--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.06.13

坊さんごっこ

20090613003704
20090613003702
20090613003659
先週の土曜日、藤沢へむかう。11時から藤沢の太陽だ荘で練習だったので早い時間に出発。雨の常磐線も東海道線に乗り換えた頃から小降りとなる。

遊行寺のどんとソングスデイは雨のため室内開催の噂もあり危惧していたが、現地に到着したら、めでたく屋外で行われていた。万歳、しかし喜んだのも束の間、あるはずのドラムセットとベースアンプがそこには無かった。何とかそれでも演奏は頑張ったが、もがいてるうちに終わってしまった印象もあり悔いが残る。しかもソングスデイが終了した途端にドラムスとベースアンプがどこからか登場して、まあそれは天気とかかいろいろな事情はあったのだろうけど、「坊さんごっこ」一曲入魂でメンバー召集した自分としては、やや割り切れない思いが残る。しかも真黒毛の演奏を傍らで友部正人さんが見てたらしい、嗚呼

しかし機材のことを除けば「どんとこい」は楽しかった。死後、毎年各地で祭りが続いてるどんとは、不思議な魅力ある音楽家であり祭り男だったのだなと改めて。何よりもお寺という環境が素晴らしく、心を穏やかにしてくれる。このような場を提供してくれるとは、さすが遊行の寺である。

本堂の中で久しぶりに友部さんを見る。聴きたい曲をいっぱいやってくれた。本堂は広いので後ろのほうはわりと余裕があり畳にゴロリ、朝早かったこともありちょっとうたた寝。お寺で友部さんの唄を聴きながらうつらうつらと贅沢な時間。

夜、藤沢駅方面に移動。山下由さんがライヴを企画してくれたのだ。真黒毛は前週の月見ルサブステージから比べると、カナエさんベース、川端くんジャンベのリズム入りはやはり有り難い。遠藤さんサックスも一人のほうがしなやかに泳ぐ。三輪君のロックギターに田久保さん&香苗でかなり良い感じで演奏できた。海洋学者、山下由さんの唄も久しぶりに聴けたし、湘南のリグレッツというバンドには本当に目から鱗だった。終演後、呑む暇もなく駅へと急ぐ。そう、藤沢は遠い。

かつてのソングスデイでは香苗と無邪気に遊んでたどんとの子供達もすっかり逞しくなっていた。もう10年なのか。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。