--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.04.29

ブラザー軒

20090429131321
20090429131312
高田渡さんの生誕会では出演者各一曲ということで、前々より真黒毛はオリジナル「レフトフライ」を唄おうと決めていた。がしかし、一ヶ月くらい前になり、急に思い立って渡さんの「ブラザー軒」に変更した。最後の生誕会だし、真黒毛がカバーしている唯一の渡さんの曲がふさわしいのではないかと思ったからである。

じつはこのブラザー軒が渡さんのいつ頃の曲か知らない。私が知ったのは渡さんが亡くなった年、ニッカーボッカー石坂君の家でタカダワタル的のDVDを見てた時である。ふいにこの曲が私の耳に入ってきた。

東一番町ブラザー
硝子簾がキラキラ波うち
あたり一面
氷を噛む音

え、東一番って仙台の東一番町なんだろうか、、、私は仙台出身であるが、いまだに仙台のことを唄った曲は青葉城恋唄くらいしか知らなかったので、ちょっと驚いた。呟くように唄う渡さんの声とロケットマツさんのリリカルなピアノが印象に残った。後でネットで調べたら、菅原克己さんが仙台在住時に作った詩に渡さんが曲をつけたことを知る。ちょうど母親が亡くなった時期でもあり、この曲を自分でもぜひ唄ってみたくなり、真黒毛でも時々演奏するようになった。

ただ生誕会で演奏するにあたり気ががりだったのは、しんみりしたこの曲を真黒毛はかなり陽気な感じで唄っていることである。自分自身ではアレンジはもちろん気にいってるが、渡さんの昔ながらのファンが多く集まる場で果たして受け入れられるのだろうか。実際、本番はとても気持ちよく唄えた。さらに生誕会の大詰めでは、今回主宰の佐藤GWANさんが「ブラザー軒」を噛みしめるように唄い、ステージ脇で放心して聞き入った。急遽、九州から飛び入りした南こうせつ氏も当初はブラザー軒を唄うつもりだったとか。渡さんの代表曲なんですね。

先日、中川五郎さんに会った時、「いやあ、生誕会の真黒毛、大丈夫でしたかねえ?」と思わず尋ねたところ、五郎さんは「いやもちろん、昔からのファンは良かったと思った人もいるし、あまり気にいらなかった人もいたかもしれないけれど、いろんな唄や演奏があっていいはずなんだから、大槻さんはそんなこと気にせずに唄ったらいいんですよ」というような励ましの言葉を頂き、救われたと言うか、そうだよなあと思った次第です。きっとまたどこかで唄うと思います。

東一番町ブラザー軒
七夕の夜
キラキラ波うつ
硝子簾の向こうの闇へ
スポンサーサイト

Posted at 13:13 | 未分類 |
2009.04.28

一人ぼっちのあいつ

20090428013149
朝、通勤中に何の曲を聴こうかと考えると、なんとなくビートルズの「Nowhere Mam」をいつも選んでしまう。ややブルーな出勤時は初期ビートルズを聴く元気もなく、さりとて後期ビートルズを受けとめる余裕もない。この中期のあまりにも素晴らしい三分間ポップミュージックに多少なりとも毎朝励まされている。

ところで「Nowhere Mam」ってどんな歌詞だっけかなあと思い、ネットをちょっと検索したらさすがビートルズ、各人おもいたっぷりの訳詞が出てくる、出てくる。しかし残念ながらぴんとくるものがない。そういえば高校時代はビートルズのレコード聴く時は必ずビートルズ訳詞集の上下巻を片手にペラペラめくりながら一曲づつ真剣に聴いていたなあ。ということは旧盤には訳詞がついてなかったのかな。あの頃の集中力が眩しい。ちなみに翻訳サイトで「Nowhere Mam」と打ち込んだら「無意味な男」と出た、これはあんまりだよなあ。私としては個人的直訳の「どこにもいない人」がしっくりくるかも。当時の邦題「一人ぼっちのあいつ」を笑う方も多いのですが、私は良いタイトルだと思いますよ。

と言うわけで、前回の真黒毛ライブが2月の真冬だったから、毎朝「Nowhere Mam」などを聴いてるうちに季節はいつのまにか変わってしまったのですな。春爛漫、久しぶりにバンド編成で真黒毛ライブやります。あだち君の企画に誘われました、東京一夜景の美しい音楽室にて、何と千円でワイン呑み放題とのことです。よろしければお寄りください。

