--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.07.30

梅雨明け宣言

20090730160146
20090730160144
20090730160141
冬の2月28日に新丸子のスタジオで真黒毛ぼっくすは10曲ほど川端くん機材で一発録音。3月にコーラスのみ三回ほどオーバーダブ。4月は川端夫妻アメリカ新婚旅行でお休み。5月に川端くんプリミックス。そして6月から私と川端くん二人で最終ミックスダウン突入。

日曜日のたびに新丸子の川端宅に通った。通った通った通った。茨城県から神奈川県まで片道二時間。午後一時過ぎからおもむろにミックスが始まる。と言ってもパソコンに格闘してる川端くんの横で私はワインを呑みながら勝手なことを言ってるだけだが。川端くんは休むことなく毎回8時間前後、パソコンに集中。最初の頃は娘も連れていったが、同じ曲を繰り返し再生する行為はかなり奇異に見えただろうな。子供の頃は音楽はただ音のかたまりにしか聴こえた、しかしそのかたまりはいろいろな音色と響きと匂いで構成されていたりする。6月には終わるだろうと思われたミックスは難航、7月にもつれこむ。やはりこの大編成、しかも一発録音、各マイクの音は被りまくり。まあしかし結果的には一発で良かったと思ってます、理由は長くなるので省略。

7月に入ってもなかなか出口は見えず、盛岡ツアーが終わったその足で川端亭に向かったりもした。そう、何故かミックスは土曜ではなくいつも日曜でした。終電近くに新丸子より取手を目指すあの倦怠感は忘れられないだろうなあ。今までのミックスは必ずメンバーとか他の方々に意見を伺ったりしたが今回はどっぷり二人だけ。もしかしたら二人でまったく違う迷い道に足を踏み入れたのかとも危惧したりして。まあでも日曜日ごとの作業だったのは幸いでした。1、2週間空くのでクールダウンできたから。それにしてもハルナさんの貴重な休日を何度奪ったことか、、、

そして長きミックスにも川端くんの粘り腰のおかげでついに終わりが見えてきた。もう何百回繰り返し聞いたことか、川端くんはおそらく私の倍以上だ、彼がこの先の人生でうなされないとよいのだが。。。季節は冬から一気に夏へ。とりあえず個人的には悔い無し。本日は久々の秋葉原ライブ、どか~んと行きたいものです

---
7/30(木) 秋葉原CLUB GOODMAN
"生活の音楽"18:00/18:30
¥2000/door¥2300 +1DRINK¥500
【出演】華村灰太郎、papalion、シャークニャークス、春風堂、真黒毛ぼっくす
出番ラスト9時過ぎ、前売り予約受付中
スポンサーサイト

Posted at 16:01 | 未分類 |
2009.07.25

祭りの季節

20090725002743
明日、参宮橋にて25分ほどアコースティック真黒毛ぼっくすで出演します。内藤マッチ君からのお誘いなのですが、彼から転送された企画内容を見て少々とまどってます。夏祭りと聞いてたのですが、生の伝道力と言われても何だかピンときません。『浴衣でおいでやす』のような緩やかなキャッチフレーズにして欲しいのに、ステージとパフォーマンスの相乗効果となると全身全霊のステージしないといけないのかな。まあマッチ君のお誘いなのできっと楽しいと思います、モザイクフリー梅村さんも出るようなのでよろしければお寄りください。また演奏参加希望者いましたら連絡ください。とりあえず明日は伝道師になるべく精進します。
--
参宮橋 TRANCE MISSION
2009.7.25(sat) CONCEPTUAL LIVE STAGE+ Vol.11
『 MATURI-祭り-MATURI 』
17:30開場 18:00開演 (持ち時間:ではけ込み30分)チケット¥2000(1ドリンク込み)
MC:イゴールのお部屋
折込・物販もできますので当日お持ちください。

CONCEPTUAL LIVE STAGE+ とは
 『生という伝道力』へのこだわりから生まれた 【 LIVE STAGE+ 】
この理念やスタイルはそのままに、空間そのものの持つ伝道力をも高めた
ステージそれこそが【CONCEPTUAL LIVE STAGE】 である。
CONCEPTUALな部分であるテーマ(その都度)にそったステージセットを
創りあげ、パフォーマンスとステージ世界観の相乗効果により『生という伝動力を
更に強めようという試みである。(今回のテーマは-祭り-)過去の CONCEPTUAL LIVE STAGE+写真はスライドショー内にございます。
御一見ください。(スライド写真は全部で40枚くらい)http://www.trance-mission.jp/main.html
17:30開場
18:00開演
18:10~18:25/武末
18:25~18:55/古宮夏希
18:55~19:25/梅村裕
19:25~19:55/真黒毛ぼっくす
20:05~20:35/アサダマオ
20:35~21:05/富澤陽介
※出演時間はあくまでも目安となります※
参宮橋TRANCE MISSION
東京都渋谷区代々木4-50-8参宮橋ゲストハウスB1
℡03-5825-4661 Fax03-5825-4662

Posted at 00:27 | 未分類 |
2009.07.20

はやて

20090720234640
20090720234638
金曜日、大久保のスタジオで練習。その前に時間が空いてたのでサックス原奈津子さんと韓国料理屋で初めてサシ呑み。25才になったばかりとのことで、そんなに若かったんだなあと改めて認識。来週フジロックに三日間、観戦に行くらしい。この暑い時に野外ロックンフェスに行く発想と体力がやはり若さなのだろう。

練習は今月30日の秋葉原グッドマンに向けて。ヨーロッパツアー帰りの岸田君が飄々とドラムスを叩く。初参加の女性トランペット戸次さんを加えてホーンのみ四管プラス岸田池上リズム隊という布陣で練習、思えば平均年齢はかなり若かったかも。練習後、鈴木大介氏に翌日の盛岡ツアー指定券を渡して別れる。計画的に動けない私が初めてとった指定券。

