--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.04.30

明日に架ける橋




黄金週間突入。先週の土日は立川、上野と野外ライブ2連チャン。土曜の多摩川河川敷では中央線ヒッピー風の若者が多かったが、日曜の上野公園は一転して家族連ればかり。両日とも多くの方に見て頂けた気がする。いやあ、野外はやはり無茶苦茶楽しいですなあ。それにしても野外は天気が全てなのだけど、前日までの冷たい雨、そして今週も雨だったことを考えると土日は奇跡的な晴れ間でしたよ。謝々

明日、久しぶりの月見ルライブです。酔いどれ東京の発信地、楽しみですな。
----
5/1(土)月見ル君想フ
17:30 /18:00  前売 \2,000 当日\2,500(+1D)
【出演】
真黒毛ぼっくす/あまみのユキへぃ/BEN(BEN&THE GROOVE)/
bananafish/chanmicca/寺尾ブッタ

*真黒毛はトリで21時頃の出演予定です

月ミル 03-5474-8137
http://www.moonromantic.com/




スポンサーサイト

Posted at 22:11 | 未分類 |
2010.04.24

多摩リバー


暑さ寒さも彼岸までのはずなのに、いまだに激しく三寒四温。冬の寒い日は会社帰りに温かいワンカップをついつい買っていた。そして昨夜も買ってしまったよ、もう4月後半だというのに。ちなみにわりと希有なホットワンカップを売っている常磐線の駅だけは熟知しているのだ。

現政権の支持率が危険水域まで下がったと連日ニュースキャスターが言っている。おそらく問題は山積みなのだろうが、待望の政権交代をしたのだから起死回生の派手な一発が無くても地味に頑張ってほしいものです。

そして今朝、昨日までの冷たい雨は上がり奇跡的な青空。すばらしい。平日出勤の時間に電車に乗り目指すは多摩川。真黒毛は総勢10名でのぞむつもりですが、時間が早いので遅刻者がいないとよいけど。ご近所の方は散歩がてらおよりください。フリーコンサート、すなわち無料です。
---
「Live Under The bridge ライブ・アンダー・ザ・ブリッジ∞ 多摩リバー!」
多摩川 立日橋下(日野側)にて
最寄り駅「多摩都市モノレール 『柴崎体育館駅』」下車徒歩10分
(モノレールの通る道を南下。立日橋ヲ、ソノママ南二渡リ土手ヲ降リテ橋ノ下ヲ河二向カウトソコガ会場

10:00~10:40 花&フェノミナン
10:40~11:20 真黒毛ぼっくす
11:20~12:00 ヨシキ (TURTLE ISLAND from愛知)
12:00~12:40 耳PRO (from京都)
12:40~13:20 INNER TERRESTRIALS (from UK/short set)
13:20~14:00 EYEFITS
14:00~14:40 KORA KORA
14:40~15:20 DAYBREAK
15:20~16:00 URAN A GEL
16:00~16:40 THE HAPPENING
16:40~17:20 ESCARRES  (from France)
17:20~18:00 GU GUAI XING QIU  (from France.China)

火山灰の影響で来日できなかったバンドがあるとの情報です


Posted at 08:20 | 未分類 |
2010.04.14

僕の幸せ




長かった風邪もようやく抜けたようだ。やはりね、お酒がイマイチ美味しくないんだよね体調不良の時は。でも呑んでしまうけど、やはり量は少なめだったかな。酒が美味しく呑めるのは幸せなことなのです

何とも悔やまれるのは、風邪で喉が辛かった時期に渡辺勝さんとのかけこみ亭ライヴがあったこと。何とかしようともがいたが結局、駄目だった。特に音程の高めのところが。まあ、ボーカルとして言い訳無用ではあるのですが。もしもディランがZepp東京で声が調子悪かったら大騒動である。いや逆に新たな伝説になったりして。少なくとも奥田民生が武道館で風邪で声が枯れてたらやはりヤバイだろう。いやいや、武道館と比較するのも何ですが、、、

かけこみ亭では、アンコールの拍手でステージに出たは良いが、途方に暮れる私。つまり声が出ないボーカリストほどの役たたずはいのだ。幸いにも客席から「僕の幸せ」のリクエストがあり、勝さんが唄い始めた。私は横で震えながらも鈴木慶一みたいなコーラスを試みたが、枯れ果てた喉からはうめき声しかでず、あー、うー、ひー

