--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.05.20

眺めのいい音楽室

20090520162841
20090520162833
春になり、真黒毛ぼっくすはバンド編成でライヴをボチボチと始めてます。

4月29日はあだち君の誘いで四谷区民センター11階、眺めのいい音楽室。今年になって何度となくお願いしてる岸田池上ヤングリズム隊に、ギター三輪二郎氏を迎えての初ライヴ。未消化なところもありつつ新曲、久々の曲などをやってみた。あとから録音聞くと、まあ個人的な反省はいろいろありましたが楽しいライヴでした。得意の無謀な抜擢で遠藤さんピアノデビュー、いやあ伴奏センスはさすがでしたねえ。あと娘にアコーディオンをやや無理矢理やってもらいました、まだまだ形だけてすが。親に似てか、あまり練習したがりません。う~ん、どうなんでしょうねえ。強制的にやらせたくはないけど、若干期待してしまったりで、揺れる親心でした。

この日は千円カンパで呑み放題のはずのワインは残念ながら途中でなくなりましたが(私のせいではありません)、ガラス越しに副都心の夜景があまりにも美しかったです。お客さんは何だかとても好意的で、暖かい拍手をいっぱい頂き、CDセットもお客さんの人数比率から考えると驚異的と言っても良いくらい売れました。後日、ライヴ見に来た方の日記を見たら「一曲目のモビーディックの唄で泣けた」との記載ありちょっとびっくり。つまりレフトフライや南北道路のような曲ではなく、モビーディックに泣けたとは、、、もちろんボーカル冥利には変はわらないのですが。ありがとうございます。

今回主宰のあだち君とは「あがた森魚好きのサックスドラムスがいる」と川端くんに紹介されて以来の知り合い。真黒毛に演奏参加してもらった時も、俺こんを見た時も、あまり意識したことなかったけれど、弾き語りを見て初めて「ああ、なるほどあがたさんが好きなんだなあ」と思った次第。願わくばあがたさんのように我が世界をもっともっと突っ走って欲しいものです。あだち君、素晴らしいライヴにお誘い頂き感謝です。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。