--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.05.24

デキソコナイの行進


やるべきことほとんどやれないまま、ためらわずに日々が過ぎていく、もう九州は梅雨入りだとか。とりあえずビールだけは毎日呑んでます、他の事は別にやらなくても良いことなのかも。いやいや、、

今週よりiPodシャッフルで石川さん曲を聴きながら通勤してます。毎回、新しい発見があって刺激されますな。いずれにせよ一緒にステージに立てるのは幸せなことです。今までの中でもベストライヴになるとよいけど
-----
5/29(日)秋葉原グッドマン
開演/18:00 開場/18:30
前/\2,500 当/\2,800
【出演】Happle (ex:いなかやろう)/ 石川浩司 &真黒毛ぼっくす /倉地久美夫 / 日比谷カタン
*石川さんの出番はトリ21時頃の予定です

グッドマン 03-3862-9010
http://clubgoodman.com/


スポンサーサイト

Posted at 22:55 | 未分類 |
2011.05.19

在中国的、丸テーブル




前回の池袋鈴ん小屋ライヴの際、リハーサル後に「中国茶館」なる中華料理屋で呑んだ。何とも雰囲気がよく、機会あらばまた行きたいと思ってた。今回はメンバーが多いのであらかじめ丸テーブルを予約。まあこのくらい練習スタジオの予約も機敏だとよいのだけど、、

かつて真黒毛、横浜ライヴの際は、リハーサル後は中華街に繰り出し必ず丸テーブルを探してさまよったものである。まあその、こだわったのは私ですが、やはり日常において丸テーブルの機会はないですから。はい

この日、パーカッション倉島君は丸テーブルについた途端、最初から最後までしゃべりまくっていた、もう誰にも止められない。いつもは聞き役に徹するピアノ宮田さんも後半は珍しく疲れをみせる。丸テーブルは各人の悲喜こもごもを引き出す魅惑があるのかもしれない。

ライヴ本番、かなり実験的とも言える真黒毛アコースティック大編成は予想外の調和とハーモニーでかなり楽しかった。まあ何事もやってみるもんだねえ。共演のトリルイの方々にも絶賛されました。

まあでも、もっとお客さん呼ばなきゃ、、


Posted at 20:34 | 未分類 |
2011.05.16

ミュージックアワー




13日の下北沢440は、河村さん130パーセント全開の濃い時間だった。次々とゲストを迎えては河村さんが絶妙のサポートで相手の良いところを引き出し導く姿は、ある意味美しくしくも、関西の気取らないけどこだわりの料理人にも見えた。我々はまな板であるステージに上がればよいだけだ。

シェフ河村さん、極上の時間をありがとうございました。


Posted at 18:32 | 未分類 |
2011.05.12

渚から




昨夜、河村さんと大久保のスタジオで練習。去年の夏に山谷の夏祭りにて真黒毛ステージに飛び入りでギター弾いてもらったことはあったが、スタジオに入るのは去年2月の国立以来だろうか。ギターは改めて素晴らしかった、じつはソウルフラワーでは地味な印象しかなかったのだけど(すいません)、ギター技術と言うよりも総合力というか全体をまとめて導いてく包容力に満ちあふれている。各演奏者に出す指示も具体的かつ細やか。あまりにもアバウトなヘッドアレンジしかできない私にとってよい勉強になりました。はい

河村さんが曲を演奏するたびに「あ、すごいええ感じやな」みたいなことを言ってくれて、まあ、それはまんざらお世辞でもないくらい昨夜は良い感じの演奏でした。客観すると真黒毛の演奏陣って本当にうまいんだなあと改めて思った次第。ありがたいことです。

私自身はまあ河村さんの曲参加はサボろうと思ってたのですが、河村さんより「大槻さんも何かやってくださいね」とメールが来てたので渋々アコギを持っていく。早速スタジオで岸田くんより「やめたほうがいいんじゃないですか」と言われる。わかっちゃいるけど、嗚呼、あまりにも不自由なギタープレイ。

まあ、でも、おそれ多くもやらせて頂きます。アコギ以外はバッチリですのでよろしければ週末お寄りください。真黒毛は最初と最後が出番みたいです。
----
5月13日(金)
"河村博司 presents「ミュージック・アワー vol.1」~440(four forty) 9th
Anniversary"

