--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.05.02

シュプレヒコール




昨日、外苑前の居酒屋の奥の座敷に入って思いだした。そうだ、かつて月見ルであがた森魚さんとライブしたあと深夜にこの座敷で呑んだんだ。そんなこんなで緩やかに呑んでいたら、サックスの若き原ナツコさんから「今日はメーデーだからシュプレヒコールの唄をやると思いましたよ」と言われ驚く。それほど5月1日の意識が自分では薄れている。

昨日は、娘が久しぶりに真黒毛の練習とライブに参加した。今までと違い、練習の最初から最後まで集中途切れず曲に参加していた。やはり成長しているのだな。無理かも、と思いつつも指示したピアニカにも柔軟に対応していた。

月見ル君想フでのライブは久しぶりだったが、直前に渋谷のスタジオで全員練習をしたせいか、演奏はすこぶる良い感じだった。店でのリハーサルは無しで初めて臨んだが、ステージ上のモニター環境が素晴らしく、いつもこんな感じでやれるならリハーサルしなくても良いと思った。ライブハウスのリハーサルは時間的にも精神的にも難儀が多い、もちろんそのおかげで本番は良いバランスでやれるわけだけど。

一度風邪は治ったはずだが、ここ数日また咳が出ていてボーカルは少々辛かった。その分、ステージは冷静にやれたと思う。どうも最近、喉はイマイチでいかんなあ。見にきてくれた増田さんに「社長、一度病院で検査したほうがいいですよ」と言われる。

終電一本前に帰り、取手駅前の居酒屋にて一杯だけ娘に付き合ってもらう。父親にとっては幸せな1日だったかもしれない。4日の八王子ライブにも娘を誘ったが、あっさり断られる。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。