--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.02.26

国立マイルス


一ヶ月前にかけこみ亭で泊まった翌日、国立のサックス山田宅にお邪魔した。ワインを呑みながらいろんな音楽を聴く。何気なくマイルスのCDが置いてあったのでリクエスト。クールでゆったりしたグルーヴが部屋中を包み込みワインがすすむすすむ。二日酔いから醒めながら呑む昼下がりの心情に染み込むトランペット。思わず「海に沈んだような響きだねえ」と言ったら、「沖縄に暫く住んでた時、毎日聴いてたよ」山田氏がかつてマイルスに心酔してたことを知る。

その音源が名盤中の名盤と言われている「カインドオブブルー」だと後で知りました。明日、国立行きます。
---
■2/27(土) 国立 地球屋
19:00/20:00頃 ¥1000 + order
【出演】
・花&フェノミナン
・真黒毛ぼっくすwith ギター河村博司(ソウルフラワーモノノケサミット)

スポンサーサイト

Posted at 17:53 | 未分類 |
2010.02.24

虹と雪のバラッド


オリンピックはいつの間にか始まり終わっているのが常である。まあそれでも夜のニュースでわりと見てるほうかも今回は。先の土曜日、たまたま初めてカーリングの試合を見たが、まあ見ると面白いのだね。どの競技も尋常ではない技術と強靭な精神力、いやはや凄いことです。

すでに就職してた長野オリンピックはあまり印象に残ってないが、小学校の教室で見た札幌オリンピックのジャンプメダル独占はいまだに印象深い。いや実際に見たのは教室ではなかったかもしれないが、もうどうでもいいことで、あの薄暗い教室で白黒テレビのはずだが記憶はカラーにすり変わり、いまだに映像と一緒にトワエモワの「虹と雪のバラード」が頭をよぎるのである。

長らく寒い日々が続いていたが、この陽気はどうしたことか。そして再び河村さんを迎えてのライブが迫っている
---
■2/27(土) 国立 地球屋
19:00/20:00頃 ¥1000 + order
【出演】
・花&フェノミナン
・真黒毛ぼっくすwith ギター河村博司(ソウルフラワーモノノケサミット)

地球屋 042-572-5851
http://www.chikyuya.info/

Posted at 18:55 | 未分類 |
2010.02.10

満月の夕

100207_1821~01.jpg
100207_2215~01.jpg
一昨日、吉祥寺スタパにてソウルフラワーモノノケサミット体感。寿町もしくは上野水上音楽堂以来、かなり久しぶり。思えば屋内で見たのは初めてだ。なんかもう圧倒的に楽しかった、お客さんも超満員。ステージフロントセンターに中川氏、両サイドに伊丹さんと内海さん。もうこれでOKでしょうという感じ。伊丹さんは相変わらず華があり、かつて新宿ロフトにてメスカリンドライブでギターを弾いてた頃から変わってないねえ。内海さんはメスカリン時代とはちょっと印象が変わった気がするけど今の感じが好きです。

モノノケには初めて見るメンバーも参加してたけど、やはりアコーディオンには奥野氏、クラリネットには大熊さん(何とソロボーカルも聴けました)、そしてベースはもちろん河村さん。初めてベースに注目してモノノケを見た、ちょうど見てた場所から河村さんがよく見えたこともあったし。ドラムが無いモノノケではベースが全体のリズムを支えていました。民謡調の曲とか、じつはベースのニュアンスかなり難しいはずだけど、河村さんは軽やかにドライブしてましたねえ、さすがでした。ともかくライブハウスだったせいもあるけど、改めてモノノケの鉄壁なアンサンブルと言うか底力を目の当たりした気がします。日曜日に遠出した甲斐がありました。

終演後、今年初めてドラムス岸田君と会う。心配してた怪我の足は、まだびっこを引いてたけど復調に向かってるようです。そして今月の27日、再びギター河村さん、ドラムス岸田君で真黒毛ライブやります。いやあ、楽しみですなあ

Posted at 00:07 | 未分類 |
2010.02.08

武蔵野線

100130_1220~01.jpg
100130_2145~01.jpg
かけこみ亭ライブからもう一週間以上過ぎてしまった。

去年の秋、初めてか谷保にあるけこみ亭に向かう時も胸いっぱいになったが、今回も冬晴れで泣けました。取手から柏で乗り換え新松戸から武蔵野線で約一時間揺られる、この荒涼とした武蔵野線の風景が良いのです。終点、府中本町、懐かしい。それから南武線。乗り継ぐたびに缶ビール、缶チューハイ、缶芋焼酎。まさしくツアーです。

昼過ぎより、かけこみ亭を借りて練習。今回は去年の11月ムーンストンプメンバーに遠藤さんが加わる編成。やはりアコーディオンの音が欲しくて今回は遠藤さんにかなりアコーディオン弾いてもらいました。練習での真黒毛素編成は晴らしいバランスで唄っていて楽しかった。ただ当日の練習は効率的なんだけど、その日の演奏ピークが練習で来てしまうことがあるので難しいところです。練習が終わってすぐに近くの居酒屋へ。練習した達成感でついつい呑む、しかも村上律さんも合流してさらに酒が進む。本番前に打ち上げ状態となる。

演奏トップは初めて見るウランアゲル。ホーン隊がいっぱい、ダブルドラム。総勢20名近くいたのだろうか。素晴らき旋律と響き、羨ましい。そして村上律さんソロ。選曲がツボでしたねえ、あとから聞いたら主宰の末森さんのリクエスト曲をほとんど唄ってくれたらしい。酒がさらに進む。なのでじつは真黒毛のステージは断片的にしか覚えていない。

案の定、かけこみ亭に宿泊。翌日はウランアゲルのやまちゃん宅で飲酒。帰路、ツアーの終わりは寂しい。さすがに記憶がないことが不安で帰宅してからすぐに録音を確認。酔いのわりには意外にも唄は最後のちょい前までは集中してました。しかしMCはただの酔いどれでもう自分で聴いてられなかったです、すいません。

幸せなことに村上律さんが真黒毛に全曲参加してくれました。素晴らしきラップスティール、まさにいぶし銀。

Posted at 20:50 | 未分類 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。