--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.05.30

カレーライス

20090530135402
明日、月見ルのカレー企画ライヴにてサブステージで唄うのだが、出演者は皆、カレーの唄を一曲は歌わなければならいらしい。カバーでもよいのかな、とりあえずここ数日カレー曲を作ろうと試みてる。しかしカレーで思いつくことってあまりないねえ、でもお題が無ければ曲作りはさらに途方に暮れるだろう。

カレー曲といえばやはり遠藤賢司の「カレーライス」だろう。久しぶりに昨夜エンケンのCDを聴いたら、あの乾いたギターと呟きもしくはハイトーンシャウトにすっかり聴きいってしまった。久しぶりに見たいなあ、エンケン!

果たして明日までカレー曲はできるだろうか?相変わらずの先伸ばしで締め切りが迫らないと火がつかない。いやもうかなり迫りつつはあるのだが。とりあえずアドリブで唄うのだけは避けよう、特に私の場合、言葉なんて咄嗟に出てこないのだから
---
5/31(日)青山月見ル君想フ[マサラミーティングvol.1]
18:00/18:30
前売 \2,500 当日¥3,000(+1D・カレー代込み)
唄:ツクモク(f.名古屋)/春風堂/宇宙遊泳/宮 武弘(Natural Records)/阿部仁(racoustik)/真黒毛ぼっくす(大槻弾き語り+α)
op-act:土岐(いなかやろう)×寺尾(NIGHT!&NIGHT!PRODUCTION)
スポンサーサイト

Posted at 13:54 | 未分類 |
2009.05.29

ホーボーへ

20090529180621
20090529180612
一週間前の金曜日は青山の月見ル君想フにてライヴ。2月の月見ルがちょっと節目的な感じだったので、また新たな気分でやれて嬉しい限りです。

ライブ映像録画を店にお願いしておきながら、結局、終わってから見ないこともあるのだけれど、今回はしっかり確認。先に岸田君が録音してくれた音源を聴いていたのだが、音のみだと自分の声の抜けの悪さやヘロヘロの音程、間違いだらけの歌詞にいたたまれなくなるが、映像があるとそれなりに楽しめた。何よりもフロントで唄ってると演奏者がどのような感じで演奏してるのかほとんど見られないので興味深かった。強力な岸田池上ヤングリズム隊を中心に三輪ギター、遠藤&原ホーン、田久保コーラスダンス、伴瀬ピアノが絶妙に織り成す音像は感動的ですらあった。ともかく今回は視覚バランスがとても良かった気がします。香苗も特に指示したわけではないのですが初めて立ってアコーディオンを弾いてました、まあとりあえずは形からが大事でしょう。

後半にゲストで片思いの中野君にスティールパン、あだち君にサックスで入ってもらい大団円。真黒毛ライヴではダントツに演奏回数が多いと思われる「歓びのダンス」。伴瀬君のトロピカルピアノ効果もあり、より南国はらいそ的モード全開で気持ち良かった。スティールパンと一緒にやる機会など生涯無いと思っていたので、あの魅惑的な音はやみつきになりますな。毎回、歓びのダンス専属で叩いて欲しいものです。終演後、楽屋にもどるとサックス遠藤さんが何故かガラガラ声になって驚きました、おそらく魂のコーラスで燃え尽きたのでしょう。


その夜、月見ルから目と鼻の先のお店マンダラではチャボさんがライヴでした。後日、アンコールで「雨上がりの夜空」「君が僕を知ってる」などを唄ってたことを知り、もしかしたら出番がトリだった真黒毛のステージと同じ時間帯だったのかもしれません。ホーボーへ

Posted at 18:06 | 未分類 |
2009.05.22

南青山くれない劇場

20090522011306
20090522011258
いつのまにかライヴが明日に迫っている。と言うかもう日付が変わって今日だよ。

四谷、浅草、そして明日の南青山。ギターの三輪二郎氏が初参加の真黒毛三本勝負と言えなくもない。前回の浅草ではかなり呼吸が合ってきて一体感倍増してたので、さらに明日は楽しみです、いや油断禁物ですが。まあしかし三輪君のギターは、まるでからだの一部のように繊細に大胆に響くのです。なぜこのような才能あるギタリストが真黒毛に参加するのかはよく分からないが、素直に感謝して享受しよう。やれる時がやる時なのだから。

それから明日はアナホールクラブバンドの伴瀬君がピアノで初めて参加します。前からずーっと見に行きたかったアナホールクラブバンド、先日ようやく円盤で目撃。そしたらメンバーだと思ってた中野シラフ氏は不在で、替わりに最近売れっ子の遠藤さんがここでもサックスを吹いた。そして圧倒的な存在感でピアノを弾きながら唄ってたのが伴瀬君だった。何だかいろいろ感ずるものあり、ついつい真黒毛ピアノに誘ってしまいました。

いやあ、どうなってしまうんでしょうねえ。よろしければ呑みながら見届けてくぢさい。出番はトリで9時過ぎ、前売り予約受付中です。
---
5/22(金)青山月見ル君想フ
18:00/18:30
前売 \2,300 当日¥2,800(+1D)
出演:THE モールスシンゴーズ/Bob&Carnivals/familyslow/真黒毛ぼっくす/片想い

