--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.08.05

7時のニュース

20090805002110
中津川フォークジャンボリーが今年、40年ぶりに行われるとのことで、やはりフォークファンとしては伝説の中津川を何とかして見に行きたいと当初は思っておりました。まあしかし現実的にはあまりにも遠いのであっさり諦めた。でも今回の新聞報道等を見るとねえ、何だか懐古ばかりが際立っていて、やはり行かなくて良かったのかなあとも思ったりして、いやもともと行けはしないのだがね。ファン心理は複雑なのです

私の中学の頃の中津川フォークジャンボリーと言えばもう私の中では最先端だった訳ですよ。レコードは何度も何度も聴いたなあ。飛び入りのなぎらさんの怪盗ゴールデンバッドの唄から始まる盤のやつだから71年のかな。岡林はあまり好きではなかったが、はっぴいえんどをバックに唄った「私達の望むものは」はかなり聴きこんだものです。

40年ぶりの中津川が行われた8月1日、NHK夜7時のニュースで報道されるのをぼんやり呑みながら見た。なぎらさんあたりが喋るのはまあ順当か、イサトさんの演奏シーンがちらっと映る五郎さんは見当たらない、そして何故かガロの大野氏が唄う学生街の喫茶店シーン。そして極めつけ、アーリーの演奏と言うか渡辺勝さんのドアップがブラウン管を占拠。いやあぶっとんだなあ、さすが天下のNHK。全国のお茶の間に「僕の家」が高らかに轟いたのだ。感激したよ、これをリアルで見られただけで充分だよ。いや負け惜しみでなくね
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。