--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.11.03

仏蘭西万歳

20081103115533
10/31は下北沢のフランス料理屋で泰山に遊ぶ企画ライブに真黒毛出演。普段はまったく縁の無いお洒落なお店の屋根裏的な三階がライブ会場。ステージは狭いけど雰囲気は素晴らしく、さらに屋上の楽屋はバカンス気分満載。演奏は岸田ドラムス、池上ベース、橋本ギター、マスダピアノを基本セットに遠藤サックス、ミユキ三線&ペット、中野アコーディオン&ペット、田久保志乃コーラスが加わり、8人でステージはいっぱいいっぱい。その屋根裏的構造も相 まって楽しくやれた。音は飽和したところもあったかも。新曲やってみた、わりと真黒毛初期の曲調というか、単純な曲だけどじつはあまりやったことがないブリティッシュ8ビート。難しいなあ、もう1回やってみよう。

出番はトップで、真黒毛メンバーは体調不良者、明日の石川さんのライブ等もあり、終演後に大半はあっというまにいなくなる。しかし私は笹塚のミユキ宅に宿泊予定だったのでのんびり。中野君と缶ビール外で呑み、泰山のライブを鑑賞、女性ボーカルが代わっていてギター土岐君が欠席だったが、いつもちょっと浮いて見える成瀬君も溶け込んで良いステージでした、やはり屋根裏効果かも。会場での打ち上げは、岸田君、ミユキと私で参加。何と気前の良いブッダ氏の采配でフランス料理が振舞われた。美味しかった、大皿はあっというまに無くなる。仏蘭西万歳!

そのあとさらにミユキ君を無理に誘いラカーニャへ。奄美出身のミユキ君は黒糖焼酎に酔い「大槻さん、僕はこれからどうすればいいんですかねえ?」と尋ねられるが、自分がどうしたらいいかも分からないのに答えるはずが無い。あいすいません、しかし酔ってたので適当なことを言ってしまう。そう言えばミユキ君とサシで呑むのは何年ぶりだろうか。ラカーニャでは早川義夫さんのおそらく新しいアルバム、そして二ールヤングの弾き語りアルバムが素晴らしい音響で流され胸一杯になる。

深夜、ミユキ君の三畳一間のアパートへ、コンビ二で買ったワイン一杯も呑みほせぬまま天国の布団に眠り込む。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。