 02:10 | 未分類 |
2008.11.18

ダウンタウンベイ

20081118082043
先日、三輪二朗氏とカラオケにてお互いにギターを弾きながら曲を合わせてみる。三輪君はどんな曲にもこちらの想像をこえたフレーズで彩りをつけてくれて驚くばかり。彼はギターがからだの一部になっているようで私の弾いてるギターとは明らかに別な楽器だ。

何だか夢ような時間。まあそれが嬉しかったこともあり、久しぶりの高円寺にてその後つい呑み過ぎてしまい、多方面にご迷惑をかけてしまう。7月の五郎さんとの晴れ豆泥酔ライヴ以来、セーブしてたつもりだったがやってしまった。ということでここのところ自己嫌悪モード、だがしかし、もう三日後に今年最後の酔いどれ東京企画が迫ってる。切り換えてやっていかんとなあ、う~む、どうなるのだろう

三輪君が真黒毛の曲で「ダウンタウンベイ」が好きだという。この曲褒められたことあまりないのでちょっと驚く。21日の月見ルにてちょっと二人でやってみるかもです。

Posted at 08:20 | 未分類 |
2008.11.18

翼の折れたエンジェル

20081118010457
20081118010455
次回こそは動員がんばります!

と月見ルの寺尾ブッダ氏に言ったものの、結局はチラシ作って折り込みしたり、メンバーに告知のお願いをしたりと、特に新しい取り組みができてるわけではない。日が迫るに従い不安は募る。どうすりゃいいのさこの私、夢は夜開くのかな

先日テレビ見てたら中村あゆみが「翼の折れたエンジェル」唄ってて、ちょうど上京した頃の曲だったので何とも懐かしかった。曲を作った高橋研は私が学生時代に過ごした岩手出身だったと思う。「四号線の朝焼け」という東北人には胸焦がす名曲を唄ってた方と記憶してる。

いやはや。あと4日となりました。今回の真黒毛は井上コーミンリズム隊で炸裂予定、
---
今週、金曜に今年最後の酔いどれ東京企画あります。週末、よろしければ呑みにお寄りください。前売り予約受付中です
---
11/21(金)青山月見ル君想フ
「酔いどれ東京ダンスミュジック14」
18:00/18:30
前2000円/当2500円(各drink別)
【出演】中川五郎/「ricca」/三輪二郎/The Pentatonics(盛岡)/真黒毛ぼっくす

【月見ル君想フ03-5474-8115】
http://www.moonromantic.com/

Posted at 01:05 | 未分類 |
2008.11.16

出不精のバラッド

20081116170516
先日の三軒茶屋ライヴの司会は三輪二郎氏だった。味わい深い紹介をして頂く。司会業の傍ら石川さんと俺こんのセットチェンジ中に二曲唄っていた。客席は満杯だったので楽屋へ回避したが、幸いグレープフルーツムーンは楽屋でも音が筒抜けで三輪君の唄が良い塩梅で聴こえた。二曲目に唄った曲が強く印象に残る。

翌日、娘と柏の温泉に向かう途中,歩きながらくちづさんでみたら何とメロディが少し唄えた。調子にのって無茶苦茶英語日本語で唄ってたらいつのまにかムーンライダースの「スカンピン」になったりもして。

後でアルバムにて確認。あったあった、タイトルは「出不精のバラッド」。う~む、名曲ですな。

Posted at 17:05 | 未分類 |
2008.11.15

マスダ茶の道、茨道

20081115095905
マスダさんからの下記メール転送します。
去年のグッドマンに引き続き先日のグレープフルーツムーンも超満杯。
同じ主催としてはマスダさんの爪の垢を煎じて呑みたい気分です。
橋本君、11/21のチラシ折り込みよろしくお願いします
・・・・・・・・
マスダユキです。先日はどうもありがとうございました。
さて、今週の土曜日にペンギンハウスでスッパバンドの企画があります。
ぜひぜひ遊びに来てください!よろしくおねがいします。 11月15日(土) 限りなく透明に近いスッパバンド企画 高円寺ペンギンハウス 前売り・当日ともに2000円(ドリンク代別) ※11月1日の「風の谷の俺はこんなもんじゃない2」に来てくれた人は1000円に割引き 18時半オープン 19時スタート スッパバンド(withとうめいロボ)、とうめいロボwith添田雄介(muddy world)、大谷能生バンド、スズメンバ(京都) 司会:狩生健志(owkmj)、大谷学(VIDEO)
-------