いまだにiPodシャッフルの曲順ルールを理解してないのだが「Nowhere Mam」の次には必ず「In My Life」と続くのでした。めでたしめでたし
---
4/29(祝)四谷区民センター10F音楽室
あだち麗三郎企画「風のうたが聴こえるかい?Vol.4」
18:30open 18:45start カンパ1000円(ワイン飲み放題)
出演:鳩山浩二、真黒毛ぼっくす、あだち麗三郎with Special magical Guests
Live paint:ケイジ
food:手作りクッキー&パンfil

新宿駅から徒歩15分。新宿三丁目駅から徒歩10分。新宿御苑前駅から徒歩3分。

Posted at 01:31 | 未分類 |
2009.04.20

いせやへの遠き道

20090420182621
20090420182613
20090420182605
4月4日、渡さん生誕会のリハーサルも早々と終わり、食事にでもと外に出る。すると目の前は五日市街道、本番まで時間もあるので真黒毛メンバー十人くらいで吉祥寺をめざして歩く歩く歩く。30分以上も歩いただろうか、吉祥寺到着。もちろん目指すは「いせや」、約一名の強い希望により。制止しようとする娘に「ね、今日は渡さんの生誕会なんだ、渡さんはいせやが大好きだったんだよ~」と理不尽な説得。改築したいせや本店は昼の12時開店とのことでまだ40分くらいあった。ならば井の頭公園で花見をしてからまた来ようということになる。ちょうど桜は見頃でたくさんの人が公園に集っているが、まだ午前中のせいか和やか。池に枝をのばす桜があまりにも美しい。公園を半回りして再び「いせや」へ。だがしかし、何とすでに店は満員、長蛇の列。開店の12時を9分過ぎただけなのに、嗚呼、無情!

24才の時、就職で上京、三鷹寮から吉祥寺駅に向かうバスからこの「いせや」がよく見えた。煙モクモクでオヤジ達がいっぱい立ち飲みしている光景は、東北から上京したばかりの私にとっては何とも興味深かった。まだ4月だったと思うが、新人研修が終わり他の店で呑んだ勢いで同僚と二人でいせやに初めて入った。薄暗い店の中は異国のようで、焼酎が濃くてひどく酔ったのをかすかに覚えている。その同僚も数年前に逝ってしまった。とりわけ桜の季節にはそんなことを思い出したりする。

改築して初めてのぞいたいせやは、若者や家族連れで賑わっていたが、それでも昔の面影はあった。やはり平日の昼間にぶらりと行くのが一番良いのだろう、サラリマンのささやかな夢ですな。いせやへの遠き道はまだまだ続くのです。

Posted at 18:26 | 未分類 |
2009.04.17

武蔵野文化会館大ホール

20090417001455
20090417001446
4月4日はよい天気。高田渡さん生誕会のリハーサルがドップということでかなり早くに家を出る。やや電車が遅れるも9時過ぎには三鷹駅に着く。それから会場の武蔵野市民文化会館まで15分ほど歩く。ベースのカナエさんと途中で遭遇、満開の桜が美しい。

到着した会場はまさしく二階つきの大ホール。学生時代や上京したばかりの頃、いくつかのコンテストにてホールで唄ったことがあるが、ここ最近ホールで唄った記憶がない。ロビーから楽屋に行く道が分からず迷う。コーラスの田久保さんが来てみたら、小平在住の小学生の頃、音楽会や劇をよく見に来てた会場だったとのこと。はたして娘はこの会場のことを後まで覚えているだろうか。


広いステージで大勢のスタッフが忙しそうに動き回っている中、すでに遠藤さんがスタンバイしてアコーディオンのブーチャッチャーが広い空間に響いてる。中川五郎さんはじめ真黒毛メンバーがステージに集まりだす、しかし何故か会場に一番近くに住むサックス鈴木大介氏だけが現れない。

五郎さんの「丸々赤ちゃん」と「ブラザー軒」をリハーサル。初めて演奏するロケットマツさん、村上律さんはほとんど何も指示していないのに素敵な音色で合わせてくれる。リハーサル兼ねて他のメンバーに必死であれこれ伝えようとする私。しかし悲しいかな、いつも狭い場所でしか唄ったことがないのでドラムが遠い、ベースが遠い、アコーディオンはさらに遠い、ホーンはさらにさらに遠いので、いつもの一体感がかなり希薄。まあすっかり狭いライヴハウス慣れしてしまっているのですな。あとでドラムスの岸田君とその件で話す。若いのに経験豊富な彼は「とりあえず広くても皆が近くによって演奏するのは手っとりばやいですよ」なるほど、ニールヤングとクレイジーホース方式ですな、しかし毎度ライブハウスにて大人数でスペースに四苦八苦している私としては、滅多にない広いステージでは目一杯に広がりたいとも思ったりして。

