--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.10.05

再来、斎藤哲夫さん

200710050047374
200710050047372
20071005004737
昨夜、斎藤哲夫さん、村松邦男さん、安倍オージさんをわざわざ上野にお呼び出しして練習。

ギターの松村さんに哲夫さんが「30年ぶりだねえ、あの時、どこそこのスタジオでター坊とかいたよねえ」とか昨日のことのように話していたのが素敵だった。その頃の村松さんはシュガーベイブの頃なのだろうか。安倍オージさんが「休みの国の最後期でベース弾いたとき以来です」との挨拶に、驚く哲夫さん。何だか音楽史の断片を見る思い。

しかし肝心の練習は万難を排してのぞまなければならなかったはずなのに、課題続出。それでも哲夫さんとのセッションは去年から数えて3度目なので、わずかながらも信頼されてるようで、哲夫さんはテキパキと指示を出して「あとは当日まで練習しとくように!」とのセリフを残し風のように帰られた。おお、ミスター幻某氏

去年の忘年会ライブで哲夫さんと共演した後、打ち上げの店のテレビでたまたま見た「クリスマスの約束」、そこで高らかに響いた小田和正氏完璧コーラスの中で哲夫さんが唄うグッドタイムミュージック!そして鉄壁の演奏、、でもやはり何かが違ったんだよなあ、オフコースとは一線を画してると言うか色が違う気がするのです哲夫さんは。なーんて偉そうだねえ、ただの酔いどれの戯言。各人の胸にそれぞれのグッドタイムミュージックがあるのかもしれません。

日本フォークロックポップスの金字塔「グッドタイムミュージック」。村松&安倍さんの強力なゲストを迎えて、10/13に三度、真黒毛は挑みます。えらいこっちゃ
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。