--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.09.29

ひこうき

20090929223956
20090929223953
一昨日の日曜日、中川五郎さんと西荻窪呑み亭にてライヴ。岡大介君に教えられたこの店はほどよくひなびていて居心地が良い。もちろんマイクやアンプなどはない。五郎さんは27年前に高田渡さんとベロベロに酔っぱらって、まだ新しい呑み亭に来て以来とのこと。

先の出番の真黒毛は、遠藤さんと二人で演奏。彼女の場合、こちらからあまり指示しなくとも大丈夫なので助かる。右手にピアニカ、サックスの響きを感じながら唄う、なるほどデュオとはこんな感覚なのか。後半は西荻窪在住ボンゴ&マラカスの井上君が加わり三人で。井上君と一緒にやるのが久しぶりだしドラムス以外は初めて。五郎さんのように喋りが上手くないので、一時間近くをひたすら唄ってしまった、どうだったのだろうか。暖かな拍手を頂く。前日ライヴだと声が枯れることが多いが何とか大丈夫だったよ。特に生声ライヴは声が出ないときついからねえ。最後は井上君にギターまで弾いてもらい何とかステージを終える、ふー

休憩と主宰の末森さんの唄を挟んで中川五郎さん登場。初めて見るギターバンジョーを弾きながら新曲も交え相変わらずバワフル。途中のMCでHONZIさんの命日であったことを知る。そうか、もう二年なのか。

三年前、五郎さんを初めて酔いどれ東京企画にゲストで呼んだ時、私のリクエストもあり五郎さんはHONZIさんを連れてきてくれた。それが真黒毛にとってはHONZIさんと最初で最後の一緒のステージとなる。楽屋でワインを飲むHONZIさんはとても気さくで、闘病中とはとても思えなかった、また会えることを疑わなかった。その時のアンコール、五郎&HONZIさん二人だけのミスターボージャングル。素晴らしすぎた。そして呑み亭のアンコールもミスターボージャングル。五郎&遠藤さんに間違いだらけの私のギターも加わる。思わず「この曲だけはHONZIさんのように」と遠藤に言ってしまう。毎度のエーという顔の遠藤さん。そりゃあ困るよなあ、すいません。

そして呑み亭で一番印象に残ったのは、HONZIさんがソロでよく唄ってたというフィシュマンズの「ひこうき」を五郎さんがカバーしたこと。ずいぶん昔、デビュー前のフィシュマンズと市川でタイバンした時、確か最後に唄われたこの曲が強く強く印象に残った。その時の佐藤氏はかなり若かった、そして私もやはり若かった。巡り巡って五郎さんの唄で聴けるとは、泣けました。

いまもうかぶあの空を
二人して見てた
飛行機ぼんやりとんでって
二人して見上げていたのね



そしてもっともっと大事なことを私は忘れていたのだ。一昨日は母親の命日であった。嗚呼、何たる親不孝者。せめて仙台で一人暮らす父親に電話の一本もするべきだった。こんな馬鹿息子の酔いどれた唄を母親はどこかで聴いてくれたのだろうか。
スポンサーサイト

Posted at 22:39 | 未分類 |
2009.09.27

遠藤さん

20090927130023
20090927130021
昨日のヤーチャイカ企画は若者で超満員。真黒毛は21日の反動からか、私が練習で散々いろんなことを試したあげく本番で曲を変えてしまいました。多少なりとも若者達に爪痕を残せただろうか。結局、昨夜は上海呑み屋でうち上がり新宿に宿泊。うー

そして本日、早川義夫さんを真似たわけではないですが大槻&遠藤、西荻窪に初登場。いや、遠藤さんは早川さんの時とは違って頼みこんで渋々の参加ですがね。じつは娘も演奏に誘ったのだけどあっさりふられました、嗚呼。じつは遠藤さんと重ねたライヴ回数はかなり多くて、20年におよぶグダグダ真黒毛活動の中でもおそらく歴代三位くらいになってるのではなかろうか。最近、かなりの人気者で多くのバンドに参加しつつも、いまだに真黒毛に付き合って頂けるのは有り難いことです。やはり彼女の唄に対するセンスは抜群だと改めて思います。かなり不思議な方ですが。「大槻さんは私のことなんか気にせず自由に好きなようにやればいいんですよ」と言いながら、必ずチクリとこちらが非常に気にするようなことをボヤク。まあこのぼやきがあるうちは大丈夫かと勝手に思ってますが。ちなみに私は「えんちゃん」と呼ぶことが最初から苦手で「遠藤」もしくは「遠藤さん」と呼んでいる。

