--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.06.20

チュービスト



取手出身のベーシスト林君が、すずきさんちのコウスケ君の学校の先輩で、昔、チューバで音大を真剣に目指してたことを知ったのは、春の立川橋の下ライブである。できることならそんな情報は私には聴かせないで欲しい。なぜなら「真黒毛で久しぶりにチューバやりませんか?」と言ってしまうから。

そんなわけで一昨日の浅草ライヴ 前に上野の練習スタジオで、チューバ林君とウランアゲルのギター掘君と三人で練習。10年ぶりに吹いたという林君のチューバはブランク感はありつつも素敵でした。いや、そもそもチューバの音とフォルムはあまりにも魅惑的である。そして掘君は指でエレキを弾いていて独特の味わい。試しに唄ってもらったコーラスがあまりにも素晴らしかったので急遽フューチャー。本人はしきりに「俺、音痴ですよ」と照れていたが、こんなに音痴なダミ声で表情豊かには誰しも唄えないのです。いやはや、お客さんは少なかったけど出会いと収穫の多い浅草ライヴでした。

岸田池上リズム隊に宮田さんのピアノが融和して心地よくグルーヴ。サックス遠藤さんがディスコという曲の女性ボーカルパートを熱唱して頂き、弾けっぷりに感激。基本メンバーは変わらずにホーン隊を増やして本日のアキバライヴにのぞみます。
---
6/20(日) 秋葉原CLUB GOODMAN
18:00/18:30
adv¥2000/door¥2300 +1DRINK¥500
【出演】
punica porca/ ザ・なつやすみバンド
西広ショータ/「ricca」/ 真黒毛ぼっくす
*真黒毛の出番は21:10予定です
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。