橋本君からの返信
なんだかんだか、僕にも言ってますか?はい煎じて飲み干します。

Posted at 09:59 | 未分類 |
2008.11.13

三軒茶屋サーカス

20081113183347
20081113183345
20081113183343
石川浩司さんとのライブが終了してから10日以上たってしまった。グレープフルーツムーンはお客さんで溢れ、久しぶりに超満員でのステージ。石川団長と真黒毛サーカスが後付けのコンセプトであったが、メンバー14人はべつに空中ブランコや玉乗りやましてや火を吹くわけではなく、とりあえず演奏するか唄うか、せいぜい踊るくらいである。ちょっと大風呂敷を広げ過ぎたかなあと危惧した大編成だったが、ステージはまた不思議なるもので本番が始まると奇跡のバランスで一つとなった、、、と思ってるのだが。ステージ中央に石川さんが鎮座した瞬間、バラバラにこんがらがってた糸が摩訶不思議な紋様で紡がれたような感じだろうか。

石川さんさんのパフォーマンスはもちろん圧倒的だったが、今回、唄の強さを感じた。演奏は去年を踏まえてだったので、おそらくぐっと深化した。とは言え一年ぶりだったのでけっこう練習もしたような。知り合いの「たま」ファンから「よかった」と言われ一安心。いやあ、あんだけ練習したんだから正直ちょっとは褒められたかったりもして。

余談ながらステージ前にメンバー有志で行った琉球モツ焼き屋。バイオリン宮城島とDJミステイク初の揃い踏みに、呑み、焼き、トークと一瞬にしてカオス状態へ突入。いやあ、凄かったなあ。

Posted at 18:33 | 未分類 |
2008.11.09

最後のニュース

20081109210858
私の父親は昔からNHKのニュースを好んで見ていたが、子供の頃の私はニュースほどつまらない番組はないと思っていた。父親は「お前はまったく常識がないからニュースくらい見なさい」が口癖だった。

ニュース23が始まったのは就職してからだったと思うが、エンディングテーマが陽水の「最後のニュース」で、その日のニュースをフラッシュバックさせながら陽水のあのひょろろーんとした唄が流れる。ただそれだけだけど何だか1日の終わりにふさわしい気がして、それを見るためにニュース23を見ているうちに、いつのまにか筑紫哲也ファンになったのかもしれない。おそらく一番見てるテレビ番組だろう。

ニュースステーションの久米さんの切れのあるテンポはどうも苦手で、筑紫哲也さんの緩やかな感じが呑みながら見るにはちょうどよかった。また時々でる音楽ゲストが素晴らしかったのだ、陽水、キヨシローから細野さん、高田渡、シカラムータまで。その筑紫さんセレクションは私の好きな人ばかりなのでありがたかったです。沖縄もよく取り上げていて、喜納昌吉や大工さんもよく出てたな。たまにニュースステーションで有名来日アーティストが出て、期待して見てもカラオケで唄う感じが何ともものたりなかったりするのだが、23は筑紫さん本人がただひたすら好きな人を呼んで世間話ししてる感じがよかった。いつもどこかアンチな風が吹いていけど、あれだけ長年、難しいニュースキャスターが続いたということは、知識、人柄以上にエンターテイメントの才があったのだろう。

