--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.02.10

満月の夕

100207_1821~01.jpg
100207_2215~01.jpg
一昨日、吉祥寺スタパにてソウルフラワーモノノケサミット体感。寿町もしくは上野水上音楽堂以来、かなり久しぶり。思えば屋内で見たのは初めてだ。なんかもう圧倒的に楽しかった、お客さんも超満員。ステージフロントセンターに中川氏、両サイドに伊丹さんと内海さん。もうこれでOKでしょうという感じ。伊丹さんは相変わらず華があり、かつて新宿ロフトにてメスカリンドライブでギターを弾いてた頃から変わってないねえ。内海さんはメスカリン時代とはちょっと印象が変わった気がするけど今の感じが好きです。

モノノケには初めて見るメンバーも参加してたけど、やはりアコーディオンには奥野氏、クラリネットには大熊さん(何とソロボーカルも聴けました)、そしてベースはもちろん河村さん。初めてベースに注目してモノノケを見た、ちょうど見てた場所から河村さんがよく見えたこともあったし。ドラムが無いモノノケではベースが全体のリズムを支えていました。民謡調の曲とか、じつはベースのニュアンスかなり難しいはずだけど、河村さんは軽やかにドライブしてましたねえ、さすがでした。ともかくライブハウスだったせいもあるけど、改めてモノノケの鉄壁なアンサンブルと言うか底力を目の当たりした気がします。日曜日に遠出した甲斐がありました。

終演後、今年初めてドラムス岸田君と会う。心配してた怪我の足は、まだびっこを引いてたけど復調に向かってるようです。そして今月の27日、再びギター河村さん、ドラムス岸田君で真黒毛ライブやります。いやあ、楽しみですなあ
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。