--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.08.23

夏休み日記2「マジカル志村邸ツアー」




知人の志村氏の甲府の実家が広いと聞き、ではそこでライヴをやれないだろうか、と例によって呑んだ時の私の勝手な思いつきが今回の甲府ツアーとなった。6月に一度下見がてら遊びに行ったのだが、かつて工房だったその家の佇まいはあまりにも素晴らしく、避暑地の別荘の如き異空間。さらに昔はここで独創的な家具を作っていたという職人の志村父は魅力的な方だった。今回、入院中のための父不在はとても残念。

志村邸に機材を持ち込みセッティング。夏の黄昏れのバルコニーという状況だけでもう胸に迫るものあり、リハーサルですでに満喫。演奏は志村弟さんが集めてくれた友人を前に2ステージ。まあ初めてのことばかりでいろいろ難しい場面もありましたが、夢のような時間でした。

演奏中、蝉が私のすぐ後ろでジリジリとけたたましく鳴いていて、姿を探しても見つからなく不思議に思っていた。終演後、謎は判明。蝉は私の半袖シャツの袖に入っていたのだ。なるほど、うるさいわけだ。どうやってシャツに潜りこんだのかいまだに謎である。

スポンサーサイト

Posted at 17:40 | 未分類 |
2010.08.19

夏休み日記1「ほったらかしの湯」




一週間の夏休みはまたたくまに終わり、今週からまた通勤の日々。

夏休み初日の8月7日。知人の志村氏の甲府の実家へレンタカーで向かう。その途中、葡萄畑を抜けて久しぶりに「ほったらかしの湯」温泉に寄る。甲府盆地を一望、天気もよく遠くに富士山。

その後、志村氏の父をお見舞い。先月、出勤途中に交通事故にあい複雑骨折で入院中。全治三ヶ月とのこと。でも思ったよりもお元気でした。

「ほったらかしの湯」が素晴らしかったので、志村邸宿泊の翌朝、早起きして帰路にも寄った。脳裏に焼きついた絶景は、今年の夏の思い出を象徴するかもしれないです。


Posted at 15:00 | 未分類 |
2010.08.11

ロングバケーション


二泊の仙台帰省を終えて新幹線で戻り、再び夕刻に上野で娘と呑む。

勝手ながら、同僚がが逝ってしまったのが夏休みだったのは不幸中の幸いだった気がする。通常であれば翌日に急に職業で不在となるのは、あまりにも受け入れ難い現実。一週間の夏休みが終わって出勤してみたら、その人は来てない。あ、彼は休みを延長したらしいよ。誠に勝手ではあるが多少気持ちの整理ができる時間をもらったような。

ロングバケーション。とりあえず終わりなき夏に乾杯!


Posted at 18:52 | 未分類 |
2010.08.10

四万十リバー


夏休みである。サラリマンにとってはあまりにも貴重な8連休。

土日に楽しすぎた夢の甲府、南千住ツアーも終わり、今日は昼近くまで寝てしまう。仙台帰省の準備をして、どうにか家を出て、娘と上野駅についたのはすでに3時過ぎ。すぐに新幹線に乗ればいいのに上野の線路沿いの飲み屋に寄る。生ビール、マグロブツ、ハムカツ。至福の午後、焼酎おかわり。その時、会社の上司から携帯に電話。よほどのことがない限り休日に電話などないのでやや胸騒ぎ。いつもなら杞憂に終わるはずなのに、電話の内容は同僚の訃報。立川工場で入社以来の一年先輩、たまたま今は同じ部署、高専卒なので年は下でした。休みに実家の高知に帰省して四万十川で泳いでいて水死とのこと。あまりのことに娘の前で少し泣く。ネットでニュース見たら報道されていて、でもまるで実感がない。「会社の人が川で溺れて死んじゃった、その人から新婚旅行でバリに行くとき旅行カバン借りたんだよ」と言うと娘は「へー、父と母は新婚旅行でバリに行ったんだあ、すげー」あら、そういえば言ってなかったかな。そのあと焼酎もう一杯呑んでゲームセンターで遊んで新幹線、父親の待つ仙台へ。

人は生まれ人は死ぬ、でもやはり淋しい。心の準備もなく溺れ死んで苦しかっただろう、とても安らかになんか眠れないだろうけど、少しでも痛みが癒されて眠れますように。おやすみなさい