出演:河村博司(exソウル・フラワー・ユニオン)
ゲスト:真黒毛ぼっくす、福岡史朗、大久保由希、あまみのユキへぃ、
     小平智恵、ロビン西、かつやまさおり

OPEN 19:00 START 19:30 
前売 \2,800 当日 \未定(1order別)
ペアチケット\5,000(2枚一組)あり


Posted at 18:18 | 未分類 |
2011.05.11

五月雨




連休明けの月曜朝、目がさめたら喉が痛い。風邪だろうか。熱っぽい気もする。

5月5日の真昼の月、夜の太陽ライヴは、突発的であったにも関わらず良い感じでした。入念に準備しても駄目な時もあるので、改めてステージの魔物は気まぐれである。まあ、最近、入念に準備したことないかもしれないけど。川端君から出番がドップのほうが大槻さん酔っぱらってないので集中力あってよいです、と言われた。一理あるかも

この時、シャークニャークス佐々木なおさんが風邪をひいてたので、潜伏期間を考えると彼女からうつったのかも。彼女のは手強そうだなあ、週末まで復活したいものです
----
5月13日(金)
"河村博司 presents「ミュージック・アワー vol.1」~440(four forty) 9th
Anniversary"

出演:河村博司(exソウル・フラワー・ユニオン)
ゲスト:真黒毛ぼっくす、福岡史朗、大久保由希、あまみのユキへぃ、
    小平智恵、ロビン西、かつやまさおり

OPEN 19:00 START 19:30 
前売 \2,800 当日 \3300(1order別)
ペアチケット\5,000(2枚一組)あり
----
5/15(日)池袋 鈴ん小屋
開場17:30/開演18:00
前¥2000/当¥2500(D代別途)
【出演】
トリルイ / 真黒毛ぼっくす / Vintage Time / the Life
*真黒毛は3番目、19:20頃から演奏の予定です

鈴ん小屋 03-6382-7273
http://www.ringoya.org


Posted at 08:26 | 未分類 |
2011.05.05

ハイウェイ


月曜日、綾瀬のコンポステラにて定期的に行われている関島岳郎さん企画ライブ「星空音楽会」に仕事帰りに寄った。職場から近いのでありがたい。今回はパスカルズより、鍵盤ロケットマツさん、ギター金井太郎さんを迎えて関島さんの三人編成。

原則として私は唄が無いと駄目なので、寝不足もあり、こんなに狭い店で寝てしまったら失礼だなあとの思いは杞憂でした。三人それぞれのオリジナルを中心に、紡ぎ出されるその音があまりにも素晴らしく、酔いしれました。しみじみと彼等こそ正しく音楽家だなあと、じゃあ私は何なんだ、いや比べるのもおそれ多いのですが。ロケットマツさんが新曲を二曲披露したのですが、特に「ハイウェイ」という曲が美しかった。

お店の打ち上げで久々に関島さんマツさんと少し話すことができました。マツさんとは今年も、7月の石川さん生誕祭で会えるので楽しみです。

私も「ハイウェイ」のような名曲を書きたい


Posted at 13:33 | 未分類 |
2011.05.04

真昼は月、夜に太陽


日曜日、佐々木奈緒さんより電話あり。5月5日にシャークニャークスが出演するライヴがあるのだけど、一組キャンセルでたので真黒毛で出演しませんかとのこと。う~ん、出たいけどもう4日後かあ、しかも夜に自分の予定はいってるよ、まあトップなら出演できるかも。でも演奏陣は連休だし予定入ってるだろうなあ

などといろいろな思いが入り乱れたけど、やはりやりたいという思いが強かった。やります、やらせて頂きますとも
--
5/5(木 祝)東新宿「真昼の月 夜の太陽」
「夜の扉を開ける」
open/start 18:30/19:00
前売/当日 2000円(ドリンク別)
出演:真黒毛ぼっくす、シャー クニャークス、Loffel、川合伸弥

*真黒毛は出番トップ

真昼の月 夜の太陽
http://mahiru-yoru.com/index.html


Posted at 23:22 | 未分類 |
2011.05.03

チョコレートシティ




金曜日、久しぶりに代々木でライヴ。その昔、代々木にはチョコレートシティというライヴハウスがあって、よく真黒毛でやりました。企画もけっこうやったなあ、ダンスフォークジャンボリー。呼んだバンドは、青ジャージ、たけのうちカルテット、花園バンド、、、あとは、う~ん、あんまり思い出せないかも。最近、固有名詞が出てこない。

代々木ブーガルーでのリハーサル後、サックス遠藤さん推薦の店に有志で行く。屋根裏のような佇まいがあまりにも素晴らしく、和んでしまい飲み過ぎたかも。そのせいかステージの記憶が断片的にしかないが、気持ち良く唄えました。あとで録音を聴いたら演奏は良い感じでした。

チョコレートシティのあたりに行ってみたけど、実際にどこにあったかもうわかなかった。


Posted at 22:09 | 未分類 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。