--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.08.29

寿町は今日も晴れだった

20090829124117
20090829124115
20090829124113
8月13日、寿町フリーコンサート当日。朝、自転車で小雨の中を取手駅に向かう。常磐線にて千葉県北部を南下するも外は雨。しかし三輪二郎氏より「横浜、晴れたよ」の一行メールが届く。おー、と思いつつ都内に入ると雨は上り、さらに横浜に向かう京浜東北線では薄曇りながら日差しが石川町駅改札に10時20分集合。池上さんと土屋君を除いて全員集まり記念写真。

それからゾロゾロと会場に向かう。私にとっては二年ぶりかな。やはりね、出演者と観客では視点が違う、いつのまにか灼熱の青空。ステージこんなに高かったっけ、充実したPAとスタッフに囲まれもうリハーサルで大満足。まだ外部のお客さんはいないので、寿町の住人らの前で一回目のステージが終わった気になってしまう。

その後、去年出演した三輪君が「やってるかどうか分からないけど大槻さんの好きな焼き鳥屋ありますよ」と皆で三輪君にゾロゾロついていくも民家ばかり。結局迂回して、冷房のきいた中華屋へ。皆さんがしっかり食事する中で私は冷奴とビール。でも私の中ではそれでおさまらず寿町周辺の呑み屋を一人で物色して歩く。寂れ具合は最高だけどわりとそれなりの値段だなあ、安いけど暗すぎるなあ、となかなか良い店が見当たらず。一周した頃、ようやく南国風の開放的な良い塩梅の呑み屋を発見。すると目の前を発泡酒ロング缶片手のトランペット戸次さんがフラフラ歩いてた。う~ん彼女は音楽はともかく、呑む発想はおそらく同志だなあ。お誘いして二人で黒ホッピー、なんか沖縄かベトナム(行ったことないけど)のような開放感。携帯でやはり酒好きと思われる伴瀬君を呼び出すと、原さんが同行。最近、真黒毛演奏者で積極的にお酒に付き合ってくれる方が少なくなった中、幸せな時間でした、はい。

四人でどよ~んと呑んでるうちにトップの寿の演奏が風にのって聞こえてくる。あ、真黒毛は次なのだがあまりにも心地よくチャミスル小ボトルをロックで頼む。店の方が私に「アルコールあんまり濃くないけど大丈夫?」って19%ありゃ大丈夫だよ、さすが寿町。

隣に呑んでた親爺さんが話しかけてくる。「あんた達、今夜やるのかい?」
「はい、30分後ですけど」
「で、ボーカルはこのお嬢さんのどっちだい?」
と戸次さんと原さんを見る。
「すいません、私です」と申し訳なく答える。親爺のがっかりした顔、、、

つづくかも
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。