と言うわけで、せっかく遠藤とデュオのはずなのに井上あっぱれ君もパーカッションで誘ってしまいました。でも井上君とはかなり久しぶりなので、すごい楽しみです。打倒、中川五郎さん!いやはや、おそれ多いことです。本日の4時、飲み屋で唄います、よろしければ
---
9/27(日)西荻窪呑み亭
15:30/16:00
2000(+ドリンクオーダー)
出演:中川五郎、真黒毛ぼっくす

Posted at 13:00 | 未分類 |
2009.09.25

彼岸まで

20090925113922
彼岸も終わり週末ライヴが目前である。しかしながら月曜のショーボートで頭がいっぱいだった上にちょっとしたトラブルもあり、ほとんど何も準備ができていない。まあでも、こういう時に限って良いステージができたりするのです、、、

なーんてね。土曜日のみ前売り予約受付中です。

9/26(土)新宿モーション
ヤーチャイカ企画
「自閉帝国!」
18:00/18:30
前2000円/当2300円
(+1d500円、ビール呑み放題1000円、カクテルも呑み放題1500円)
出演:ヤーチャイカ、オワリカラ、俺はこんなもんじゃない、真黒毛ぼっくす、池田社長
※真黒毛は7時ジャストに演奏予定

9/27(日)西荻窪呑み亭
15:30/16:00
2000(+ドリンクオーダー)
出演:中川五郎、真黒毛ぼっくす

Posted at 11:39 | 未分類 |
2009.09.23

晩夏

20090923143654
レコ発、終わりました。危機感を抱いてた集客も大勢の方が来て頂き嬉しかったです。ご来場の皆様、ゲストのシバさん、五郎さん、岡君、三輪君、ハニバイのお二人、ありがとうございました。そして真黒毛演奏者、スタッフの皆様、お疲れさまでした。

まあ言い訳になってしまうのですが、長らくやってなかったハコなので音響関係がちょっと難しいところもありました。ステージについても終演後、いろんな方からいろいろ指摘されてやや反省モード。お客さんが多い時に限って反省の多いのは何故かな。そしてニューアルバムについても、ある問題が発生して昨夜急遽ミーティング。いろいろあります、いろいろ。でもあまり落ち込まずに次に行かなければ。もうライブは目の前だよ。

まあでも、今日一日は脱け殻でぼーっとしていよう。夏が終わってしまうのだから。

Posted at 14:36 | 未分類 |
2009.09.21

本日、レコ発ライブです

20090921123826
20090921123824
20090921123821
じつはアルバム発売記念ライブは8月21日の予定で月見ルをブッキングしてた。当初はもっと早く発売を考えていたが、余裕を見て8月に設定した。ところがミックスに予想以上の時間がかかってしまい、さらに印刷データーを初めて自分で作製しようと思いつつも慣れないイラストレーターになかなか取り組めなかった。なので7月後半は8月21日のレコ発をどうするかで一人悶々と水面下で調整してた。もし延期した場合、ブッキング的には秋以降になってしまう、まず多忙なドラムス岸田くんの日程に合わせるのは至難の技だ。さらに他のメンバーのスケジュール合わせ。レコ発でなければ都合のよいメンバーだけでライブをやるが、腐ってもレコ発売!(いや別に腐ってはいないが)。何とかベストメンバーでやりたい。とりあえず9月でもう夜ブッキングは無理だろうから休日昼間空きのハコを探した、がどこもいっぱい。その中で、高円寺ショーボートにたまたま電話したら「9月21日、夜企画キャンセルで空きましたよ」とのこと。おー。しかし岸田君ライブ予定は当然あり、だが、よーくよーく見ると岸田君ライブ予定も高円寺ではないか。むむ、ダブルヘ
ッダーいけるかな?しかし岸田君より「せっかくのレコ発なのでダブルは避けたい、何も焦って9月にやらなくても11月でもいいのでは」と正論を提言される。しかし私はまだ暑いうちにやりたかったのです、先に伸びれば伸びるほど気持ちが醒めてしまうし。あの2月の一発録音、川端君とミックスで缶詰めになった感触がまだ残っているうちに発売したかったし、解放されたかった。と言うわけで岸田君にはご無理を言い9月21日に決行となったのです。すいません、私のモチベーションが真黒毛なのでお許しください。

本日、高円寺です。ぶらりとお寄りください。
----
お待た6年、真黒毛音盤発売の祝宴!

