--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.08.10

律&珍太と吉祥寺で

20080810211039
20080810211037
金曜日の夜、代々木にてマンダラ2に向けての練習。今回はベースに大庭珍太さん、バンジョー&ラップスチールに村上律さんに参加をお願いした。律さんが忙しいので来てもらえるかどうか心配だったが、少し遅れて車で登場。じつは車で来る想定をしないで練習スタジオを予約してしまったのだが、代々木駅前はやたら駐車料金が高いらしく12分で200円というとんでもない値段。申し訳ありませんでした。

村上律さんの音はいろんなアルバムで聴いている。古くはフォークキャンプのアップルパミス。残念ながらアテンションプリーズは私は知らない(いやそれにしてもアテンションプリーズとは凄いバンド名。その昔、同タイトルのスチュワーデス物語みたいな番組があったなあ)。そして律さん音源の宝庫は春一番。無精な私はあまりクレジットを確認しないのだが、おそらくいろんな方の春一音源に入っているはず。それから10代の頃、一番よく聴いたアルバム泉谷しげる「LIVE泉谷!」のラストショーでの演奏、あのスチールギターの音色とフレーズは擦り込まれたなあ。あとはやはり加川良さん、「オレンジキャラバン」ライブ音源のあの目眩するような空に溶けるスチールは律さんだと確信してるのだが。

珍太さんの名前を意識したのは申し訳も無くここ最近、今年の春一番でのマンドリンブラザーズが予想に反してロックビートで首をくねくねしてベース弾きながら唄う姿が衝撃的だった。さらに驚いたのはTHE CONXのベースが珍太さんだったとを何かのHPで知ったこと。当時、佐野元春がサムデイで売れた後だから小山卓治デビュー1983年頃かな。NHKのライブ番組で当時のバンドが何組か(たぶんビジネスとか)が出演して小山卓治が確か2曲くらい唄ったんだけど、ベースがやたら迫力あって絵柄的に小山氏よりも圧倒的に目立ってたことをいまだにはっきりお覚えてる、バックバンドはCONX、いやあ珍太さんだったとは。おそらく珍太さんベース参加音源も知らずにいっぱい聴いてるんだろうが、あがた森魚さんの金字塔「愛しの第六惑星」は珍太さんがベースだったことを本人の口から聞きました。いやはや

二人の素晴らしいキャリアと真黒毛は何の関係も無いのですが、明日、一緒に音を紡ぎます。久しぶりの吉祥寺、出番はトップで7時半ころです。仕事帰り等
によろしければおより下さい。
---
8/11(月)吉祥寺MANDA-LA2
「Crown of rabbits」 18:30/19:30 ?2300+drink 
出演
真黒毛ぼっくすwith村上律、大庭珍太
美尾洋乃ソロ
山下由UNIT~山下由(vo,g) 石塚俊明(ds)ライオン・メリィ(pf,acc)杉山武(g) 後藤勇(contrabass)
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。