Posted at 01:13 | 未分類 |
2009.05.20

眺めのいい音楽室

20090520162841
20090520162833
春になり、真黒毛ぼっくすはバンド編成でライヴをボチボチと始めてます。

4月29日はあだち君の誘いで四谷区民センター11階、眺めのいい音楽室。今年になって何度となくお願いしてる岸田池上ヤングリズム隊に、ギター三輪二郎氏を迎えての初ライヴ。未消化なところもありつつ新曲、久々の曲などをやってみた。あとから録音聞くと、まあ個人的な反省はいろいろありましたが楽しいライヴでした。得意の無謀な抜擢で遠藤さんピアノデビュー、いやあ伴奏センスはさすがでしたねえ。あと娘にアコーディオンをやや無理矢理やってもらいました、まだまだ形だけてすが。親に似てか、あまり練習したがりません。う~ん、どうなんでしょうねえ。強制的にやらせたくはないけど、若干期待してしまったりで、揺れる親心でした。

この日は千円カンパで呑み放題のはずのワインは残念ながら途中でなくなりましたが(私のせいではありません)、ガラス越しに副都心の夜景があまりにも美しかったです。お客さんは何だかとても好意的で、暖かい拍手をいっぱい頂き、CDセットもお客さんの人数比率から考えると驚異的と言っても良いくらい売れました。後日、ライヴ見に来た方の日記を見たら「一曲目のモビーディックの唄で泣けた」との記載ありちょっとびっくり。つまりレフトフライや南北道路のような曲ではなく、モビーディックに泣けたとは、、、もちろんボーカル冥利には変はわらないのですが。ありがとうございます。

今回主宰のあだち君とは「あがた森魚好きのサックスドラムスがいる」と川端くんに紹介されて以来の知り合い。真黒毛に演奏参加してもらった時も、俺こんを見た時も、あまり意識したことなかったけれど、弾き語りを見て初めて「ああ、なるほどあがたさんが好きなんだなあ」と思った次第。願わくばあがたさんのように我が世界をもっともっと突っ走って欲しいものです。あだち君、素晴らしいライヴにお誘い頂き感謝です。

Posted at 16:28 | 未分類 |
2009.05.15

ミズボウソウ

自分は水疱瘡になったことがあっただろうか?おそらく経験済みだと思うのだが確かめる術がない、唯一の証人である母親はいないし、、、父親は多分覚えてないだろうな。

一昨日、上野にて真黒毛のスタジオ練習。とりあえず軽く合わせてみたら、ベースのカナエさんより「真黒毛じゃないみたい」との発言あり。つまりベース、ドラムス、ギターにコーラスというシンプルな編成、ホーンはおろか鍵盤さえいないのだ。確かにここ最近は無かったなあ、この感じ。スリーリズムだと音がもうダイレクトなので、ストレートに楽しかったり難しかったり。

まあでも、上京してライヴハウスにて演奏活動を始めた真黒毛ぼっくすは、ドラムス、ベース、ギターと私という編成で永らく活動を続けていたのですよ。たまにキーボードが入る時もあったが原則四人だったねえ。う~ん、思えばバンドは四人か五人でやるものと思っていたのかもしれない。いやもちろん正論なのですが、ビートルズ然り、ストーンズ然り、ビーチボーイズ、キンクス、ザフー、セックスピストルズ、RCサクセション、そしてアーリータイムスストリングスバンド!

明日、浅草で真黒毛ライヴあります。あわよくば娘にもちょっとアコーディオンを弾いてもらおうと画策してたのですが、、、なんと本日、娘は水疱瘡が発覚して自宅謹慎。なので久々にドラムベースギターのシンプル編成でやります。まあ昔は毎月こんな編成でねえ、下北沢屋根裏でライヴやって、打ち上げやって、ゲロゲロに朝まで呑んで騒いで、そのまま二日酔いで仕事行って、、もうグダグダでした。今はそんな気力もないけど、よろしければ明日の週末、呑みにお寄りください。多分、相変わらずグダグダかもしれませんが、夢の浅草ですから唄いますとも

---
5/15(金)浅草KURAWOOD
『カーニバル浅草~515~』
開場18:30/開場19:00
前売¥2,000/当日¥2,500(各+1drink¥500)
【出演】
越路姉妹、メテオール、真黒毛ぼっくす、やまだせんろ

【浅草KURAWOOD 03-5827-1234】
http://www.kurawood.jp/

前売り予約ぎりぎりまで受付てます

Posted at 00:41 | 未分類 |
2009.05.03

空がまた暗くなる

20090503045109
夜が明ける前に書き留めておこう。

初めて18の時に家を出て盛岡で下宿したのは1979年だろうか、確かNHKFMのサウンドストリートだったと思うけどRCサクセションとエンケンのスタジオライヴが放送された。エンケンは東京ワッショイの頃で、RCはロックバンド形態になった初期かな。「僕の好きな先生」くらいしか知らなかったので、なんとなく異質なロックサウンド感触が初めはぴんとこなかった。でもそれから東京から遥か離れたみちのくにも、RC旋風が少しずつ吹き初める。「雨上がりの夜空」がラジオでよくかかり、ライヴアルバム「ラプソディー」が話題にり、そしてついに盛岡市民会館大ホールにRCはやってきた。日本のロックバンドをホールで見る初めての経験。一曲目が始まる前にステージに出てきた彼等の奇抜衣装と緊張感、高揚、スモークを今でもはっきり覚えている。たぶんチャボのMCで始まったはず。

