--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.09.15

あれがあなたの

20070915000302
好きな場所、港が見下ろせる、小高い公園、、ときたもんだあ、ふひゃひゃひゃひゃ、酔っ払っいました。

本日、職場での呑み会。新しい勤務地でがんばりましょうという感じ、新人歓迎会も含めて。思えばこの部署で自分が最年長かも、しかも役職的には一番下だけど。

酔いもまわった頃、誰か一曲唄えと言うことになり、まずは私に指名が来る。CDを出してるからと言われる、ホームページで世界公開してるので否定するわけにもいかない。恥ずかしい、CDなんて今や誰でも作れる、でも唄う。酒の肴とはいえリクエストはリクエスト、カラオケでも断る理由はなにひとつないのだ。喜納晶吉の「はな」。こんな名曲を一生に一度書いてみたいものだ。新入社員の方は知らない曲と言う。そうかそうだよ

酔った勢いで「明日は秋葉原でライブです」と言う。もちろん貴重な土曜日にわざわざ来る人はいない。皆、という感じ。そんなことは百も承知だ。呑み会では話題も無い私に
「大槻さんってバンドやってるんですか?」との問いに
「じつは真黒毛ぼっくす、というバンドやってて
いや、これが、楽しいから一度おいでよ」
とは言えずお茶を濁す
いつになったらそんなことが言えるのだろうか
すずきさんち、にはいつまでも追いつけない
時々思う
紅白に出たら胸を張って皆に言えるのに
いやじつは、紅白出場は私の唯一の野望である

明日は秋葉原で唄うのだ。
職場の方々には、やはり正直見られなくない
誰が見にこようとも唄う覚悟はあるはずだが

ああ、こういう日記は酔ってるうちにアップしなければ
ちょえー
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。