--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.08.02

遊泳はなりん

20080802002726
20080802002724
20080802002722
一昨日、8月29日の酔いどれ東京ダンスミャジックのチラシを取りに浜松町の印刷所へ仕事終了後、速攻でむかう。三千枚の印刷は青空レコード史上最多かもしれない。白黒コピーであるがともかく安い。中華仕掛人の寺尾ブッタ氏に教えてもらった密漁の店。

遊泳するー
遊泳するー

印刷所閉店の6時を過ぎたが、何とか無事チラシ受領。どこかで一杯呑みたいなあ、と重いチラシを抱えフラフラ歩いてたらひなびた酒屋発見。しかも酒屋にテーブルがあり、仕事帰りの男達が呑んでる様子。どうやら中で呑めるようだ。これは気軽そうだ、と店の前を何回か往復してから突入。買った酒を紙コップで呑めるという何とも低価格な酒屋。しかもいちおうビールサーバーもあり、黒生ビール260円。狂喜したのは言うまでもない。生ビール二杯、サワー二杯、たこ刺身、コロッケにチーズで1370円、ちょいと一杯のつもりが呑み過ぎた。隣にいた自称元社長さんが「この店は新橋から浜松町にかけての一帯でも一番安い店だ、初めて来て見つけた貴方は素晴らしい」と褒められた

遊泳するー
遊泳するー

わりとフラフラで代官山の晴れ豆に行き、折り込み用のチラシ一束渡して、青山へ。月見ル君想フにたどり着いたのが8時半過ぎ。ちょうど橋本バンドが始まるところだった。橋本バンドを見るのは4回目、おそらく世界で一番多く橋本バンドを目撃してるのが私であるような気がしてならない。特に自慢にはならないが、、何度聴いても普段とのギャップに一瞬とまどう橋本君の舌ったらずの甘い声が月見ル二階席にもゆっくり、ゆっくり回り出す。

遊泳するー
遊泳するー

いや、実際は何と唄ってるかは知るよしもない。いろいろな思いが交錯するも、まあそれはどうでも良いことじゃないのかな。いずれにせよ平日の都内上京は余裕のないぶん濃密でもあり疲労も誘うのです

遊泳するー
遊泳するー
君と僕とは、、
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。