--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.02.22

津軽海峡にカモメが翔んだ日

20090222181711
あがた森魚さんが「津軽海峡冬景色」を唄うと聞いた時は驚いた。じつは以前、あがたさんが岡本おさみ作品カバーオムニバスアルバムで「襟裳岬」を唄っていて、それはもう森進一や吉田拓郎とはまた違うあがたワールド全開で愛聴している。本人にそのことを伝えた時、あがたさんは「やはり情念的な俺とお前のような世界は自分には合わないので選曲に苦労した」というようなことを話してくれて、その感じはよく分かる気がした。あがたさんの曲はロマンチズムに貫かれているので、惚れたはれたの唄は似合わないと。なのに津軽海峡冬景色なのですね。

阿久悠VSフォークというタイトルの企画アルバムの一曲とのこと。先日、ニッポン放送にてアルバム収録中の三人による公開放送みたいな催しがあり、応募したら何とあっさり当選してしまった。で娘と二人で有楽町のニッポン放送まで行ってきましたとも。出演はりりぃ、渡辺真知子、そしてあがたさん。リリィは中学のとき「私は泣いてます」がヒットして何と枯れた大人の声だと思ったものですが、相変わらず枯れた良い声でした。渡辺真知子は高校大学時代だったろうか、迷い道、ブルー、カモメが翔んだ日、そして化粧品のコマーシャルで唇よ熱く君を語れと秀逸な自作曲を連発してたので凄い方だと当時思ったものです。じつはこれ以外の曲は申し訳なくも知らないのですが、たとえ生涯四曲だとしても名曲を書けば充分かと。いやあ堂々の歌唱でした。

あがたさんのステージはさすがと言うか、一般のお客さんの前でも堂々のマイペース。津軽海峡はちょっとタンゴっぽいアレンジだったが、おそらく自分のステージで唄うことはないのではなかろうか、という印象でした。九段会館のコンサートの告知も熱心にしてて、え、まだ売り切れてないんだあ、とちょっと不安になったりして。そういえば去年だったかのエンケン何十周年にティンパンが参加した時ほど話題になってない気がする。う~む

写真は去年の秋の漂流キャンピングカーツアーで柏に来た時のものです。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。