--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.12.24

風男の唄

20081224171450
20081224171448
もう二週間以上も過ぎてしまったのか。ライブが終わると気がぬけるせいか日記もご無沙汰してしまう。今月6日の土曜日、西八王子ライヴは大入り満員。さすがシバさんの本拠地。お店アルカディアはとても良い雰囲気で、着いた途端、何だか別世界、遠い国に来たような錯覚。お酒も食事も美味しい。その日はめでたくもアルカディア新装こけら落としライブとのことで、地元の皆様は待ちわびた日だったようだ。

やはり不安だったのは機材のこと。お店にはマイク二本しかないとのことで、車でミキサーやらマイクやらコードを持ち込んで試行錯誤でセッティングしながらリハーサル。結局、智美殿がアコーディオンを演奏しながらがPAをやることになる。それでも音はだんだん馴染んできて、シバさんがリハーサルの頃にはかなり良い感じだった。本番、シバさんはマイクから少し離れて唄うのだが、同じPAバランスのまま私はオンマイクで唄ってしまったので終演後、お客さんに「真黒毛のときはボーカルが割れていて気になった」と言われてやや落胆。いやこれ以外は素晴らしすぎる夜だった。唄いながら、ふと横を見ればクラリネット多田さんがいて、ラップスティール村上律さんがいるのだよ、もうなんてこった。百戦錬磨のシバさんは、力むことなく風のごとく素晴らしい唄とギターを届けてくれた。しかし私にとって濃厚な夜は終演後からだった。

ひとしきりアルカディアで呑んだ後、シバさんのご自宅へ我が家三人と柿沼さん大介氏、名古屋方面から見に来た坪井さんでお邪魔する。シバさん宅に向かう途中、歩いた寒い道は星がいっぱい。さらにアトリエのようなお宅に入るとMACや本や絵が溢れてる。しかもMACからはトムウェイツが流れてたので「ちょっと意外ですねえ」と言うと「トムウェイツ大好きだよ、同い年だし」とのこと。

シバさん宅の話しはいろいろとありすぎて書ききれない、とりあえず一番驚いたのは、家の裏に生えてる竹をとってきて、ドリルで丁寧に穴を開けた笛の試作品を何十本も見せてくれたこと。笛はどれ味わい深い外観、音階もそれなりに出せるのだがやはり売り物までにはならない。「無能の人」を思いださずにはいられない。そう、バソコン含めて生活すべてがシバさんには芸術であり遊びであり表現なのである。だからあんな唄が生まれるのだろうか。半分眠りこけながらも朝の6時までシバさんと呑んで話した。この夜は、今年一番長くも貴重な夜でした。

シバさん、アルカディアでお会いした皆さん、多謝!来年また機会あったら行きたいな、夢の西八王子へ。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。