--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.11.23

すっぱ最悪

200711231249234
200711231249232
20071123124923
一昨日は円盤にすっぱの思う壺なる企画ライブを見に行った。私が平日、ライブ観戦はかなり稀な行為であるが、橋本君が一年ぶりに唄うので、気合いを入れて出かける。

開演まで少し時間があったので一人で呑む場所を探しウロウロ。高円寺もずいぶん変わったな。結局いつものタコ焼き屋さくらで生ビールと串盛り。一人でぼーっと呑んでたらオオジミ君が歩いてきた。会うのは何年ぶりか思い出せない。いやあ、とお互い近況報告。そのあと橋本バンド3人も何故か登場、真黒毛は行動パターンが似るのだろうか。

円盤に行くとシューさんとも再会。じつは円盤でライブを見るのは初めてだったのだ。トップ橋本トリオ。橋本君の舌たらずな甘い声はやはりフィッシュマンズ佐藤君を彷彿させる。遠藤曰わくエロい声だそうだ。それにしても三人とも楽器がかなり上手い。湯治遠藤は曲中も次々に楽器を持ち替えマルチプレイヤーぶりを発揮。真黒毛だと大人数なのでシンプルに太くやって頂いてるが小編成だと個人技が光るねえ。すごい人達だ

湯治君が真黒毛のオンザビーチを歌ったのはかなり驚いた。しかもクール湯治が熱くエモーショナルな歌唱を試みてたのが新鮮。橋本君はカバーよりオリジナルの出来が格段に良く、ミステイクに盛んに突っ込まれていて苦笑。焦りながらのMCもよかったが、何せ客席とステージが近いねえ。円盤のちょっと知的なマニア感は、アングラな無力とは対照的な磁場。う~ん、どちらかと言うと私は無力が合うのかなあ、別に二者択一ではないのだが

トリはスッパバンド最悪、というバンド名!?、久々に見たが、いやあ凄かった。今まで3回見たがミステイクがいつも所在無げな印象だったが、今回は双生児スッパミステイク全開。まいった。岸田君は相変わらず切れ味鋭く、初めて見るマスダ生ピアノは音使いが洒落ていながらくっきりで素敵、そして橋本君は水を得た魚のよう。まさにスッパさんの思う壺だ。やられた。個人的にはスッパさんは今回のようにハンドマイクが好きです、あがたさん同様

終演後、すっぱさんに「こんな凄いバンドやってるんだから真黒毛のドラムやってる場合じゃないのでは?」と言うと「いやいや真黒毛のドラムもやりたいんです」と言うので、そこはまあ素直に受け止めよう、はい。帰り際、ミステイクから「スッパバンドで真黒毛に誘われてないの私だけやし」と捨てゼリフ。いやあ、あなた、スッパバンドが唯一無二でしょう。

平日、高円寺。帰りは気が遠くなりかけたが来た甲斐ありました
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。