--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.11.09

文系黒毛の密かな逆襲

200711091127192
20071109112719
黒毛和牛がこの度、初めてオリジナルを4曲も披露した。曲調は今までカバーしてた曲とはおもむきがまったく違い、平野君の唄が初めて素直にのってた気がする。不思議ではあるがオリジナルとはやはりオリジナルなのだね。平野氏と呑むたびに「オリジナル作ったら?」と言うと、「ですよね~、やっぱりバンドはオリジナルですよね~でも僕らほら、初心者だからどうやって作ったらいいか分かんないんですよね~こないだ思いついた詩が華厳の滝ですよ~」と毎度、善問答のような会話を繰り返してたのだが、いよいよ禁断の果実に手を出してしまった。今後の和牛の展開が楽しみだ。

しかし初オリジナルなのにいきなり完成度を高くして発表するのはリーダー鈴木さんらしいな。ともかくラガーマン平野氏筆頭に和牛は体育会系なのだ。練習嫌いですぐにステージをやりたがる私とは全然違い、とことん練習する。練習しないと安心しない、そして確実にレベルアップする。ライブ当日も朝9時から1時間、代々木のスタジオで練習して月ミルに駆けつけたらしい。いやはや、やはり体育会系にはある意味かなわないなあ、と思い知らされた日でもある。

その点、真黒毛はスッパさんドラム参加を一週間前に決めたり、前日に作った曲を皆にコーラス覚えてください、と言っておきながら本番で自分がメロ忘れて唄いなおすしたり、何年かぶりで急遽「パノラマ」を思い出したようにやったり、「オンリーロンリー」を前日アレンジ変えたりと相変わらず直前までジタバタした。新たな曲を覚えるのに疲れたベース湯治君から、「大槻さんって安全牌ってないんですねえ」と半ば呆れながら感心された。「しかも一回のステージで終わってしまうような曲ばかり」と言ったのは橋本君だったかな?(最近、橋本君より「そんなこと言ってないですよ」とよく指摘されるので)

思えば和牛のゲストで呼ばれたライブなんだからもっと横綱相撲やりゃあいいのにね、と後から自分でも思った。しかし、やりたいことは多少無理でもやってしまいたい質なのです。まあ、蒔いた種は育つ時も稀にはあるんだな。

一度限りと思われてるであろう新曲「すずきさんちのお父さん」は、もうちょっと何とかしてまたやりたいです、はい。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。