--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.07.27

サマソニパパ&フジヤマママ

20080727104223
金曜日、取手駅前にてソニックガーデン。駅前ロータリーにやぐらが組まれ出店が数軒、かなり緩いが年に一度の取手駅前のお祭り。数年前はサマーソニックのタイトルだったが、クレームが来たのか最近はソニックガーデン。家人はフジロックに向けて移動中なのに私は取手駅前でサマソニかあ、と嘆きつつも、最近まったく私を相手にしてくれない娘が、唯一父を頼ってくるのは母親不在の時なので悪い気はしない。

ステージではここ数年常連のエイサー太鼓、音源流しながら若者五人が踊る。思えばかなり体育会系だよなあ、ウチナーミュージックとしてひとくくりで語られるし密接な繋がりがあっても島唄の文化系気質のほうが馴染んで酔えるなあ。最後にソーラン節、ひねくれた私にはやたら取り上げられるソーラン節がちょっと苦手だが、音源が突然ソウルフラワーになり中川氏のダミ声が響いたのは痛快だった。やはり北海道を沖縄チャンプルーにしたソウルフラワーは画期的だったのかもしれない。

その後、日系っぽい男性デュオ。チープな打ち込みバックにボーカルとギター。演目は、イーグルスのホテルカルフォルルニア、陽水の少年時代、サザンの真夏の果実とかなり正しい選曲、「次はビートルズのノリノリの曲です」んー、考える。ツイスト&シャウトだった、あらま。それはカバーだろう、などと突っ込んではいけない。最後にドゥービーのロングトレインカミング、おーこれで本領発揮かと思ったがやはりショボかった。ええねん、それでええねん。

本当なら取手の至宝「すずきさんち」とかに出演して欲しいところだか、取手芸能界はやはり別世界らしい。ステージ入れ換え時のBGMには何故かキンクスが流れていて、青年商工会の誰かが好きなのか、たまたまあったCDをかけたのか。いずれにせよレイデイビスの唄が取手駅前の気だるい夏にやたらはまっていた。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。