--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.02.26

ビッグスカイ




先日はよしむら君の企画で初めて下北沢の440に出演した。ちょっとお洒落で敷居が高いイメージだったが、やってみたらとても良い音バランスで唄いやすかった。

真黒毛の出番がトリと知り、ささやかなる計画を思いつく。真黒毛のアンコールに中川五郎さんを呼んで久しぶりに一緒に一曲演奏できないだろうか?、、、しかし、いくら五郎さんが下北沢在住で、私があつかましくても、たかが一曲のためにお願いするのはやはり気が引けた。普段のサラリマンライフの日々では五郎さんに依頼する気力をふりしぼることができなかった。

あっというまに日々は流れライヴ前日。結局はあつかましくもダメモトで五郎さんに打診メールをしてしまう。しかし、何と五郎さんからは即答でOKの返信。何と幸いなことにライブ当日は、440の近くのラカーニャのパーティーに参加してるらしい。ありがたや

急遽、真黒毛演奏者10人に音源を配信して当日、練習スタジオ予約してリハーサルすることにした。曲は「ビッグスカイ」と決めていた。

ライブ当日、真黒毛の出番が近づき、ラカーニャにいる五郎さんに出番予定時間を伝えに行くと、ちょうどバーティーで五郎さんが弾き語りで唄っていた。カムトゥアベッドサイド、私が高校の時にレコードで聴いた曲だよ。しみるなあ

そしてその時がきた。真黒毛のアンコールで中川五郎さんを呼び込み「ビッグスカイ」。真黒毛演奏陣の一丸となった音塊は素晴らしく、私一人だけが調子っぱずれのタンバリンを叩く。そしてかなりのアップテンポにも関わらず五郎さんは見事に唄い、圧倒的なパフォーマンス。凄いなあ、やはり五郎さんはパンクロッカーだよ。

久しぶりの五郎さんとの共演。ぶっつけで一曲だけだったけど、今までの集大成のようなステージができて嬉しかったな、、、いやまだまだこれからだと思いたいけど。

http://www.youtube.com/watch?v=Qnu9Ms6FiZg
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。