勝さんの喉はあの夜も強靭でした。


Posted at 21:23 | 未分類 |
2010.04.10

すみだ川アートプロジェクト



寒かったせいか、何と桜が散りませんでした。二週続けてのお花見はまたしても隅田公園。末森樹君の押しかけゲストで数曲唄います。無料のようなのでよろしければ花見がてらお寄りください。出番は夕方5時半過ぎとのこと。
---
4月10日(土) 15時00分-20時00分 (開場:14時30分)
14:30 open
15:00- 隅田川お花見ツアー (所要時間:約1時間)
16:30- 「すみだ川アートプロジェクト」の紹介
17:00- 『Oh! Hanami pARTy』
☆SRAP参加アーティストによるLIVEは必見!!!!
20:00 close
●会場 アサヒ・アートスクエア http://arts-npo.org/aas/map.htm
(東京都墨田区吾妻橋1-23-1スーパードライホール4階
※お花見ツアーに参加される方は、14時50分までに、アサヒ・アートスクエアにお集ま
りください。また、ツアーへの途中合流も可能ですが、現在位置をご案内しますので、
一度、アサヒ・アートスクエアにお立ち寄りください。
●入場料 無料(ワンドリンクオーダー制/出来る限り事前予約してください)
●LIVE 岩井優、遠藤一郎、DJ fumit-0、末森樹、FRATENN、U-zhaan(ASA-CHANG &
巡礼)×53235 (KD69)×植野隆司(テニスコーツ) ほか





Posted at 14:14 | 未分類 |
2010.04.08

桜の木の下で




毎年、満開の桜に出会う機会は千載一遇。

日曜日、曇天で寒かったが、隅田公園の桜は満開で美しかった。前日、不特定多数に花見メール。急な連絡で集った数名も千載一遇。ヤマケンがガスセットをもってきてくれたので、すべての酒を温める、ありがたや。増田さんは着物姿で花見気分に拍車がかかる。さらに湯治君はポータブルスピーカーでニールヤングを流してくれるではないか、至福の時。今にも降りそうな空だったが、幸いにも日没まで雨は降らず。何故、桜の花にだけに酔うのか分からないが、今年の桜も胸を疼かせるのでありました。桜の木の下で

多くの方が携帯カメラを虚空に向けていたので不思議に思ってたら、その先にスカイツリーがありました。何と、ここだったのかあ、、


Posted at 21:33 | 未分類 |
2010.04.04

ディランが街にやってきた


去年暮れ、ディラン来日の報に色めきだったが、如何せん前売りチケットを買うことが苦手で億劫な私は、あれよあれよと思う間に売り切れ。今回のディランは見送りかなあと諦めてたのだが、直前に知人より余りチケットがあるとの知らせで幸いにもディランをまた目撃することができた。

一週間前の日曜日、Zepp東京へ。たどり着くまで寒さのため熱燗を呑んでしまう。ディランは噂どおりキーボードを弾きながら唄っていたが、なぜか違和感はなかった。予想以上に力強い声に興奮、何よりもディランは圧倒的にイカしてた。しかしながら満員でスタンディングの環境に徐々に疲労。酔いのせいか睡魔がふいにおそってきては前の人に何度もぶつかる。朦朧としながらもディランの声だけが念仏のように脳天に響きわたり白日夢のごとし。

突然、スネア一発!起死回生のライクアローリングストーンがファンファーレの如く高らかに鳴り響く。霧は晴れスガヤカナ風が吹き始める。どんな気分だい?え、どんな気分だい?ディランが何度も執拗に問いかけてくるが、答える術もなく、情けなき拳を突き上げる。

アンコールラストはまるで原型をとどめてないメロディーで唄われた「風に吹かれて」。一緒に行った知人は分からなかったらしい。しかし忠実に唄われるその歌詞が胸をえぐる。友よ答えは風に吹かれてるのだろうか。帰りのゆりかもめに揺られ、さっきまでのステージがまるで嘘だったようなつかみどころの無い気持ち。

そう、初めて見た生ディランはトムペッティをバックに従えての武道館、声と人の存在感に凄い衝撃を受ける。後れ馳せながらもやっと目撃した気分だったけど、それからもう四半世紀近くたっているのかあ。来日の度に出会うディランは毎回まるで印象が違う。まさに転がる石を体現してる希有なシンガーである。

ありがとうディラン、またどこかで会いたいよ。


Posted at 12:28 | 未分類 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。