--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.12.25

河村サンタが街にやって来た

20091225231304
20091225231302
昨日のクリスマスイブに明日の忘年会ライブの練習が決行された。ドラムス岸田くんのハードスケジュールの数少ない空き日で検討した結果、この夜になってしまったとの噂しきり。もう新宿の街はすごく賑わっていて、幾多のアベックが浮かれて歩く中をトボトボとスタジオに向かう。幸いスタジオはイブに限り半額セール、バンドマンも練習を避ける日のようだ。

まあ、しかし私にとってはある意味スペシャルな日であったかもしれない。元ソウルフラワーユニオン、そして現ソウルフラワーモノノケサミットの河村博司さんが真黒毛のギターとして初めて一緒に音を重ねたのだ。いやはや、何たることか。

渋滞でやや遅れて来た河村さんは手際よく持ち込みアンプとエフェクターボードをセットすると、もう当たり前のように真黒毛の曲を弾き始めた。それがまあ月並みな言い方であるがギターは素晴らしかった。実際どうなるのかあんまりイメージできなかったんだけど、リズムある。センスある。技術もちろんある。そして何よりもロックなのだ。どの曲もなるほど、こういうアプローチがあるのかあ、と感心するばかり。いつのまにか河村さんのギターが皆を導いてくれるような芯のあるリズムと包容力。何だろうねえ、これは。やはりステージを見るのと、一緒に演奏するのでは全然違いましたよ、はい。

明日のステージ録音は真黒毛永久保存版にしたいものです
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。