それまでロックバンドがホールツアーできるのってダウンタウンブギウギバンドとか数えるくらいしかいなかったと思う。その盛岡公演と前後して帰省した仙台でもRCとシナロケ二組でのライヴを電力ホールで見た。シナロケは「ユーメイドリーム」が話題になっていてシーナさんの声はまだ今ほど枯れてなかった。あと仙台初の野外イベント、第一回、ロックンロールオリンピックのオオトリもRCだった。じつはRCを生で見たのはその3回しか覚えてない。

上京してからはキヨシローがイギリス録音した「レーザーシャープ」の時のブロークンヘッズをバックで唄ったソロツアー、RC解散後の23ズ(ニイサンズ)、それからメンフィスに行ってオーティスのバンドとアルバム作った時の武道館や年末恒例武道館、さらには泉谷しげるのライヴにもキヨシローはよく乱入していた。でももしかしたら東京ではRCサクセション自体は見てないかもしれない、いや記憶にめっきり自信がないけれど。ただ上京して真黒毛の活動を始めてからのほうがRCのバンドの魅力と奥深さがより分かったような気がする。発売されるアルバムすべてを聞いたわけではないが、やはりRCサクセションの存在は特別だった。

キヨシローが唄うのを最後に見たのは数年前の夏の野音、用事があって遅れてしまい慌てて会場に向かう途中「トランジスターラジオ」が遠くから聴こえてきて何だか泣けてきた。あと一度だけキヨシローさんに一瞬お会いしたことがある。病気が発表されて復帰に向けている頃、こまっちゃクレズマの代官山ライヴを見に来ていた。多田葉子さんにお願いして中川五郎&真黒毛ぼっくすの「腰まで泥まみれ」CDを渡したら、タイトルを見て「お、プロテストソング!」と言って握手したくれた。その手はとても柔らかだった。

先ほど家人のメールで訃報を知りとても残念。私が偉そうに言うことではないが、前人未到のあのボーカルはおそらく永遠不滅だろう。ありがとう、ガッタ、キヨシロー!

Posted at 04:51 | 未分類 |
2009.05.02

ギターに新しい弦を張る

20090502205754
20090502205745
20090502205737
いつのまにか5月突入。思い返せば4月は変則的ではあったけどいろいろ唄う機会があった。

4月4日の渡さんの生誕会の翌日は、「泰山に遊ぶ」レコ発にゲストで呼んで頂き、泰山バックに二曲を昼間の月ミル君想フで唄う。真黒毛しか知らない私にとってはかなり貴重な体験。ともかく他のバンドは真面目に練習を重ねているんだなあと改めて感心、さらに寺尾ブッタ氏の采配も興味深かったです。久しぶりに「東京サンバ」を泰山アレンジで唄いました、バイオリン二本は気持ちいいなあ。

4月11日は大久保水族館で知人の結婚披露宴、真黒毛は久しぶりにドラムス金子君、ピアノとトロンボーンに黒毛和牛の鈴木さんと旧姓丸山さん、そしてベース相馬君とギター新郎ベック氏はステージがぶっつけ本番とかなり無謀でしたが皆さん上手かったので良い塩梅でした。この季節にしかあまり唄う気になれない「桜の木の下で」も歌わせた頂きました。

4月19日は北千住コズミックソウルで私の弾き語りに鈴木君のサックス&コーラス、香苗のグロッケン等という珍しい編成。全曲ギター弾きながら唄ったのでとてもとても大変だった。ここ最近、素晴らしき演奏者に支えられて唄うだけだったのだが、自分の拙いギターでリズムもコードも全てやらなければならないのだから、さすがに酔いどれてやるわけにはいかなかった。いや多少は呑んだけど。本番、唄っていて自分のギターのショボさに悲しくなってきたが、意外とお客さんには好評、ギターのチューニングが悪いことを除いては。たまにやったから新鮮だったこともあるけど、確かに小編成のほうが唄はダイレクトに届きやすい。

まあ、弾き語りをやればバンドで聴きたいと言われ、バンドでやれば弾き語りを聴きたいと言われたりもするのですが、自分としては数年前に左手中指を怪我してから、ギターで弾き語ることには積極的にはなれなかった。ここのところ大編成の面白さにも病みつきになっていたし。でも最近は指が曲がらないことにさすがに慣れつつあり、まあ今年は弾き語りも少しはやろうかと思ったりしてます、すぐにめげるかもしれないけど。

コズミックソウルでのギターがあまりにも酷かったので、先日やっとギターの弦を張り替えました。もう何年ぶりかさえも思い出せないです。はい

Posted at 20:58 | 未分類 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。