--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.02.08

武蔵野線

100130_1220~01.jpg
100130_2145~01.jpg
かけこみ亭ライブからもう一週間以上過ぎてしまった。

去年の秋、初めてか谷保にあるけこみ亭に向かう時も胸いっぱいになったが、今回も冬晴れで泣けました。取手から柏で乗り換え新松戸から武蔵野線で約一時間揺られる、この荒涼とした武蔵野線の風景が良いのです。終点、府中本町、懐かしい。それから南武線。乗り継ぐたびに缶ビール、缶チューハイ、缶芋焼酎。まさしくツアーです。

昼過ぎより、かけこみ亭を借りて練習。今回は去年の11月ムーンストンプメンバーに遠藤さんが加わる編成。やはりアコーディオンの音が欲しくて今回は遠藤さんにかなりアコーディオン弾いてもらいました。練習での真黒毛素編成は晴らしいバランスで唄っていて楽しかった。ただ当日の練習は効率的なんだけど、その日の演奏ピークが練習で来てしまうことがあるので難しいところです。練習が終わってすぐに近くの居酒屋へ。練習した達成感でついつい呑む、しかも村上律さんも合流してさらに酒が進む。本番前に打ち上げ状態となる。

演奏トップは初めて見るウランアゲル。ホーン隊がいっぱい、ダブルドラム。総勢20名近くいたのだろうか。素晴らき旋律と響き、羨ましい。そして村上律さんソロ。選曲がツボでしたねえ、あとから聞いたら主宰の末森さんのリクエスト曲をほとんど唄ってくれたらしい。酒がさらに進む。なのでじつは真黒毛のステージは断片的にしか覚えていない。

案の定、かけこみ亭に宿泊。翌日はウランアゲルのやまちゃん宅で飲酒。帰路、ツアーの終わりは寂しい。さすがに記憶がないことが不安で帰宅してからすぐに録音を確認。酔いのわりには意外にも唄は最後のちょい前までは集中してました。しかしMCはただの酔いどれでもう自分で聴いてられなかったです、すいません。

幸せなことに村上律さんが真黒毛に全曲参加してくれました。素晴らしきラップスティール、まさにいぶし銀。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。