--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.08.27

ウチナージンタ

20080827082437
20080827082434
20080827082432
かつて超絶ギタリスト高野さんより「大槻さんは山田コーミンに惚れているので我々はかないませんよ」のようなことを言われたことがある。いや私はコーミンには惚れちゃあいないが、コーミンベースにはもしかしたら片想いかもしれない。なぜかコーミンのベースは私の唄心をくすぐるんのです、理由は不明。

先の土曜日、御徒町。久しぶりにドラムス井上君、ベース山田コーミンで練習をする。ある時期、コーミン井上リズム隊でライブを続けていた時期が真黒毛にはあったが、この度はかなり久しぶりの顔合わせな気がする。しかしまあ音を出すとすぐにハマるのには驚いた。なんたる相性の良さ、リズム隊って何なのよと改めて。おそらく二人ともそれなりの変遷があったのだろうけど、不思議なものだねえ。

大工さんに真黒毛とのセッション候補曲を打診。ドキドキで返事を待っていたら本人より全曲了解の連絡。やったあ!しかし大工さん音源にはドラムやエレキベースなどはほとんど入ってないので、どのように奏でるべきか練習では迷いに迷う。すべては正解であるが、まったく確信が持てない。いや、いつでも確信などしたことはないけれど。日本はもとより世界の名手とセッションを繰り返してきた沖縄無形文化財の大工さんに対して、真黒毛ができることはただもう真黒毛をやるしかないのだが、やはりプレッシャー。練習の後、有志で呑む。「いやあ、えらいことになったなあ」と口癖のように溜め息ついてたらサックス遠藤さんより「真黒毛は凄いんだから当然ですよ」と励ましのお言葉を頂く、謝々。まあ結局、私も楽観主義なので、毎度、欲望のままにゲストにセッション曲をいっぱい申し出てしまい、風呂敷を広げすぎてはえらいこっちゃーと慌てるのだからお目出度いものだ。実際大変なのはその風呂敷をたたむ演奏陣なんだけどね。偶然ながらもリズム隊筆頭に最強メンバー揃いました。もちろん毎回真黒毛は最強ですが。練習に来れないはずのチンドン土屋氏も顔を出
してくれて、大所帯真黒毛メンバーが珍しく御徒町スタジオに揃う。あとは野となれ山田コーミンとなれ

来月、大工哲弘さんは「徹子の部屋」に出演するとのこと。えらいこっちゃ
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。