9/21 高円寺ショーボート
~酔いどれ東京ダンスミュジック総決算~
17:00/18:00  前売2000円/当日2300円(各+1D)
【出演】真黒毛ぼっくす
【ゲスト】シバ/ 中川五郎/三輪二郎/岡大介/ハニーバイキング他

Posted at 12:38 | 未分類 |
2009.09.21

娘のサマーウォオーズ

20090921014625
20090921014622
20090921014620
一昨日、娘の小学校の運動会が無事行われた。出番が4番目なのでゆっくり行けばいいやと思ってたら、「次は4年生の綱引きです」との放送が聞こえ(近いので放送が聞こえるのだ)あわてて自転車で向かうも着いたら終わったところだった、あらあ。

昼食の後は例年、鼓笛隊。やはりこの集団行進合奏は感動するねえ。娘は鼓笛隊を志望するはずだったが、勘違いでオーディションを受けられずバトン部に所属している。しかし4年生は出番は無いらしい、残念。午後の部、3、4年生の花笠音頭。娘は一番前の真ん中、つまり校長や来賓の正面でかなり流暢に踊っていた。

驚いたことに何かの競技で山下達郎の「ネオ東京ラプソディ」が流れたこと。じつは最近、家でよくこれを聴いていたが、まさか小学校の運動会で流れるとは。シンセのリフの中で走る子供たちは映画のシーンにも見えた。まあ小学生はそれどころじゃないだろうけど。私は運動は苦手だったので運動会が楽しかったなんて記憶は無い。

お盆に仙台に帰省した時、暇だから映画館に娘を連れて行った。何の映画を見るか目的が無いまま行ったので、とりあえず全然知らなかった「サマーウォーズ」を見た。アニメだから娘もそれなりに楽しめるだろうと思って見たのだが、私の方が感動して泣かされた。ラストの曲が山下達郎だった。達郎は私にとってはちょっと濃すぎるので、アルバムで続けて聴く気にはなれないが、ふろしたところで1曲だけ聴くとぐっときますな。特にセンチな歌詞はかなり秀逸だと思ってます。

とりあえず娘の運動会が雨で順延になるという最悪のシナリオは避けられました。なので明日は秋晴れでなくても大丈夫。
---
9/21 高円寺ショーボート
~酔いどれ東京ダンスミュジック総決算~
17:00/18:00  前売2000円/当日2300円(各+1D)
【出演】真黒毛ぼっくす
【ゲスト】シバ/ 中川五郎/三輪二郎/岡大介/ハニーバイキング他

Posted at 01:46 | 未分類 |
2009.09.17

クライマーズ・ハイ!

20090917122318
真黒毛ぼっくすのニューアルバムが一昨日、段ボール数箱どどどど~んと届いた。とりあえず音源作成としては、ここに完結したことになる。関係者の皆様、お疲れ様でした。

前作の「ジャマイカ国分寺」から6年、音楽の流通形態は激変。新譜も旧譜もネット配信され、曲は携帯で気軽にダウンロードされている。思えばファーストアルバム「白痴」の時はレコードからCDへの移行時で、どちらで作るか悩んだりして。自主製作はまだまだレコード盤が多かったけど今思えばCDにしてよかったな。アナログからデジタルへの移行とは言え、CD化はジャケットサイズが小さくなっただけととらえることもできる。しかし今は最早、形なき得体の知れないものへと変容しつつあるのだ。おそろしや、おそろしや

まあ、しかし世代ですかねえ、CDアルバムのような形にならないと作った感が得られないといか、達成感が無いのですよ。売れるかどうかも分からず大量プレストしてしまうのはやはりリスクが伴うわけで、安くなったとはいえコストもかかるのです。しかも過去の真黒毛CD在庫の山に、さらに今回の納品で高く積み上げてしまいました。まあでも売らなきゃねえ、山崩れがおきる前に
----
お待た6年、真黒毛音盤発売の祝宴!