そして土曜日、6時に家を出て、7時20分発の新幹線「はやて」に乗る。全席指定なので乗るのは今回が初めて。盛岡までわずか二時間半とのこと。私が小学二年生の頃、東京から母親の故郷一関(盛岡より手前)に夏休みに行くのに1日がかりで電車に乗った記憶がある。その頃の座席指定はコンピューター化されておらず、確か指定券を買うのにも父親が半日くらい並んで買ってたと思う。便利なったとは言えやはり遠い盛岡。

結局、せっかく指定をとったにもかかわらず鈴木大介氏は徹夜で仕事が終わないとのことで間に合わず。一席空いたまま娘と二人での出発となる。

Posted at 23:46 | 未分類 |
2009.07.17

そして盛岡へ

20090717093359
漠然と行きたいと思ってたサイモン&ガーファンクル東京公演は終わっていたのですね。しかも追加公演は一昨日、武道館でやったらしい。東京ドームならともかく武道館は見たかったなあ。もうおそらく二度と見ることはできないだろうな。小学生の時、親戚の家のステレオで初めて聴いたゴールデンベスト二枚組。いまだにサイモン&ガーファンクルはついついCDで聴いてしまう、何故か。「ニューヨークの少年」が一番好きな曲かな。

昨夜、酔った勢いで「盛岡の唄」という曲を作ってみた。今朝、通勤中にその弾き語り音源を改めて聞いたらあまりの青い歌詞に恥ずかしくなる。18才から6年間過ごした盛岡は平凡な日々でしたがやはり青春だったのかもしれないので、ただただ訳もなく胸がいっぱいになるのです。

【真黒毛盛岡ツアー】
7/19
大通りサンビル前 13:30~約40分
遊食屋FUJI 21;00~約一時間

Posted at 09:34 | 未分類 |
2009.07.16

隅田川フォークフェスティバル

20090716015806
20090716015804
この日記を書き始めてからもう何週間もたってしまった。書きかけのまま放置、でもこれだけは書き留めておきたい。もう先月の話しである。

両国にフォークロアセンターというフォークの老舗のようなお店がある。1970年に始まり、あがた森魚さんはじめ有名無名の多くのフォークシンガー達がここで唄ってきた。じつは私も10年以上前に一度だけ出演したことがある。普通の家の二階のような佇まいで呑み屋やライブハウスとはまったく違う空間、ある意味ではセンターという名称は相応しいのかもしれない。

この度「隅田川フォークフェスティバル」という何とも魅惑的な名前のイベントがあることを知る。その主催がフォークロアセンターということで久々に連絡してみると、主の国崎さんは私のことを覚えていてくれて、今年の渡さん生誕会にも来てたとのこと。それで急遽、二曲ほど唄わせて頂けることになった。当日、両国に行ってみると会場はフォークロアセンターの向かいにある神社で素敵な佇まい。真黒毛は田久保さんと私のデュオというチェリッシュ形態、いや「しのろざ」だ。意識的にメロディが唄えない二人が果たしてハモれるのか。。。

まず最初にフォークロアセンターの一階で国崎さんが曲を解説して音楽を流すDJのような催しを神妙に聞く集いがあり、そのあと皆で神社に移動して演奏会。神社の中の畳の空間でPA無しの生演奏。時々、近所の人が神社にお参りに来るのだが、お賽銭入れて手を合わるその真正面にお客さんの背中、その向こうで演奏する人達が見える。参詣者はいったいどのように思っただろうか。

岡大介氏がトップで唄い、そのあと何人かが出演。休憩いれて後半、ついに真黒毛登場。おもむろにギターを弾き唄い始めた。フォークフェスティバルということで柄にもなくウッディーガスリーの曲。一番の三行目の唄メロディーで音程が上がるのだが、げげげ、声が出ない。思わず曲を止めてまた唄いなおす。こんどは無理に声を張り上げたが、げろげろげろ。やはり声が出ない。リハーサルでは唄えたのに本番では声が出ない!おおいに動揺、目の前が真っ暗になる。その時やっと気づいた。あ、カポをつけ忘れてたのだ、しかも5カポ。うひゃー、つまり7音も高く唄い始めてたのにまったく気づかなかったのだ、おそろしやおそろしや。しかしあまりの顛末に客席は笑い和んだのでよしとしよう。カポをつけたら無事唄えました、よかつた。いやあそれにしても焦ったなあ。二曲目は共演の岡君、ハニーバイキングに参加してもらってアリラン。神社に響く自分の声は心地よく、まあまあ良かったのではなかろうか。

終演後、フォークロアセンターの階下で打ち上げ。その緩かに流れる時間は貴重でした、また唄えて嬉しかったな。今年は第1回とのことでこれから続いて欲しいよ、隅田川フォークフェスティバル!

Posted at 01:58 | 未分類 |
2009.07.07

常磐七夕快速

20090707175927
何だか日記に書きとめたいことがいくつかあった気もしつつ、携帯に文字を打ちこむ気力がわかないまま日々は過ぎておりました。本日、久々に仕事で都心へ。帰りにすいこまれるように駅前の立ち呑み屋。千円セット、生ビール二杯と小鉢と焼き鳥二本。う~ん、お得感はイマイチだな、たまに寄る御徒町の立呑屋なら単品で頼んでも千円割りそう。などと他愛の無いことを酔った勢いで久々に携帯で打っております。常磐快速では熟睡できそう。


いやでも、思い返せばさっきの立呑屋は風鈴がいっぱで何故かサッチモのような音楽を流してたな。いやはや七夕ですか、いつのまにやら夏なんです。

Posted at 17:59 | 未分類 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。