--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.10.27

天王台

20091027225142
20091027225138
20091027225135
五年以上前、取手に引っ越してきた時、「レノンさん」という曲を作った。家の近くを流れている利根川のことを唄ったご当地ソングのつもりだが、取手という語呂が曲にあてはまらなかったので、代わりに対岸の天王台を歌詞に入れた。利根川を挟んで取手は茨城県だが天王台は千葉県、近くて遠いかもしれない。テンノウダイという言葉の響きは、大阪の天王寺にも似ていて素敵である。

一昨日、その天王台で初めてライブをした。畑の収穫祭、野外ステージ。前日の土曜は夕方から雨が降り初め、収穫祭は中止と誰もが思った。しかし、日曜の朝は曇天ながらも雨は降ってなくて、収穫祭は決行。いつ降りだしてもおかしくないような雲行きの下で真黒毛リハーサル。音を出したとたん、隣の施設にいる馬が興奮したらしく、リハーサルはあっさり中止。一説によるとホーンの音が刺激したのではないかとのこと。そして本番は風で譜面台がバシバシ倒れまくったがやはり野外は気持ちが良い。そして雨は結局、奇跡的に最後まで降らなかった。して百戦錬磨の岡大介氏は、老若男女を惹き付けるさすがのステージでした。翌日は台風接近で1日中雨ざーざー。よくぞまあ日曜だけ降らなかったものだねえ。いろいろ反省はありつつも、無事に終わったのだから良しとしたい。

そう言えばずいぶん昔、真黒毛永久欠番ギタリスト柳平さんの実家である富山県入善町の収穫祭にライブしに行ったことがあったなあ。皆で柳平さんが運転するバンに乗って、農協ロックツアーと命名したっけ。いやあ、思えば楽しかったなあ、ツアー久しく行ってないぞ

もしも君が常磐線に乗ることがあったら
天王台あたりで途中下車してごらんよ
何にもない利根川
大きな伸びをひとつ
ほら、レノンさんが隣で笑ってる
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。