9/21 高円寺ショーボート
~酔いどれ東京ダンスミュジック総決算~
17:00/18:00  前売2000円/当日2300円(各+1D)
【出演】真黒毛ぼっくす
【ゲスト】シバ/ 中川五郎/三輪二郎/岡大介/ハニーバイキング他

ショーボート03-3337-5745
http://www.showboat.co.jp/

Posted at 12:23 | 未分類 |
2009.09.14

港のロキシー

20090914012948
20090914012945
本日、二日酔い。午前中、所用ありフラフラで上京。昼過ぎに用事が終わるも、夜に練習があるので一度帰るのも大変なので高円寺に向かう。9月21日の真黒毛レコ発ライヴのチラシを貼ろうと思ったが、あまり貼れそうな店も見当たらず、暑いなか歩き回りヘトヘト。今さらチラシを貼ったところで誰もこれを見てライヴに足を運んでくれるものか、と思考はネガディブに。一人、屋外呑み屋でビールと焼酎、迎え酒のはずが気持ち悪くなり、駅のトイレで吐く。なにもそこまでして呑まなくてもとまた自己嫌悪。

最近、あがた森魚さんの「港のロキシー」と陽水の「少年時代」をよく聞いている。まさに夏の終わりの心情にぴったり。そういえば、あがたさんは昨日、誕生日だったそうな。

高円寺のバルスタジオを通る。あがたさんと初めてリハーサルしたのがこの場所。昨日のことのように興奮と緊張が蘇る。あの日から、酔いどれ東京ダンスミュジックは始まり、今回ひとつの終焉を迎える。まあ終わりはいつだって淋しいねえ、すべては通過点だとしても。港のロキシー、歌詞はちょとうろ覚えだけど二番が好きです

夏の終わる頃が近づいてくると
映画で遊んだ友達も帰るだろう
夏雲は映画館の屋根の上から
秋風のプラットホームへと手をふりながら

Posted at 01:29 | 未分類 |
2009.09.10

トップオブ座ワールド

20090910233058
先日、娘の誕生日でシャンパンを呑み心地よく酔う。バースデーに相応しい音楽は何かと考え、カーペンターズのベストCDを流す私。ふむふむ、トップオブザワールドはやはり名曲ですな。

中学の頃、カーペンターズは凄まじい人気であったが、当時は甘いポップスと軽く見ていたかもしれない。しかし近年、私の胸を強く震わせる。カレンの翳り成分を含んだ揺るぎないボーカル、そしてリチャードの手堅く見えて遊び心あふれる大胆なポップアレンジ。その深さは中学の時には分からなんだかも。やはりピンクフロイドのほうが遥かに先進的な音楽と思っていたのかな、いやまあ、もちろん狂気は名盤ですよ。

今年の夏の寿町フリーコンサートで忘れられないシーンがあった。演奏が終わって近くの店で呑んでいるうちに、常連と思われるお客さんに店の奥のカラオケに案内され、なぜか真黒毛数名は寿町フリーコンサート開催中にカラオケを唄っていたりした。コーラス田久保さんとサックス原さんが水をえた魚のように唄いだし、まあ田久保さんはもちろん歌謡曲バッチリでしたが、原さんが松田聖子を堂々と唄う姿に驚かされた。何とも不可思議な時間が流れゆき、まあ最後に何を唄うかということで、原さんはカーペンターズのトップオブザワールドを英語で歌詞を見ないで唄い上げたのである。しかもサビのところからピアノ伴瀬氏がやはり英語で完璧なるハモで参入してきたのだ。いやあ、あのハーモニーは気持ちよくも、あんた達はいったい何者?、と言うくらい私にとっては衝撃的なシーンであった。いまだにそのデュオ姿とトップオブザワールドの旋律が脳裏から離れない。

と言うわけで娘はこのたびめでたく10歳になったのです。有難いことです。そしてテンイヤーズアフターは二十歳ですよ。いやはや、アルビン、リー!

