--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.05.02

ライオンが寝てるよ

200805022034272
20080502203427
28日、高円寺ムーンストンプにて企画ライヴ。じつは店に入るのは初めて。5時入りのはずが行ってみると5時半入りと言われる。それからセッティングして真黒毛有志でリハーサル。そこに三輪二郎君登場。ついついボトルネックで真黒毛参加を誘ってしまう。彼のボトルネックは聴いたことなかったのだが、いやあ予想以上に上手かった。結局二曲参加お願いする。

今回の企画は、4月5日の花見で久々に会った石坂夫妻に唄ってもらったニッカーボッカー曲がやはり素晴らしく、共演やりましょうと言う話が持ち上がり急遽決めた。20日ほど前にも関わらず中谷君、三輪君の出演も決まる。長期的な計画は苦手なんだけど短期はわりと目先のことに向かってだーっとやれるから良いね。最近、あまりライヴを見に行かないせいか、なかなかご一緒したい方が思いつかないのだが、今回は個人的にもかなり楽しみな組み合わせ。嬉しいことにお客さんもたくさん来てくれて満杯となる。久々に聴く中谷君の弾き語りに始まり、三輪君も弾き語り、そして8人真黒毛に途中で三輪君参加、トリはふたりニッカー、まあ自分が好きな方々を集めたせいもあるのだが、それを差し引いても充実してた気がします。真黒毛は京都ツアー前哨戦の感じだったが何だか良いバランスで意外に好評でした。

そして特筆すべきは何と何と、村上律さんが見に来てくれたのだ。しかも都合のよいことにムーンストンプの壁にはバンジョーがかかっているではないか。ラストのニッカーが終わったところでステージにお呼びして二曲唄って頂く。ミスタータンバリン中谷君、ギター三輪君、ニッカー石坂ベース、くみさんアコーディオンに真黒毛有志がバックをつとめ、何だかまるで段取りしたかのような大団円。曲は私のリクエストでライオンが寝てるよ。そしてもう一曲は南京豆の唄。正確なタイトルは知らないのですが

村上律さんはお会いするまでは名プレイヤーでサイドマンと思っていたが、いやいや唄もパフォーマンスも堂々たるメインマンでした。呑むのはもちろんウイスキー。帰りがけの高円寺ホームで律さんがいつまでも娘に手を振ってくれた姿が忘れられない。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。