--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.12.15

赤の時代

20071215112755
20071215112754
水曜日、代官山、晴れ豆にあがたさんライブを見に行く。来週、あがたさん共演の真黒毛に参加するサックス遠藤、ドラムス岸田君と同伴で。思えば二人とも自分の子供と言ってもおかしくない世代だ。いや、明らかにおかしいが

あがたさんライブはわりと緩い感じかなあ、と油断して行ったら会場は満杯のお客様。なんとアルバム発売記念の続編のような催しだったらしい。オープニング函館映画祭の映像、さらに4人のアコーディオン、ホーン、ドラムのお洒落なチンドン隊前座。これが若いのに上手いので少し焦る。そして、あがたさん登場。ムーンライダースの武川氏筆頭の豪華バンド、最近よく参加してるアコーディオンおじさん(名前失念)が良い味を出してる、他の演奏者の皆さん達者だったけど、アコーディオンおじさんがダントツで素敵だった。時々、あがたさんの弾くギターとバック演奏がチグハグになるが、すぐに武川くじらさんが後を振り向き仕切る。

中盤、あがたさんはピアノへ。視界が一気に開ける。稲垣足穂の朗読を交えた唄が素晴らしかった。いやじつは新譜タルホロジーはまだ聴いてないけど、新曲らしき曲がどれも出来が良く、買おうかな。そしてピアノで「冬のサナトリウム」、いやあ、この曲を聴くと泣けてしょうがないのです。

それにしても座った席の低音がきつくてちょっと辛かった。しかもPAは久保田真琴さんだったんだよなあ、う~ん。アンコールでギター久保田さんと二人きりで唄った曲があがたさん唯一のハンドマイク、この日のハイライト。

思えばバンドサウンドであがたさんを見たのは本当に久しぶり。最初はちょっと圧倒されたのだが、、、いや、でも待てよ、ふむふむ、真黒毛でしかやれないこともあるんじゃないのかな、などと偉そうなこても思ってしまう。まあ、その一念だけでいつも挑んでますので勘弁してください。それにしても真黒毛が来週セッション候補に挙げてる曲はこの日、1曲も演奏されなかったなあ、見事なまでに

「赤色エレジー」を唄う前にあがたさんは、この曲は1972年で連合赤軍の年だったと語ってた。小学生の私は、浅間山荘を授業中に教室でテレビを見守った、が赤色エレジーは知らなかった。それよりさらに後に生まれた20代の遠藤、岸田君は、初めて体感したアガタモリヲはどのように写ったのだろうか、、、

知る由もない。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。