Posted at 01:22 | 未分類 |
2010.08.06

ノンアルコールビール




いつのまにやら8月突入。先週は足立の花火大会、新宿モーションライヴなど呑む機会が多かったような。

新宿モーションは若者バンドばかりで、若き岸田君さえジェネレーションギャップを感じると言ってた、となると私などはジェネレーション断絶か。同世代のギター杉本さんがいっしょだったのがありがたかった。久々に朝まで呑み、いや二軒目はほとんど寝てたらしいが。まあ、夏の一夜にふさわしかったのかも。ノンアルコールのドラムス岸田君が一晩中ハイテンションを持続してたのはさすがでした。

じつは最近、たまにノンアルコールビール呑んでいる。微妙ではあるが、ノンアルコールにしてはそれなりの満足度。ビールとは別物と知りながらも発泡酒に毎回落胆するほどの期待をかけないのが良いのかもしれない。ふぅ


Posted at 17:59 | 未分類 |
2010.08.05

2010年山谷夏祭りの案内文




今年も山谷夏祭りが千住の玉姫公園で行われる。去年に続き真黒毛は出演することになりました。二日目の二番目です。しかもトップは大熊ワタルさんのジンタラムータ!う~ん、嬉しいけどちょっとプレッシャー。

ホーン、鳴り物、踊り等の演奏参加希望者はお知らせください。山谷労働者福祉会館の向井さんからの案内文を下記転載します。写真は去年の夏祭り。演奏後の盆踊りが楽しみだ。
***********************************

直前になってしまいましたが、山谷夏祭りの案内を転載します。
ぜひお越しください。

日時:2010年8月7・8日(土・日曜)
   いずれも16:30~21:00
場所:玉姫公園 東京都台東区清川2-13-18
   (南千住駅より徒歩15分)

------------------------------------

 8月7~8日、山谷玉姫公園で恒例の夏祭りが開かれます。山谷はじめ野宿の
仲間をめぐる状況が日々変わるように、日々の闘い、そして夏祭りも変わってき
ました。今年はいつにもまして仲間自身の取り組みとして、また共に野宿の仲間
とともに闘ってきた人々との共同の試みとしてもたれます。ぜひ注目と参加を。
 以下はよびかけ文です。

・・・・
今年も夏祭りの季節がやってきました。未曾有の経済危機といわれて久しい現在、ますます多くの人々が職を失い、住まいを失い、厳しい困窮状態に陥っています。また、公園や河川敷からの野宿の仲間の追い出し、外国人への差別むきだしのバッシングなど、排除と排斥の嵐も吹き荒れています。スカイツリーが高さを増していくその足元では、隅田川両岸・竪川・錦糸公園・浅草界隈などで、立て続けに排除の攻撃がかけられており、抗する仲間の闘いが続いています。
しかし、人々を搾取し、競争させ、使い捨て、そして排除する社会の構造は、今に始まったものではありません。山谷に集う仲間たちはじめ多くの人々が、それを自分自身の歴史として知っています。そしてそれで終わりではないことを、闘いながら生き抜くたくましさを、仲間と支え合って生きる喜びを、その身に刻みこんできました。誰かがどんなに私たちを分断し、社会のどこか見えないところへ追いやろうとも、私たちは共に立ち、出会い、私たちを抑圧するあらゆるものに対して、共に立ち向かっていきたいと強く願っています。最高の夏祭りへ!ぜひ足をお運び下さい。いざ酔わん!そして連帯を!抵抗を!

●夏祭り当日のスケジュール
11:00 山谷労働者福祉会館にて打ち合わせ→玉姫公園へ搬入、設営(8/7のみ)
2:30 玉姫公園での打ち合わせ
4:30 夏祭り開始、共同炊事
5:30 追悼、挨拶、乾杯
6:45~8:15 【8/7(土)・一日目】 ステージ演奏(Swing MASA,豊山鳴物隊)
5:45~8:15 【8/8(日)・二日目】 ステージ演奏(ジンタらムータ、真黒毛ぼっくす、岡大介、遠峰あこ)
8:15 盆踊り
8:55 終了

●会場:山谷玉姫公園 東京都台東区清川2-13-18
(最寄り駅:南千住駅?JR,つくばエキスプレス,日比谷線?)

2010山谷夏祭り実行委員会
連絡先:山谷労働者福祉会館
〒111 東京都台東区日本堤 1-25-11
電話・FAX 03-3876-7073
電子メール san-ya@sanpal.co.jp
http://www.jca.apc.org/nojukusha/san-ya/
http://san-ya.at.webry.info/

●カンパも募っています。よろしくお願いします。
郵便振替口座:00190-3-550132 山谷労働者福祉会館運営委員会

--



Posted at 17:51 | 未分類 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。