本番、心配された客入りも一階はほぼ埋まった感じでかなり大勢のお客さん。ステージで発する自分の声がマイクを通して目の前に広がる薄暗闇いっぱいに拡散される至福の時。いやあ、気持ちよかったです。渡さん、ありがとうございました。

Posted at 00:15 | 未分類 |
2009.04.14

千住千円ジャンボリー

20090414233208
20090414233200
このところ何曲か唄う機会はありましたが、いわゆる真黒毛通常ライブは2ヶ月ぶりとなります。と言ってもかなり弾き語りに近い感じになりますが、コズミックソウルは狭いけど不思議な空間です。チャージ1000円ですので、よろしければ呑みにおよりください
----
4/18(土)北千住 コズミック・ソウル
「千住千円ジャンボリー」
開場17:00 開演18:00 
1000円(自家製パン付、ドリンク別)
出演
シマカワコウヂ(G.Vo.per)
紫竹芳之(尺八)&あかね(唄.Key)
真黒毛ぼっくす(大槻弾き語り+香苗+鈴木大介)

【コズミック・ソウル 03-3882-7050】
http://www17.plala.or.jp/cosmicsoul/cosmic.html

Posted at 23:32 | 未分類 |
2009.04.01

桜の木の下で

20090401101230
20090401101221
20090401101213
いつのまにやら4月。気持ちばかりが追いつかぬまま今日も通勤電車へと。

今年の正月、BSフジの坂崎氏フォーク番組にて高田渡さんゲスト出演者の回が再放送されていた。収録はいつかわからないが晩年に近いと思われる、実家にて正月に呑みながらゆっくり見る番組にふさわしかった。

京都のイノダコーヒーでインタビュー、渡さんは旨そうに生ビールを呑んでいた。その後、坂崎氏と楽しそうに弾き語り。さらに京都からローカル線に乗り込む時はロング缶のビールを二本買い込んでとても嬉しそう。風貌はかなり年配に見えるが渡さんは今年ようやく還暦を迎えるらしい。

渡さんの生誕会で自分が唄えるのは、やはり夢のようである。ここ数年の酔いどれ東京企画で実際に出会うことができた、なぎらさん、斉藤哲夫さん、シバさん、宮武さん、早川義夫さん、アーリータイムスの皆様などに久しぶりに会えるのも楽しみ。1970年代のあの熱き渦中では私は決してフォークマニアではなく、ただのフォーク好きの一人でした(フォークと言うのも語弊があるかもしれないのですが)。学生時代、フォークジャンボリーや春一番やホーボーズコンサートのレコードを聴き、1983年に吉祥寺ぐゎらん堂で初めて渡さんのライブを見て以来、ずいぶん遠回りをしたような気もしますが、やはり渡さん界隈の音楽には多大なる影響を受けてきました、おそらくこれからも。とりわけ中川五郎さん本人との再会いは大きかったです。4月4日、一曲唄わせて頂きます。桜の木の下で。
--
『高田渡生誕会 60(かんれき)』
4月4日(土)武蔵野市民文化会館大ホール
開場 14時 開演 14時30分
前売 4,500円  当日 5,000円  全席自由
【出演者】
 青木ともこ、ANNSAN、いとうたかお、今井忍、柄本明、大江田信、大塚まさじ、大庭珍太、岡大介、加川良、河合徹三、岸本一遥、キヨシ小林、小室等、こむろゆい、後藤神父、斉藤哲夫、佐久間順平、佐藤GWAN博、沢田としき、シバ、渋谷毅、スズキコージ、高田漣、田川律+藤縄てつや、竹田裕美子、時々自動、中川イサト、中川五郎、中山ラビ、なぎら健壱、早川義夫+佐久間正英、藤村直樹、マーガレットズロース、真黒毛ぼっくす、松倉如子、松田幸一、松永孝義、南椌椌、宮崎勝之、宮武希、武蔵野マーガレット、村上律、ロケット・マツ、渡辺勝(五十音順)

【真黒毛酔いどれオールスターズ】
大槻ヒロノリ/ボーカル、大槻香苗/グロッケン他、遠藤里美/アコーディオン、岸田佳也/ドラムス、池上加奈恵/ベース、ロケットマツ/ピアノ、中川五郎/エレアコ、三輪二郎/エレキギター、村上律/ラップスティール、鈴木光介/トランペット、鈴木大介/サックス、原奈津子/サックス、田久保志乃/コーラスダンス、土屋貴司/チンドン

Posted at 10:12 | 未分類 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。