今は報道ステーションもよく見るが、古館さんは私にとってはやはりちょっとシニカル過ぎるかな。筑紫さん不在のニュース23も若干物足りないがやはり安心感はあるのです。筑紫さんは癌になっても時々出演していたので、ちょっと早かった感じがしてます。

ニュースは見るようになっても、相変わらず政治経済スポーツすべてに疎く、世間話さえできない私です。大人になればなんとかなると漠然と思ってたのですが、いまだに父親の言葉どおりですな。

Posted at 21:09 | 未分類 |
2008.11.03

仏蘭西万歳

20081103115533
10/31は下北沢のフランス料理屋で泰山に遊ぶ企画ライブに真黒毛出演。普段はまったく縁の無いお洒落なお店の屋根裏的な三階がライブ会場。ステージは狭いけど雰囲気は素晴らしく、さらに屋上の楽屋はバカンス気分満載。演奏は岸田ドラムス、池上ベース、橋本ギター、マスダピアノを基本セットに遠藤サックス、ミユキ三線&ペット、中野アコーディオン&ペット、田久保志乃コーラスが加わり、8人でステージはいっぱいいっぱい。その屋根裏的構造も相 まって楽しくやれた。音は飽和したところもあったかも。新曲やってみた、わりと真黒毛初期の曲調というか、単純な曲だけどじつはあまりやったことがないブリティッシュ8ビート。難しいなあ、もう1回やってみよう。

出番はトップで、真黒毛メンバーは体調不良者、明日の石川さんのライブ等もあり、終演後に大半はあっというまにいなくなる。しかし私は笹塚のミユキ宅に宿泊予定だったのでのんびり。中野君と缶ビール外で呑み、泰山のライブを鑑賞、女性ボーカルが代わっていてギター土岐君が欠席だったが、いつもちょっと浮いて見える成瀬君も溶け込んで良いステージでした、やはり屋根裏効果かも。会場での打ち上げは、岸田君、ミユキと私で参加。何と気前の良いブッダ氏の采配でフランス料理が振舞われた。美味しかった、大皿はあっというまに無くなる。仏蘭西万歳!

そのあとさらにミユキ君を無理に誘いラカーニャへ。奄美出身のミユキ君は黒糖焼酎に酔い「大槻さん、僕はこれからどうすればいいんですかねえ?」と尋ねられるが、自分がどうしたらいいかも分からないのに答えるはずが無い。あいすいません、しかし酔ってたので適当なことを言ってしまう。そう言えばミユキ君とサシで呑むのは何年ぶりだろうか。ラカーニャでは早川義夫さんのおそらく新しいアルバム、そして二ールヤングの弾き語りアルバムが素晴らしい音響で流され胸一杯になる。

深夜、ミユキ君の三畳一間のアパートへ、コンビ二で買ったワイン一杯も呑みほせぬまま天国の布団に眠り込む。

Posted at 11:55 | 未分類 |
2008.11.01

世田谷線

20081101125033
20081101125031
今、世田谷線に乗って三軒茶屋に向かってます。じつは世田谷線に乗るのは初めてなので嬉しい。

でもじつは生まれたのは三軒茶屋なので、その頃から世田谷線があったのなら何度も乗ってたのかもしれない。二歳くらいまでしかいなかったので記憶は無いが、窓の外を見ると何だか懐かしい気持ちになる。

私が生まれた同じ年に石川さんも日本のどこかで生まれてる。紆余曲折の末、今日、三軒茶屋で会うのです。その道のりは長かったようなあっという間だったような

---
11/1(土)三軒茶屋グレープフルーツムーン
「崖の上の俺はこんなもんじゃない vol.2」
2000円(ドリンク別)7時スタート
出演 OWKMJ(俺はこんなもんじゃない)
石川浩司(ex.たま) with 真黒毛ぼっくす
GREEN MILK FROM THE PLANET ORANGE
ハズレッシヴ

【グレープフルーツムーン03-3487-8159 】
http://www.grapefruit-moon.com/

Posted at 12:50 | 未分類 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。