--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.01.08

あなたの船

20080108080659
書きそびれた日記、12/29忘年会ライブです。今さらながらご来場の皆様ありがとうございました。

会費千円という試みは大動員に繋がるほど甘くはなかったのですが、良い忘年会でした。早起きしたぶん、終演後に居酒屋座敷で打ち上げ忘年会できたのは久しぶり。昔、吉祥寺マンダラ昼にやって、今はなき「いせや」で打ち上げして以来。ああ、いせやは良かっかったなあ。やはり忘年会は貸し切りの座敷でやりたいなあ。

今年、関わってくれた真黒毛関係者はほとんど来てくれて、特に何かを話すわけではないけど嬉しかった。そしてシバさん、勝さんの唄はあまりにも素敵すぎた。

真黒毛共演のシバさんはじつはもう5回目だけど、今までの中ではダントツに良かった。前日、コーミン柿沼高野でやった練習が実を結びました。

そして10月のリベンジで2回目の渡辺勝さん。まさに酔いどれ東京に相応しい方です。まだまだやれる気はするのですが、今回はだいぶ咀嚼できたかな。勝さんはおろか、はちみつぱいも知らなかった演奏陣が勝さんに入れこんでくれたのは嬉しかった。特に女性陣の気持ちを掴むオーラがあるのかな、謎だ。

さらに、「すずきさんち」。取手在住がこれほど誇らしいと思ったことはない。すべてのおいしいところを持っていってしまった。またしてもやられた。

すいません、その他は長くなるので割愛します。打ち上げは二次会の後、自由が丘に移動三次回は沈没、さらに土屋邸でも沈没、他の方々は朝5時過ぎまで起きてたらしい、元気だね

忘年会の密かな個人的メインイベントは「あなたの船」。厚かましい私もさすがにギリギリまで迷ったのだが、作者の渡辺勝さんのピアノ伴奏で私が唄わせて頂きました。主催の特権、しかもクラリネットは多田葉子さん。震撼の時、練習もせずに臨んだ。私の歌唱は高校時代から聴いている斎藤哲夫バージョンと本家の勝さんとの折衷になってしまう。勝さん曰わく「哲っちゃんのはもう別の唄だよね」とのこと。いやあ、いずれにしても名曲です。

自転車に乗って坂を登れば
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。