Posted at 23:31 | 未分類 |
2009.09.09

六年ぶり

20090909232635
20090909232633
20090909232630
六年たった。つまり真黒毛が前作「ジャマイカ国分寺」のアルバムを作成してからの年月である。入学した小学生はすでに六年だよ。時の流れはおそるべしです。今年こそは、今年こそはレコーディングしようと毎年思っていたのですが、まあ2009年は何とか実現しそうです。

今回のアルバムは今までで一番短い録音時間だった、でも発売まではちょっとかかってしまったかな。思えば若き十代に北陸で真黒毛ファーストアルバム「白痴」を購入して聴いてしまった川端君が、今回のレコーディングからマスタリングまですべてやってくれたのだから不思議だよねえ。「白痴」は当時のインディーズブームで今よりは多少は出回ったかもしれないが、それでも何百枚の世界だから、よく川端君はゲットしたものですな。確かNHKのヤングバトルというコンテストで真黒毛の「クレイジーピンク」という曲の映像がBSでちょっと流れたのが、川端君が「白痴」を入手するきっかけと聞いたような。

お恥ずかしながら当時、20代だった私は、「クレイジーピンク」を世に出せば絶対に支持されるはず、と意味の無い確信をしていた。でも結局は何もおこらず部屋は在庫の山。そのあとも何枚かアルバムを作っては他愛もない夢と期待を描き泡と消えることを繰り返す。部屋には在庫の山が崩れあふれだす始末。さすがに今は新作を出すことによって何かを望むということがほとんどなくなってしまった、嗚呼。少年よ大志を抱け!

「白痴」の二年後に出したアルバム「月の散歩道」は、全体的に穏やかな作品と言うこともあり、わりと自分でも冷静に聴くことができる、まあ滅多に聴かないけど。しかしいまだに「白痴」はまっとうに聴くことができませんな。ある種の思いだけが先走ってアレンジもレコーディングも分からぬまま無理やり形にしてしまったその拙さと若さは、あまりにも恥ずかく、そして少し眩しくもあるのです。

今、この文を書いていてふと思ったのは、今回の新作はもしかしたら「白痴」の発展形の作品ではなかろうかということ。いやいや、あまりにも安易な日記的結論でスイマセン。まあでもこれを仮説とすれば、6年はおろか18年ぶりですよ。トップオブザワールドへの道はまだまだこれからですなあ、ふー
----
お待た6年、真黒毛音盤発売の祝宴!

9/21 高円寺ショーボート
~酔いどれ東京ダンスミュジック総決算~
17:00/18:00  前売2000円/当日2300円(各+1D)
【出演】真黒毛ぼっくす
【ゲスト】シバ/ 中川五郎/三輪二郎/岡大介/ハニーバイキング

Posted at 23:26 | 未分類 |
2009.09.03

サーフィン寿町

20090903232414
20090903232412
20090903232409
じつは、寿町フリーコンサートにもしも出演できたら、真黒毛のオリジナル曲「サーフィン高円寺」を「サーフィン寿町」に代えて唄おう、と永らく思っていた。いやまあ、お恥ずかしながら、寿町のステージでサーフィン寿町を唄うシーンを今まで何度、頭の中で夢想したことか。もう客はねっきょうに踊り狂っていてね、夢の中では。それがこのたび実現してしまったのだから、ささやかな夢とは言え幸せなことですよ。

実際、サーフィン寿町を唄っていた時が一番楽しかったかも。夢想の中ほどお客さんは踊り狂ってなかったけど(当たり前か)、皆が良い感じで揺れてたのが体感できました。実際、お客さんはいっぱいいたし、真夏の野外のせいか、皆の表情があまりにもくっきり見えて鮮烈な時間だったなあ。笑顔でステージを見上げてる人が多くて嬉しかった。そして演奏陣もやはり高揚しながらも強力なグルーブでした。野外だと音が散るので、今回のサマーセットはともかく太くシンプルにを心がけたつもり。いや、演奏者にその思い伝わっていたかどうかはわかりませんが、実際の演奏はかなり感動的でした。

終演後、呑んで呑んで、なぜかカラオケ、また呑んで気づいら終電寝過ごして。まあでも、それでいいのだ。真夏の夜の夢なのだから

Posted at 23:24 | 未分類 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。