--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.02.28

願い事はひとつ

20090228022601
本日、朝の雨が雪に変わりまた冷たい雨に。こんな日はやはり鍋に熱燗がよいですな。

先日、角森君の唄をマンダラ2で久しぶりに聴いた。角森君がボーカル、上田君がピアノ&ギターそしてドラムベースの四人組ハミングスと真黒毛が渋谷ラママで初対バンしたころは彼等はまだ大阪住まい(ちなみに当時真黒毛も同じ編成)。対バンと仲良くなることは稀なのだが角森君とはなぜか親しくなりよく共演した。しかしハミングスはあっというまにソニーからメジャーデビュー。デビューアルバム発売の頃の満杯マンダラ2ライヴを見に行った時は何だか遠くに行ってしまったようで少し寂しかったな。ハミングスファーストは名盤、しかしメジャーで簡単に売れるはずもなく、当時ちょうど同時期にメジャーに行って停滞してたスピッツと個人的には同じ印象だった。しかしハミングスは残念ながらロビンソンはなく二年後に解散。その後、角森君は唄うのをやめたという風の噂も聞いた。

それからだいぶたって真黒毛がいまだに最近アルバム「ジャマイカ国分寺」の発売記念をマンダラ2で決行。すっかりご無沙汰してた角森君に電話してみたら快よくゲスト出演してくれた、再会。当時、角森君と上田君は朋友HONZI等とニーノトリンカで活動していた。良いバンドだったけど今は活動していないようだ

それからまた時は流れ角森君は最近、ソロとダイナミックオーシャンなるウクレレバンドで自称オゲレツソングを中心に唄っているようだ。まあニーノトリンカの曲はハミングスよりさらにおしゃれな世界観だったから歌詞を作るのに苦労したと聞いていた。その反動がきたのかもしれない。本人が唄いたい曲を唄うのが一番よいに決まっているし、角森君も本当に楽しそうに唄う。でもハミングスファンとしてはやはり「さむい」とかまた唄ってほしい。いつかオゲレツソングを吐き出し尽くしたら、またシャイでセンチな角森曲も唄ってくれるのではと密かに期待してるのだが、、、

雨がやんだらさ
散歩に出かけよう
逃げきれないかも
しれないけれど
「サンセット」より

そう、先日のマンダラ2では中川五郎さんがゲスト出演。二曲だけで残念だったけど、多数の出演者の中で一番若く躍動したステージでした、いやあ凄いことです。もうすぐ2月も終わり、書き忘れた日記数知れず。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。