--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.04.27

柏、満員御礼!

200804271246212
20080427124621
一週間たってしまった。先の土曜日の柏、初企画ライヴは予想以上のお客さんに来て頂き満員御礼。取手で有名なすずきさんちの集客は多少あてにしていたのだが、ワントリックポニーが目標動員の倍以上集めてくれ、及ばないながら真黒毛もいろんな人が来てくれた。開演時間になっても長蛇の列。開演を遅らせてのスタート、トップのワントリの時が寿司詰め状態の極限で出演者は外に退避。こんな経験は第一回目の酔いどれ東京で初めてあがたさんを呼んだ時、以来。謝々。

何と言うか客が多いという状況にはまったく慣れてない私は、ただただ目標動員を越えたいのみを念願してたので、想定外の満杯状況に主宰としてまったく機能せず。オロオロするばかり。客が多い時の危機管理がまったくできてなくて、お客さんには申し訳ない状況となってしまった。結果論ではあるがテーブルを廃除して椅子席だけにするべきだった。

二番目の「すずきさんち」入れ替え時にパイプ椅子が追加され、何人かのお客さんが帰ったので、狭いながらも何とか落ちついた。今回のすずきさんは最近の音楽の要あるコウスケ君が不在だったせいか、逆にコアなすずきさんちが見られた気がする。特にお父さんお母さんがメインな感じが良かった。相変わらずお客さんをつかむエンターテイメントは素晴らしく、お母さまのアロハオエにはノックアウト。毎回、すずきさんちはおいしいところをすべて持って行く。

そして真黒毛ぼっくす。岸田ドラム中心にかなりソリッドな編成。智美殿より常磐沿線の時の真黒毛はいつも緩いけど、都内に見に行けない人が来るのだからいつものようにやるべき、との指摘があり、なるほどなあと思い今回はかなり直球の感じで構成。満杯のお客さまからは暖かな拍手を頂く。しかしながら終演後、すずきさんちのお客さまの1人に辛口な感想を頂く。確かに年配の方々にはあまり届かなかったかもしれない。いや世代に関わらず各人の嗜好はあるので万人に好まれないのは仕方ないこと、と思いつつも老若男女を楽しませるすずきさんちの圧倒的なパフォーマンスを見ると力不足は痛感させられる。お客さまが多いと励みにもなり、また考えさせられ事も多いのですね。ゲストに来て頂いた中川五郎さんはさすが百戦錬磨。気負うこと無くいつものぺースで素晴らしい唄を柏に響かせていた。

この日のハイライト、五郎さん&ワントリの「25年目のおっぱい」共演。一週間前、ワントリと呑んだ時に「五郎さんの25年のおっぱいという曲が印象に残ってるんですよう」と言ったさいもん氏の何気ない言葉に過剰反応する私、早速、五郎ワントリの「25年目のおっぱい」を妄想する。慎重なさいもん氏は「一週間では絶対無理ですよ」と共演を断ろうとしたが、こういう時は急に押しが強くなる私。結果としては素晴らしい「25年のおっぱい」だったと思います、本番満杯でリハーサルしか見れなかったけど。

今回の動員は子供も含めると約130名。もしかして真黒毛の年間動員に匹敵するかもしれない。取手に来て5年、何度か試みた常磐線沿線ライブがやっと成功したのは嬉しい限り。柏のいくつかのライブハウスの中で今回の会場ウーは断然、雰囲気が良くてずーっとねらってた。ただそれなりの広さと費用なのでなかなか実現しなかった、すずきさんちとワントリの出会いに感謝。なんらかの形で常磐線沿線また続けて行き
たいものです。蛇足ながら打ち上げの居酒屋は事前にいろいろリサーチしたが、私の理想とする、吉祥寺いせやのような和室貸し切りは見つからなかった。今後の柏ライブの重要な課題ですねえ。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。