--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.09.10

雷門

20080910223432
20080910223430
先週金曜日の浅草クラウッドライブは、メンバー皆、平日で仕事なので当日リハーサルは私一人だけ。しかも自分も午前中仕事で一旦帰宅して上京のため遅刻してライブハウス到着、お店の方より「リハーサルはやりませんよね」「いや、やりたいです」「でも一人では確認できることは無いのでは?」「いえ自分のギターの音色を確認したいです」そう、久しぶりエレキをもってきたのだ。私は慣れないアンプチューニングに四苦八苦、思うような音は出ず。結局リハーサルは五分足らずで終わる。そのあと一人椅子に座りギターを全曲カシャカシャと弾いてみる、つまり練習したのですよ珍しく。と言うかコードさえあやしかったので

その後、夕方ぶらりと浅草寺へ。ドラムス井上君から早番なのでこれから浅草に向かうとの連絡あり。雷門で待ち合わせて仲良くお参り、それから例の煮込み通りへと向かい井上君とホッピー差し呑み。井上君によると前日の上野練習後、西荻窪で遅くまで呑んだとのこと。何と今回参加メンバー男子は私以外の四人は西荻窪在住らしい。はあ

そのうちマスダさん、橋本君も仕事帰りに合流。ホッピーの中身おかわりも含むと四杯、それなりに酔う。正しい金曜日の夕刻の過ごし方。しかしそれからクラウッドまで歩いてすぐ本番。ステージは最早客観できない。エレキ弾きながら唄い始めるも何かつかめないままもがき続ける。リハーサルやってないのでモニター状況は悪く、橋本君の推薦で今回初参加したMCシラフこと中野君のアコーディオンはほとんど聞こえない。それでも後半の南北道路からやっとエンジンがかかり、ハンドマイクで解き放たれたように唄ったオンザビーチはこの夏一番だったかもしれない。

久しぶりに荒っぽいステージをやってしまった倦怠感あり、いやまあ昔はこんなもんじゃあなかったけれど。客席にコーミンと矢口氏の顔が見えたがこわくて感想はきかなかった。しかしながら浅草クラウッドへの臨み方としては糸口が見えたような気も。今年2月の大編成での個人的な空振り感は払拭できたかも。まあ次回があるかどうかは謎だが、、、トリの越路姉妹ステージを放心しながら見てるうちに真黒毛メンバーは一人、二人と帰り、結局最後まで残ったのは梅村氏と矢口氏、終電までべりで三人で缶チューハイ。セピアな灯りに浮かび上がる隅田川の景色は幻想的だった、夏も終わりっすねえ。

無事、取手駅までたどり着き、駅前の松屋に寄り店を出た瞬間、エレキを持ってない自分に気がつく。どこまで持っていたかまったく思い出せない、嗚呼。とりあえず取手駅に行ったら、忘れ物はここに電話しなさいと駅員より紙切れを渡されるのみ。ぐぐぐと落ち込む
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。